古紙幣・旧紙幣である改正兌換券の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である改正兌換券の買取情報や価値、概要をご紹介

改正兌換券の買取相場一覧
価値や買取価格についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【改正兌換券】について詳しくご説明します。改正兌換券は額面ごとにデザインの特徴があり、古銭買取での価値・買取価格相場も異なりますので、改正兌換券の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

改正兌換券の各種額面の買取相場と概要一覧

改正兌換券の額面は「200円」「5円」と2種類があり、特に改正兌換券200円札の買取相場はかなり高くなっており、各種額面で買取相場も大幅に変わりますので、古紙幣買取の参考にしてください。

改正兌換券200円(価値・買取相場など)

改正兌換券200円表面
改正兌換券200円裏面
発行~廃止年度:1942年(昭和17)~1946年(昭和21年)
表図:藤原鎌足の肖像画と談山神社の拝殿
裏図:談山神社の十三重塔
寸法:97mm×165mm
買取価値:高い
改正兌換券200円は、藤原鎌足の肖像画が採用されていることから、通称「藤原200円札」とも呼ばれる古紙幣です。こちらの改正兌換券200円は、戦後のインフレに備えて作られたため、発行後すぐに流通させず、3年間に渡って日本銀行に保管されていました。そのため、使用開始は1945年(昭和20年)からとなりますが、円切替に伴い、僅か1年で失効してしまいました。そのため流通数があまりなく、古紙幣としての価値も高くなっています。

改正兌換券200円の買取相場は、綺麗な状態であれば大体1万円程が平均買取価格となり、あまり美品とは呼べないような状態であっても、数千円の買取価格になるケースが多いです。

もし未使用品と断定できるほどの綺麗な状態で発見された場合は、3万円前後の買取価格にまで伸びる可能性もありますので、積極的な古銭買取をおすすめしたい古紙幣のひとつです。

改正兌換券5円(価値・買取相場など)

改正兌換券10円表面
改正兌換券10円裏面
発行~廃止年度:1942年(昭和17年)~1946年(昭和21年)
表図:菅原道真の肖像画と北野天満宮
裏図:護王神社
寸法:76mm×132mm
買取価値:普通
改正兌換券5円は、通称「2次5円」とも呼ばれる古紙幣ですが、通称の由来は、肖像画に採用されている菅原道真の紙幣が4次まであるため、区別がつきやすいよう「2次5円」の名称で呼ばれるようになりました。

改正兌換券5円の古銭買取での買取価格相場は、上記の200円紙幣のように特段な事情がなく一般的に流通していたため、古紙幣としての希少価値はあまり高くありません。 ですが、古銭買取に出された場合美品状態の改正兌換券5円ならば数百円の買取価格に落ち着くケースが多いです。

折れ目やシワがなく、完全に未使用品だと断定できるレベルで綺麗であれば、一枚あたり3000円前後の買取価格になる可能性もあります。

改正兌換券の歴史について

改正兌換券について

改正兌換券とは、1942年(昭和17年)~1946年(昭和21年)にかけて発行・廃止された古紙幣で、額面は「200円」と「50円」の2種類が存在しています。

改正兌換券200円(藤原200円札)は、大蔵省による告示を受けて、日本銀行が昭和恐慌時の混乱の反省の思いを込め、将来のインフレーションに備えた備蓄用として、あらかじめ1942年頃から製造していた改正兌換券です。 発行されず日本銀行に死蔵されたままになっており、終戦後の1945年4月16日に発行・流通されましたが、1年も経たない内に1946年3月2日の新円切替に伴って失効してしまいました。

改正兌換券200円(藤原200円札)は発行されず、日本銀行に備蓄用として死蔵されていたことから、長らく一般市民がその存在を知ることはありませんでした。終戦後に初めて実際に発行されましたが、200円という額面は当時においては高額で、流通量も少ないものでした。 そのため、改正兌換券200円は殆ど扱われないまま、発行から1年も経たない内に失効してしまいました。
失効後も証紙を貼り付けて新券の代わりとして流通していましたが、新円の流通拡大に伴い、1946年10月にその役目を終えました。

改正兌換券5円(2次5円札)は、1942年1月に発行された改正兌換券です。太平洋戦争が始まり前年に真珠湾攻撃が行われたという激戦の最中で、金本位制から管理通貨制度への本格的な移行に備えて発行されたものです。 こちらも1946年3月2日の新円切替に伴い、失効してしまいました。

改正兌換券5円は200円札とは違い、発行当時から一般的に流通しており、一般市民も取り扱っていました。新円切替に伴って失効するまでの間まで普通に流通していた古紙幣ですので、今でも相当数の保存状態の良い物が現存しています。

ページ上部へスクロール