古紙幣・旧紙幣である改造紙幣の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である改造紙幣の買取情報や価値、概要をご紹介

改造紙幣の買取価格相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣の一種【改造紙幣】の詳細や価値・買取価格について詳しくご説明します。改造紙幣は額面ごとにデザインの特徴があり、それぞれで買取価格や価値も異なりますので、改造紙幣の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

改造紙幣の各種額面の買取価格相場と概要一覧

改造紙幣の額面は「10円」「5円」「1円」「50銭」「20銭」の全部で5種類あります。改造紙幣の買取価格は高い種類から低い種類まで大きな差があり、各種額面で買取相場も大幅に変わりますので、古紙幣買取の際はぜひ参考にしてください。

改造紙幣10円(買取相場など)

改造紙幣20円表面
改造紙幣20円裏面
発行~廃止年度:1883年(明治16年)~1899年(明治32年)
表図:神功皇后の肖像画
裏図:出納局長印と”大日本大蔵省拾圓”の印字
寸法:93mm×165mm
買取価値:非常に高い
改造紙幣の額面が5種類ある中で、最も価値が高いのが「改造紙幣10円」です。改造紙幣10円には神功皇后の肖像画が描かれているため、「神功皇后10円」とも呼ばれる古紙幣(旧紙幣)です。
改造紙幣10円は古銭買取での買取価格相場もかなり高いプレミア紙幣で、美品状態のピン札であれば50万円前後の買取価格も期待できます。あまり状態が良くない改造紙幣10円札であっても、10万円前後の買取価格が期待できますし、もし未使用の改造紙幣10円が発見されたとすれば、買取相場は100万円を超える買取価格も十分期待できるプレミア古紙幣です。

改造紙幣5円(買取相場など)

改造紙幣10円表面
改造紙幣10円裏面
発行~廃止年度:1882年(明治15年)~1899年(明治32年)
表図:神功皇后の肖像画
裏図:出納局長印と”大日本大蔵省拾圓”の印字
寸法:83mm×146mm
買取価値:非常に高い
改造紙幣5円札も、数ある古紙幣の中では価値が高く、古銭買取での買取価格もかなり期待が持てます。改造紙幣5円の図柄は、上記の改造紙幣10円とあまり変わりませんが、額面が"圓五(5円)"になっており、こちらも神功皇后の肖像画が描かれていることから「神功皇后5円」と呼ばれています。
古銭的な価値は改造紙幣10円札には及ばないものの、こちらの改造紙幣5円札の買取価格相場も美品状態のピン札であれば20万円前後の買取価格が期待できます。普通に使われていた並品の買取相場も1枚10万円前後の買取価格が期待できますので、改造紙幣5円を買取に出す際は、出来れば相見積もりをおすすめしたいプレミア古紙幣です。

改造紙幣1円(買取相場など)

改造紙幣5円表面
改造紙幣5円裏面
発行~廃止年度:1881年(明治14年)~1899年(明治32年)
表図:神功皇后の肖像画
裏図:出納局長印と"大蔵省"の文字
寸法:77mm×131mm
買取価値:普通~高い
改造紙幣1円は、別名「神功皇后1円」とも呼ばれる古紙幣です。改造紙幣1円の古銭買取での買取価格相場は、美品のピン札であれば3万円前後の買取価格が期待でき、並品であれば1万円前後の買取価格が期待できます。上記の改造紙幣10円・改造紙幣5円と比較すると価値は低くなるものの、単体では十分に高価買取が期待できる金額のプレミア古紙幣です。古銭は基本的に、状態が良いものほど高い買取価格がつく傾向にありますので、もし完全に未使用品だと断定できる改造紙幣1円札であれば、買取業者によっては10万円前後の買取価格も期待できるようになります。

改造紙幣50銭(買取相場など)

改造紙幣2円表面
改造紙幣2円裏面
発行~廃止年度:1882年(明治15年)~1899年(明治32年)
表図:大蔵卿印
裏図:出納局長印と記番号
寸法:65mm×101mm
買取価値:普通~高い
改造紙幣50銭と20銭の額面は、元々改造紙幣の発行計画にはなく、急遽発行が決定されたものでした。急な予定に間に合わせるためには簡素な紙幣にせざるを得なかったことから、図柄は神功皇后の肖像が省かれ、大蔵卿の印のみで発行されました。そのため、こちらの改造紙幣50銭は別名「大蔵卿50銭」とも呼ばれる古紙幣です。
改造紙幣50銭の買取価格相場は美品状態で3万円前後、並品だと1万円前後の買取価格が期待でき、改造紙幣50銭の価値は上記の改造紙幣1円札と同じ程度が期待できます。改造紙幣50銭も完全未使用品だと買取相場は上昇し、最大で10万円前後の買取価格まで見込めるようになります。

改造紙幣20銭(買取相場など)

改造紙幣1円表面
改造紙幣1円裏面
発行~廃止年度:1882年(明治15年)~1899年(明治32年)
表図:大蔵卿印
裏図:出納局長印と記番号
寸法:59mm×93mm
買取価値:普通~高い
上記の改造紙幣50銭で説明した通り、改造紙幣20銭も神功皇后の肖像がないタイプになります。大蔵卿の図柄だけが描かれていることから、改造紙幣20銭は別名「大蔵卿20銭」とも呼ばれり古紙幣です。
こちらの改造紙幣20銭は、改造紙幣の中では最も低い20銭という額面で、恐らく発行枚数も多かったことから、古銭買取における希少価値はそれほど高くありません。ですが、額面の価値よりも遥かに高く、改造紙幣20銭の買取相場としては、美品で5000円前後、並品だと1000円前後の買取価格が期待できます。未使用の改造紙幣20銭だと1万円前後の買取価格も期待できるようになります。

改造紙幣について

改造紙幣について

改造紙幣とは、1881年から1899年にかけて発行されていた紙幣で、10円、5円、1円、50銭、20銭の5つの額面にて発行されました。 当時の日本ではドイツの印刷会社によって作られた明治通宝紙幣(ゲルマン紙幣、新紙幣)が主に流通していましたが、この明治通宝は紙質が脆弱で損傷しやすく、偽造も容易であるという大きな欠点がありました。

そこで、明治通宝紙幣に成り代わる形で発行・導入されたのがこの「改造紙幣」でした。改造紙幣の「改造」という言葉は、ここでは”新しく作り変える”という意味を持っています。

改造紙幣は、実は初めての日本国内初の肖像画入り紙幣であり、図案・原版の製作はイタリア人の版画家、エドワルド・キヨッソーネに委嘱され、その綿密なデザインは偽造防止の面でも役立ったほか、装飾性も極めて高く、国産の紙幣として国際的にもトップクラスの評価を受けました。

見た目が美しかったことから一般市民にも非常に好意的に受け入れられる事ができ、更に、印刷局最高の技術を駆使して作った事から偽造が非常に困難なお札へと、まさに「改造」に成功しました。

  • ・日本初の肖像画入り紙幣
  • ・デザインが秀逸で印刷も非常に精巧である
  • ・高額面になるほど希少性が高く、状態の良い紙幣がほとんど現存していない

こういった理由から、改造紙幣は現代においても古銭の収集家・愛好家からも人気を集めており、価値・買取相場に関しても高いままに取引される古紙幣となっています。

ページ上部へスクロール