古紙幣・旧紙幣である兌換券甲号の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である兌換券甲号の買取情報や価値、概要をご紹介

兌換券甲号の買取相場一覧
価値や買取価格についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【兌換券甲号】の価値・買取価格と歴史について詳しくご説明します。兌換券甲号は、額面こそ1000円の1種類のみですが、状態によって買取相場も異なりますし、流通が少なくプレミア価値のある古紙幣ですので、兌換券甲号の画像や情報もまとめて一覧でご紹介します。

兌換券甲号の各種額面の買取価格・価値一覧

兌換券甲号の額面は「1000円」の1種類のみですが、古銭買取における兌換券甲号の買取価格相場は非常に高く、状態によって価値も大幅に変わりますので、古紙幣買取の際には参考にしてください。

兌換券甲号1000円(買取相場など)

兌換券甲号1000円表面
兌換券甲号1000円裏面
発行~廃止年度:1942年(昭和17年)~1946年(昭和21年)
表図:日本武尊(ヤマトタケルノミコト)と建部神社
裏図:彩紋
寸法:100mm×172mm
買取価値:非常に高い
兌換券甲号1000円紙幣は、日本武尊が描かれているため別名「日本武尊1000円」とも呼ばれる古紙幣で、額面は千円と、これまでの古紙幣には見られないような高額面にて発行されました。

兌換券甲号1000円紙幣は市場に出回った数が非常に少なく、かつほとんどが回収されてしまったため、残っている数があまりなく、古紙幣としての希少価値はかなり高いものになります。 古銭買取における兌換券甲号1000円の買取価格相場は、美品であれば10万円以上の買取価格も期待でき、あまり美品とは呼べない状態であっても、5万円前後の買取価格が期待できます。 もし未使用品だと断定できるほどに綺麗な状態の兌換券甲号1000円が発見されれば、買取価格が20万円以上になる可能性もあります。

また、兌換券甲号1000円は使用開始されてすぐに廃止してしまった古紙幣ですが、失効後すぐに新円への切り替えが行われました。ですが新円札の供給が間に合わず、紙幣に証紙(證紙)を貼り付けて、臨時に新円札の代わりとする「証紙貼付銀行券」が登場します。こちらの兌換券甲号1000円も、証紙を張り付けて「証紙貼付銀行券」へと流用されましたが、あまりに高額面のため、証紙付きのものも極めて少ないとされています。

兌換券甲号1000円の証紙貼付銀行券も、古銭買取での買取価値は十二分に期待できるものとなります。

兌換券甲号について

兌換券甲号について

兌換券甲号とは、1942年(昭和17年)~1946年(昭和21年)の間に発行・廃止された古紙幣で、額面は1000円札の1種類のみが発行されました。 実は兌換券甲号1000円は、日本で初めて発行された1000円札です。ですがこの時代、1000円という貨幣的価値は極めて高く、おいそれと入手出来るものではありませんでした。 (1946年(昭和21年)の一日あたりの一人の食費は、平均10円だったとされています。)

この時代に、どうして1000円という超高額面の紙幣が発行されたかというと、これは当時日本に起こっていたハイパーインフレに備えるためです。 当時の日本は第二次大戦後の時代、戦争による生産設備への打撃、さらに旧軍人への退職金の支払いなどにより出費が嵩み、物価もどんどん吊り上がっていきました。 このようなインフレーションに備えるため、兌換券甲号1000円は1942年(昭和17年)に発行されましたが、このような高額紙幣ですので、流通にはあまり向いていませんでした。 さらに当時、紙幣を発行する権利が大蔵省から日本銀行へ移管したこともあり、結局、兌換券甲号はほとんど市中での流通はなく、銀行に死蔵されていたのです。

そんな兌換券甲号1000円札が日の目を浴びることになったのは、1945年の新紙幣発行、そして「新円への切り替え」でした。 前述のとおり、第二次世界大戦後にあたる当時、日本には猛烈なインフレーションが起こっていました。そのため1946年(昭和21年)には「総合インフレ対策」が発表されます。 内容としては「預金の封鎖」と「「新円への切り替え」ですが、新しい紙幣の供給が間に合わず、やむを得ず古い紙幣に「証紙(證紙)」を貼り付けるようになります。証紙を貼りつけることで、しばらくの間、古い紙幣でも証紙が貼ってあれば新紙幣と同等に使えますよ、と保証したのです。

ですが証紙付きの旧札(「証紙貼付銀行券」と呼ばれています)も僅か8ヶ月で通用停止となったため、結局兌換券甲号1000円は、市場にほとんど流通しないままに失効してしまいました。

兌換券甲号は、1000円という極めて高い額面の紙幣ですので、ほとんどが回収され、残っている数はあまり多くありません。 ゆえに希少価値が高く、古銭買取においても、プレミア古紙幣のひとつとして取り扱われているのです。

ページ上部へスクロール