穴銭買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
穴銭買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

穴銭買取なら
穴銭に関する買取価値や概要の一覧

穴銭というと「和同開珎」や「寛永通宝」などが学校の教科書で有名ですが、穴銭の種類はかなり多く存在します。一般的にはどの種類も似たような古銭にしか見えず、価値も分かり辛いですがよく見れば判別できますので、このページの穴銭の買取情報や価値に関する一覧リストを参考にしてください。

まずは、穴銭とはどんな貨幣かを軽くご紹介

穴銭とは?

穴銭とは貨幣の中でも真ん中に【穴】の開いた硬貨の総称です。その為、定義的に言えば5円玉や50円玉も穴銭と言えますが、コレクター間では穴銭と言うとこのサイトで紹介しているような真ん中に【四角い穴】の空いた硬貨を指す事が多く、このサイトで紹介する穴銭も【四角い穴】の空いた硬貨です。

ここで先に申し上げますが、穴銭の買取価格や価値は非常に大きくぶれます!その理由は穴銭は古い時代に鋳造されているので、1.完成品が統一されていない2.汚い貨幣が前提なので状態の定義が難しい3.需要がかなりぶれるといった理由が挙げられます。特に上記1に関しては、「書体」や「サイズ」が異なるという事なのですが、例えば「寛永通賽」の「寛」の漢字の跳ね方が違うだけでも価値は大きくぶれます。

このサイトで紹介する穴銭の買取価格はそこそこの状態で概ねこれくらいから買取は期待できるであろう買取価格を紹介していますので、状態が良ければこのサイトで紹介している金額以上の買取価格も勿論期待できます!穴銭はこのように買取価格がかなりぶれるのであくまでも参考価格という前提でご覧ください。また、希少性の高い穴銭は参考銭(レプリカ)も非常に多く出回っております。

穴銭の買取価格を正確に知る方法

穴銭の買取価格の調べ方

前述の通り、このサイトで紹介できる穴銭の買取価格の正確性には限界があり、また穴銭の種類が多すぎて買取価格を調べることは非常に困難です。なので、手軽かつ正確に穴銭の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、穴銭の買取価格や価値を調べるのはこの方法が正直おすすめです(似た名称かつ量が多すぎて・・・)。より正確に知る為にはは複数の古銭買取業者に査定依頼をするとよいです。販売経路の違いから古銭買取業者ごとに穴銭の買取価格相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な穴銭の買取価格が分かるからです。

穴銭を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する穴銭の種類一覧

このページで紹介する穴銭の種類一覧は次の通りです。「渡来銭」と長崎貿易船など別ページでも古銭を紹介する予定です。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

【穴銭】皇朝十二銭一覧

皇朝十二銭とは708年から963年の間に鋳造された「和同開珎」を含めた12種類の穴銭の総称です。

※商品名タップでスクロールします

桃山時代の穴銭一覧

※商品名タップでスクロールします

江戸時代の穴銭一覧

地方貨幣とは各「藩」が自国の領地で鋳造・流通させていた貨幣の総称です。徳川幕府によって貨幣が統一された事で地方貨幣は公には撤廃されました。

※商品名タップでスクロールします

地方貨幣(琉球貨幣)の穴銭一覧

※商品名タップでスクロールします

穴銭の買取価格や価値・概要

【穴銭】和同開珎の買取・価値・概要情報

【穴銭】和同開珎
鋳造開始年度:708年(和銅元年)
素材:銅
「和同開珎」は日本で初めて流通した古銭であり、歴史の授業でも耳にする古銭なので知名度も非常に高く、コレクター間でも人気のある古銭です。表面に記されている"和同開珎"の書体などによって種類が細分化されているため価値の定義は難しいですが、「笹手」や「縮字」、文字の一部に跳ねが見られる「三つ跳」などであれば買取価格は100万円を超えてきます。これらは希少性が高くなかなか発見されませんので、和同開珎の平均的な買取価格は大体数万円~10万円程に収まります。

【穴銭】萬年通寶(万年通宝)の買取・価値・概要情報

【穴銭】萬年通寶
鋳造開始年度:760年(天平宝字4年)
素材:銅
「萬年通寶」は日本で2番目に作られた古銭で「まんねんつうほう」と読み、銭文は"萬年通寳"表記ですが、一般的には"万年通宝"と表記される事も多いです。和同開珎の次に発行された古銭ですが、交換比率による不評等のため僅か5年で生産が終了しています。こちらも状態などよって買取価格が大幅に変わり、平均的な買取価格は大体1~2万円前後に留まりますが、珍しい物では10万円以上の買取価格が付くケースがあります。

【穴銭】神功開寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】神功開寶
鋳造開始年度:765年(天平神護元年)
素材:銅
「神功開寶」とは日本で三番目に発行された古銭で、「しんぐうかいほう」と読みます。銭文は時計回りに「神功開寳」と表記されており、中央には正方形の穴が開いています。こちらも書体などによって種類が細分化されており、分かりやすい例としては神功開寳の功の字が"力"ではなく"刀"になっているものが有名です。もちろん買取価格にも差が生じており、安い種類であれば大体1~2万円前後、珍しい種類であれば5万円~最大数十万の買取価格が期待できます。

【穴銭】隆平永寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】隆平永寶
鋳造開始年度:796年(延歴15年)
素材:銅
「隆平永寶」とは西暦796年に発行された古銭で「りゅうへいえいほう」と読みます。最近では「隆平永宝」と表記されるのが多いですね。次の冨壽神寶へと移り変わるまで約20年もの間使われていた古銭ですので比較的種類も多く、中字や小字なども存在しています。価値は種類によって大幅に異なり、平均的な買取価格は1~2万円前後となりますが、状態の良いものや珍しいものになると買取価格は10万円を超えます。

【穴銭】冨壽神寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】冨壽神寶
鋳造開始年度:818年(弘仁9年)
素材:銅
「冨壽神寶」は嵯峨天皇の時代である818年に製造されていた古銭で「ふじゅんつうほう」と読み、近年では"富寿神宝"と表記されることが多いです。「富」や「寿」の字が入っていることから、地鎮などの祭祀で使われたものが発見された例もあります。古銭の素材としてはこの頃より質が下がっており、殆どが鉛成分であるような物まで作られていたとされています。冨壽神寶(富寿神宝)の買取価格は平均的には1~2万円前後に留まりますが、美品や希少性の高いものであれば100万円以上もの高価買取になるケースもあります。

【穴銭】承和昌寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】承和昌寶
鋳造開始年度:835年(承和2年)
素材:銅
「承和昌寶(承和昌宝)」は日本で初めて元号を冠した古銭としても有名で「じょうわしょうほう」と読みます。承和昌寶1枚で旧銭10枚というかなり良い交換比率が設定されたため、この頃から旧銭貨を潰しての私鋳が頻繁に横行するようになりました。皇朝十二銭くらいの昔の古銭となると当時の製造技術の問題で本物の出来もかなり粗く、偽物と区別が付かない物も頻出していたようで、更に私鋳に拍車がかかりました。承和昌寶の買取価格は大体2~3万円前後が平均で、美品や珍しい品であれば10万円をゆうに超えるケースもあります。

【穴銭】長年大寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】長年大寶
鋳造開始年度:848年(嘉祥元年)
素材:銅
「長年大寶(長年大宝)」とは平安時代・嘉祥元年に製造された古銭で「ちょうねんたいほう」と読みます。長年大寶も種類が細分化されている古銭で、特に珍しい種類であれば300万円以上の価値があるものも確認されているようです。ですが、長年大寶の買取価格は3~4万円前後が平均的と言われ、小字でも15万円前後、大様なら50万超えと書体や文字サイズでも買取価格が変わります。

【穴銭】饒益神寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】饒益神寶
鋳造開始年度:859年(貞観元年)
素材:銅
貞観元年に製造された古銭「饒益神寶(饒益神宝)」は「じょうえきしんぽう」と読み、皇朝十二銭の中でも最も価値が高い古銭として有名です。残存数が少ないうえ、この時代の古銭は鉛分がほとんどで質が悪く、銭文がはっきりと読めるものとなると極めて少なく、希少価値が高くなっています。饒益神寶の買取価格は状態にもよりますが数十万円から100万円を超えるケースも多い為、古銭買取の際は複数社で相見積もりを取ることを強くおすすめしています。

【穴銭】貞観永寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】貞観永寶
鋳造開始年度:870年(貞観12年)
素材:銅
「貞観永寶(貞観永宝)」は貞観12年に製造されていた古銭で「じょうがんえいほう」と読みます。原料となる銅が不足していたため35%程度が鉛で出来ており、かつ外観も小ぶりなものとなりました。成分的な質があまり良くないため、残存しているものの殆どは崩れてしまっており、文字が読めるや輪郭のある状態で残っているものは極めて珍しいとされています。こちらも書体によって「張足貞」や「直足貞」などに分けられます。種類や状態によって買取価格は大幅に変わってきますが、貞観永寶の平均的な買取価格は8万円前後に落ち着くようです。

【穴銭】寛平大寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】寛平大寶
鋳造開始年度:890年(寛平2年)
素材:銅
「寛平大寶(寛平大宝)」とは寛平2年に製造された古銭で「かんぴょうたいほう」と読みます。こちらも成分的な質があまり良くなく、綺麗な状態で残っているのは稀だといわれています。平均的な買取価格は大体2万円前後に納まることが多いそうですが、こちらも種類によって相場が細分化されており、標準銭に数えられる「小字」であれば5万円前後、大字で「方冠」に当てはまれば30万円以上の買取価格になってきます。そのため買取の際は、出来れば複数の古銭買取業者で相見積もりを取ることをおすすめしています。

【穴銭】延喜通寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】延喜通寶
鋳造開始年度:907年(延喜7年)
素材:銅・鉛
「延喜通寶(延喜通宝)」とは延喜7年の11月に鋳造されていた古銭で「えんぎつうほう」と読みます。2014年に滋賀県から大量の延喜通宝と乾元大宝が発見されたニュースでも広く知られ、このケースでは恐らく地鎮目的で使われたものではないかと言われています。延喜通寶は鋳造期間も長いため様々な種類へ細分化することが出来ますが、希少性があまり高くないものも多く、平均的な買取価格は2万円前後、「大様」など若干希少性が上がれば15万円前後になるケースもあります。

【穴銭】乾元大寶の買取・価値・概要情報

【穴銭】乾元大寶
鋳造開始年度:958年(天徳2年)
素材:銅・鉛
「乾元大寶(乾元大宝)」は天徳2年に作られた皇朝十二銭最後の穴銭であり「けんげんたいほう」と読みます。この時代は古銭は存在したものの未だ物々交換での取引が殆どでしたので、皇朝十二銭の終了間近のこの年代になってくると流通範囲は非常に狭く、かつ古銭の質も鉛分が75%にも上るなど、かなり粗悪なものになりました。残存しているものの殆どが種類が判別出来ない程の状態になっているため、美品状態の乾元大寶となると30万円以上の買取価格も期待できますが、平均的な乾元大寶の買取価格は5万円前後となります。

【穴銭】永楽通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】永楽通宝
鋳造開始年度:1587年(天生15年頃)
素材:銀か金
「永楽通宝」とは江戸時代の初期まで流通していた古銭で、元々は中国で作られたものが貿易によって大量に日本へ輸入されたものです。永楽通宝は「えいらくつうほう」と読み、永楽銭や永銭と呼ばれたりもします。貿易用に鋳造されていた古銭ですので、製造国である中国にはほとんど残っていないとされています。1411年から1608年まで長らく使われた古銭で、残存数も多いことから買取価格はあまり伸びず、数千円位になるケースが多いです。ですが"楽"の文字がカタカナのノムに見える【ノム楽】という種類は人気が高い為、買取相場は高めに推移しています。また希少な"金銭"であれば価値は非常に高く、もし本物であれば数十万円という買取価格がつきます。

【穴銭】天正通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】天生通宝
鋳造開始年度:1587年(天生15年頃)
素材:銀か金
「天生通宝」とは安土桃山時代に作られていた古銭で、「てんしょうつうほう」と読みます。かの有名な豊臣秀吉の命によって発行され、素材は銀と金の2種類が確認されています。お金として流通したわけではなく主に功績を挙げた将士へ褒美として渡す為に作られた古銭であり、そのうえ豊臣家が大坂の陣で滅亡したために流通した期間は短く、希少性が高い古銭です。小字であれば大体20万円前後、大字では30万円以上の買取価格がつく場合もあります。

【穴銭】文禄通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】文禄通宝
鋳造開始年度:1587年(天生15年頃)
素材:銀
「文禄通宝」とは「ぶんろくつうほう」と読み、安土桃山時代に作られていた古銭です。こちらも豊臣秀吉によって発行された古銭で、上記の天正通宝と同じく功績を挙げた家臣へと渡されていました。こちらも大坂の陣での豊臣家滅亡によって流通が終わり、極めて短い間だったため詳細は不明な点も多いです。希少価値が高いため買取価格も高額で、例えば銀鋳で状態が良いものとなると100万円を超えることもあります。銀銭・銅銭の2種類があることが分かっていますが、銅銭の径量は不詳とされています。

【穴銭】紹聖元宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】紹聖元宝
鋳造開始年度:1587年(天生15年頃)
素材:銀
「紹聖元宝」とは1587年頃より鋳造されていた古銭で、書体も行書・篆書の二種類があり、手代わりなども含めるとかなりの種類が存在しています。もちろん民間で作られた偽造銭らしきものも発見されており、価値はピンキリです。紹聖元宝は数百円で販売されていることも多い古銭で希少性はそれほど高くありませんが、一般的な通用銭ではなく"母銭(鋳造の元にした銭)"であれば価値は上昇し、3万円程の買取価格がつく場合があります。

【穴銭】慶長通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】慶長通宝
鋳造開始年度:1606年(慶長11年)
素材:銅
「慶長通宝」とは江戸幕府により発行された古銭で、「けいちょうつうほう」と読みます。大まかに大形・小形の2種類に分けられ、大形は丁寧に鋳造され文字も整っているものが多いのですが、小形のつくりは粗悪なもので私的に偽造された物ではないかという説が一般的です。買取価格は品や種類によって差があり、平均的には数千円~1万円程度に収まります。ですが"宝頂星"と呼ばれる"寶"の文字の一部が長いものでは買取価格は5万円を超えますし、希少性が高い大字であれば10万円程の買取価格がつくこともあります。

【穴銭】元和通寳の買取・価値・概要情報

【穴銭】元和通寳
鋳造開始年度:1617年(元和3年)
素材:銅
「元和通寳(元和通宝)」とは江戸幕府によって作られた古銭で、「げんなつうほう」と読みます。ですが正式な記録が残っておらず、幕府発行ではなく私鋳された古銭だという説もあり、未だ不明な点も多いです。種類は銀貨と銅貨があったとされ、銀は慶事記念用に作られましたが、銅貨は一般的に流通させることを目的に作られたと言われています。銀銭は"番銭"と呼ばれ、水戸の周辺で鋳造されていました。種類にもよりますが数ある古銭の中では希少性は高めで、一般的なもので3万円前後、大字であれば30万円を超える買取価格がつくこともあります。

【穴銭】寛永通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】寛永通宝
鋳造開始年度:1626年(寛永3年)
素材:銅・鉄・鉛など
「寛永通宝」は江戸時代に発行された古銭で、幕末まで200年以上もの非常に長い間使われていました。そのため種類が多く、一般的には"古寛永"と"新寛永"に分けられています。細かな種類を挙げると200種類以上に渡り、寛永通宝のみに特化してコレクションしている愛好家もおられる程です。希少価値が薄いものだと数百円、数千円の買取価格にしかならない物もありますが、細かな文字の跳ねや詰まり具合などで100万円以上の価値になる寛永通宝もあります。ぱっと見では分からない程の僅かな違いですので、査定を受けると驚きの高価買取に、となるケースも十二分に有り得ます。

【穴銭】宝永通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】宝永通宝
鋳造開始年度:1708年(宝永5年)
素材:銅
「宝永通宝(寳永通寳)」とは製造期間が僅か1年未満と短い古銭で、裏面には「永久世用」と鋳込があります。宝永通宝は「ほうえいつうほう」と読み、日本史上初の十文銭でしたが民衆からは不評が相次ぎ、短期間で製造が終了したとされています。手代わりなども様々ありますが、種類は大まかに「深冠」「浅冠」の2種にがあり、これは"寳"のウ冠第二画目の長短で分けられています。価値は浅冠の方が高く、美品であれば大体1~2万円程の買取価格となりますが、深冠も永の文字が垂直になる"直永"であれば希少性が上がり、5万円前後の買取価格となるケースもあります。

【穴銭】天保通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】天保通宝
鋳造開始年度:1835年(天保6年)
素材:銅
「天保通宝(天保通寳)」とは「てんぽつうほう」と読み、江戸時代の末期から明治時代にかけて作られていた古銭です。裏面は「當百」という文字が鋳込まれています。ですが質が悪かったため当時は額面ほどの価値のない貨幣として知られ、偽造なども相次ぎました。天保通宝自体は古銭の中でもそれほど価値が高いわけではありませんが、手代わりや偽造にて作られた密鋳銭は希少性が高い場合があります。一般的な天保通宝が大体1000円程の買取価格に留まるのに対し、秋田藩が鋳造した"秋田藩鋳銭"は1万円以上の買取価格となります。仙台で作られた一部の品となると買取価格は10万円を超えるケースもあり、種類や手代わりによって価値は大幅に変わってきます。

【穴銭】文久永宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】文久永宝
鋳造開始年度:1863年(文久3年)
素材:銅
「文久永宝(文久永寳)」は幕末頃に流通していた古銭で、「ぶんきゅうえいほう」と読みます。そもそもの書体が真文・草文・略宝と3種類あり、さらにそこから価値も細分化されていますので、種類や価値を見分けるのは極めて難しいです。草文が最も数が多く、真文は買取相場が僅かに高くなっていますが、元々それほど高い価値がついている古銭ではなく、大体1枚数百円の買取価格に収まることが大半です。ですが真文の"母銭(鋳造の元にした銭)"などは極めて珍しく、買取価格が10万円以上となるケースもあります。

【穴銭】大世通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】大世通宝
鋳造開始年度:1454年(享徳3年)
素材:銅
「大世通宝(大世通寶)」とは1454年頃に沖縄県(琉球王国)より発行されていた古銭で「たいせいつうほう」と読みます。大世通宝は交易のためこれまで使っていた渡来銭が不足し鋳造したもので、日明貿易の際に使用していた永楽通宝がベースになっています。一般的な大世通宝の希少性はあまり高くなく、大体7000~8000円前後の買取価格に収まるケースが多いです。

【穴銭】世高通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】世高通宝
鋳造開始年度:1461年(寛正2年)
素材:銅
「世高通宝(世高通寶)」も琉球王国から発行されていた古銭で、「せこうつうほう」と読みます。こちらも永楽通宝がベースになっている古銭で、"永楽"の文字が"世高"に置き換わっています。希少価値はそれほど高くなく、古銭買取業者では大体5000円程度の買取価格がつくことが多いです。ですが複数枚まとめて発見されたら、合計金額は臨時収入として十分な額になるのではないでしょうか。

【穴銭】三十世高の買取・価値・概要情報

【穴銭】三十世高
鋳造開始年度:1461年(寛正2年)
素材:銅
「三十世高」は琉球王国から発行された古銭で、1461年頃に作られていたとされています。こちらは琉球王国で流通した古銭の中では価値が高く、大体2万円前後の価値を持っています。買取価格は古銭の状態によっても大幅に変わってきますが、1万円以上の買取価格は期待したいところではあります。古銭の買取価格は業者によってもかなり変わってきますので、口コミなどで評判が良い業者を選んで売るのが高価買取のコツのひとつです。

【穴銭】金圓世宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】金圓世宝
鋳造開始年度:1470年(文明2年)
素材:銅
「金圓世宝(金円世寶)」とは「きんえんよほう」と読み、琉球王国の尚円王(第二尚氏)時代に発行された古銭です。世高通宝、大世通宝とともに「琉球三世銭」に数えられる古銭で、この3種の中では最も価値が高いです。ですがこの3種は永楽通宝の不足を補うために鋳造したものですので作りが粗く、元々の価値自体があまり高くないシリーズなのです。金圓世宝の買取価格は1万円程度が相場となりますが、状態によっても大幅に変わってきます。

【穴銭】銀代通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】銀代通宝
鋳造開始年度:1703年(元禄16年)
素材:銅
「銀代通宝(銀代通寶)」とは元禄16年頃に鋳造された古銭で、宝永通宝十文銭の前身だとも言われています。かなり希少性が高い古銭で、買取価格は一枚辺り15~18万円程が相場になります。状態によっても買取価格は変わってきますが、美品であれば20万円を上回ることもある価値の高い古銭です。ですが古銭は贋作が多いことでも有名ですので、買取の際は鑑定眼のある古銭買取業者に依頼することを強くオススメしています。

【穴銭】二字宝永の買取・価値・概要情報

【穴銭】二字宝永
鋳造開始年度:1707年(宝永4年)
素材:銅
宝永通宝の発行に先立って発行された試鋳銭が「二字宝永」で、非常に希少価値が高い古銭の一種として知られています。古銭の左右に"寳永"の二文字が記されていることが特徴で、試鋳銭ですのでそもそもの発行数が極めて少なく、今では高いプレミア価値がついています。あまり世に出回るケースがないため、買取価格はまさに業者の力量によりけりといったところですが、もし古銭買取に出されるとすれば十数万円は期待しても良いのではないでしょうか。

【穴銭】仙台通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】仙台通宝
鋳造開始年度:1784年(天明4年)
素材:鉄
「仙台通宝」とはその名の通り、江戸時代に仙台藩が鋳造していた地方銭で、読み方は「せんだいつうほう」です。丸型ではなく角を丸めた四角形をしているため、その形状から"撫角銭"と呼ばれることもありました。銭文は「仙臺通寳」と記されており、初期に作られていたものは大型の物が多かったのですが、次第に小型になっていきました。大きさで大様・中様・小様と分けることが出来、小様で大体数百円と希少価値はあまり高くありません。ですが母銭(鋳造の元になった銭)は価値が高く、買取価格が2~5万円程になることも多いです。

【穴銭】箱館通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】箱館通宝
鋳造開始年度:1856年(安政3年)
素材:鉄
「箱館通宝」とは、蝦夷地でのみ通用していた古銭で、読み方は「はこだてつうほう」です。子銭と母銭では素材が異なっており、通用銭である子銭は鉄製、母銭は銅で出来ています。子銭であれば買取価格は大体1000円程度に納まることが大半ですが、母銭となると価値は高くなり2~3万円以上の買取価格になることも多いです。さらに母銭の中でも八角穿の物は、希少性が極めて高いことで知られています。

【穴銭】秋田鍔銭の買取・価値・概要情報

【穴銭】秋田鍔銭
鋳造開始年度:1862年(文久2年)
素材:銅
「秋田鍔銭」とは、秋田藩(久保田藩)が鋳造した地方貨幣の一種で、「あきたつばせん」と読みます。裏面に八卦の模様があることから"八卦銭"と呼ばれることもあります。他の古銭には見られない独特の形状や図柄ですが、これは秋田藩の藩主が所持していた"刀の鍔"を元にデザインを行ったからです。表面の図柄には鳳凰が描かれているのですが、この尾の長さによって長尾・中尾・短尾に分けることがことが出来、手代わりも多いことで知られています。買取価格は長尾と短尾が大体1~3万円ですが、中尾は希少性が高いため、倍ほどの価格で買取されます。ですが3種並べてみないとなかなか見分けがつきませんので、古銭買取に出される際は問い合わせの際に写真を添付することをおすすめします。

【穴銭】秋田波銭の買取・価値・概要情報

【穴銭】秋田波銭
鋳造開始年度:1862年(文久2年)
素材:銅
「秋田波銭」は、秋田県にある阿仁銅山の中での通用銭で、読み方は「あきたなみせん」です。波のような図柄をしていることから、別名"波銅"とも呼ばれる古銭で、この波の深さにより太波・中波・細波と分類され、それぞれで価値も異なります。秋田県は鉱山が多く銀や銅などがよく取れたため、秋田波銭の他にも様々な古銭が作られました。秋田波銭の平均的な買取価格は美品で大体1万円前後ですので、複数枚見つかればかなりの買取価格になるのではないでしょうか。

【穴銭】生産局鉛銭の買取・価値・概要情報

【穴銭】生産局鉛銭
鋳造開始年度:1862年(文久2年)
素材:鉛
「生産局鉛銭」とは、江戸時代に各藩の領内通用として使われていた古銭で、藩ごとに特色ある古銭が鋳造されていました。例えば有名なのは米沢藩から発行された銭で、表面には"生産局"の銭文が記されています。ですが後期になると生産局の文字が消された物、丸型の他に角形の鉛銭なども作られるようになり、価値もそれぞれで細分化されています。買取価格は品や状態によって大きく異なりますが、一枚辺り数万円になるものも多くあります。

【穴銭】琉球通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】琉球通宝
鋳造開始年度:1863年(文久3年)
素材:銅
文久年間、薩摩藩が琉球の救済を目的に発行した地方銭が「琉球通宝」で、読み方は「りゅうきゅうつうほう」です。當百と半朱の2種類が存在し、當百の形状は楕円(画像のものです)、半朱は丸形・文字が篆書体であるのが特徴です。當百の平均的な買取価格は数千円ですが手代わりが多いことでも有名で、特に側面の桐極印・山添極印などがあると希少品として重宝され、買取価格が1万円前後になるケースも多いです。

【穴銭】筑前通宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】筑前通宝
鋳造開始年度:1863年(文久3年)
素材:銅
「筑前通宝」とは福岡藩が鋳造した古銭で、読み方は「ちくぜんつうほう」です。地方銭として流通させる予定でしたが幕府の許可が下りず、製造は試鋳銭のみに留まりました。そもそもの数が非常に少ないために希少価値は極めて高く、品によっては買取価格が50万円を超えるケースも多いです。ですが珍品ゆえに精巧な偽物も出回っていますので、もし買取に出される際には複数の業者に査定してもらうことをお薦めしています。

【穴銭】細倉当百の買取・価値・概要情報

【穴銭】細倉当百
鋳造開始年度:1863年(文久3年)
素材:鉛
「細倉当百」とは、かつて仙台藩が発行していた古銭で、細倉鉱山内の通用銭として発行されました。読み方は「ほそくらとうひゃく」で、なだらかな角の正方形をした形状・表面の"細倉當百"の銭文が特徴です。裏面には"秀"の文字が鋳出されていますが、下部に記されたものもあれば、左側に記された物もあります。買取価格は状態によって差がありますが、平均的な買取相場は大体1万円前後、状態が良いものであれば3万円前後まで伸びることもあります。

【穴銭】水戸大黒銭の買取・価値・概要情報

【穴銭】水戸大黒銭
鋳造開始年度:1864年(元治元年)
素材:銅
「水戸大黒銭」とは幕末に水戸藩が発行した古銭で、地方貨幣として流通していました。水戸の古銭としては水戸虎銭、そしてこちらの水戸大黒銭が有名ですが、虎銭と比較すると水戸大黒銭は希少性が高く、伴って古銭としての価値も高くなっています。さらに大黒様のデザインが古銭としては非常に珍しく、収集品としての人気もあります。買取価格は一枚辺り1万円前後が平均ではありますが、美品となると価値は非常に高く、3~4万円前後の買取価格になることもあります。

【穴銭】銅山至宝の買取・価値・概要情報

【穴銭】銅山至宝
鋳造開始年度:1866年(慶応2年)
素材:銅・鉛
「銅山至宝」とは、幕末に久保田藩(秋田藩)が発行した地方貨で、読み方は「どうざんしほう」です。縦型の長方形で、50文の"當五十"・100文の"當百"の2種類が存在しています。當五十には"久二"のみ記されたものが僅かながら存在し、試鋳銭だったのではないかといわれています。素材は銅ですが鉛の配合が多いため、品質はあまり良いものではありません。そのため残存しているものも状態が良いものは少なく、銭文すらはっきり読めないようなものもあります。買取価格は数千円~1万円程が平均ですが、状態の良いものはコレクションとして好まれますので、綺麗な品であれば買取価格も比例して高くなります。

【穴銭】盛岡銅山の買取・価値・概要情報

【穴銭】盛岡銅山
鋳造開始年度:1866年(慶応2年)
素材:銅
「盛岡銅山」とは、かつて盛岡藩で作られていた古銭で、読み方は「もりおかどうざん」です。表面に銭文、裏面には"百文通用"と刻印があり、盛岡藩の中で使用された地方通貨でした。ですが天保通宝の密鋳にて活用されていたという話もあり、詳細な資料は残っておらず、そもそもの発行数も少なく留まったようです。そのため希少価値が高く、偽物やレプリカも数多く作られています。買取価格は本物であれば10万円を越えることもざらにあり、特に小字(裏面の"通"の字が平たいもの)などの手代わり品であれば、更なる高価買取が見込めます。

【穴銭】水戸虎銭の買取・価値・概要情報

【穴銭】水戸虎銭
鋳造開始年度:1867年(慶応3年)
素材:銅
「水戸虎銭」とは水戸藩より発行されていた地方通貨で、読み方は「みとこせん」または「みととらせん」です。表面には虎の絵が採用されており、裏面には"富国強兵"と銭文があります。発行当初は祝賀用の蒔銭であったと言われており、銭座職人への賃金支払いに用いられたことにより市中でも流通しました。買取価格は状態によっても大きく変わってきますが大体1~2万円前後に落ち着きます。

【穴銭】水戸降兵の買取・価値・概要情報

【穴銭】水戸降兵
鋳造開始年度:1867年(慶応3年)
素材:銅
上記の「水戸虎銭」における一部の品は「水戸降兵」と呼ばれ、買取価格は若干上がり、一枚辺り3~4万円程になります。通常の水戸虎銭との見分け方は、裏面の"富国強兵"の銭文を確認し、横並びの"強兵"の文字が若干下がっているものだと「水戸降兵」に分類されます。郭より下であれば水戸降兵に分類しても良いとされていますが、実際に並べて見ないと分からない程の僅かな違いですので、買取をご検討であれば業者の実査定にて判断されることをおすすめします。
ページ上部へスクロール