古紙幣・旧紙幣である甲号兌換銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である甲号兌換銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介

甲号兌換銀行券の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【甲号兌換銀行券】の種類と買取価格・価値について詳しくご説明します。甲号兌換銀行券は額面ごとにデザインの特徴があり、古銭買取での買取相場も異なりますので、甲号兌換銀行券の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

甲号兌換銀行券の各種額面の買取相場と概要一覧

甲号兌換銀行券の額面は「100円」「10円」「5円」の全3種類ですが、記号によって「前期」と「後期」に分けることが出来、古銭買取においての買取相場もそれぞれで異なります。甲号兌換銀行券の買取相場は、数ある古紙幣の中でも高い部類で、買取価格にも十分な期待が出来ます。あくまで買取価格は目安となりますが、各種額面で買取価格相場も大幅に変わりますので、古銭買取を依頼する際にはこの一覧ページをぜひ参考にしてください。

甲号兌換銀行券100円(買取相場など)

甲号兌換銀行券20円表面
甲号兌換銀行券20円裏面
発行~廃止年度:1900年(明治33年)~1939年(昭和14年)
表図:藤原鎌足の肖像画と談山神社
裏図:彩紋
寸法:130mm×210mm
買取価値:非常に高い
甲号兌換銀行券100円とは、裏面の模様が紫色で描かれていることから、通称「裏紫100円」の名でも知られる古紙幣です。
甲号兌換銀行券100円の価値は、組番号が”万葉仮名(漢字のようなもの)”で描かれている「前期」と、組番号がアラビア数字で描かれている「後期」で分かれており、古銭買取での価値や買取価格相場もそれぞれ異なります。 前期の甲号兌換銀行券100円の買取相場は、美品であれば150万円前後の買取価格も期待できるプレミア古紙幣で、あまり美品でなくとも100万円近い買取価格も期待できます。
後期に発行されたアラビア数字の甲号兌換銀行券100円の買取相場は、前期発行の物よりも低く、美品で20万円前後の買取価格が、並品では数万円~10万円程の買取価格が期待できます。それでも数ある古紙幣の中で、甲号兌換銀行券100円は極めて高い買取価格相場を持っており、そのプレミア価値を無駄にしない為にも、出来れば複数買取業者での相見積もりを取ってほしい一枚です。

甲号兌換銀行券10円(買取相場など)

甲号兌換銀行券10円表面
甲号兌換銀行券10円裏面
発行~廃止年度:1899年(明治32年)~1939年(昭和14年)
表図:和気清麻呂の肖像画と護王神社
裏図:猪の図柄と兌換文言(英語)
寸法:96mm×159mm
買取価値:高い
甲号兌換銀行券10円の人物は和気清麻呂が採用され、裏面に猪が描かれているため、通称「裏猪10円」とも呼ばれる古紙幣です。これは和気清麻呂の伝説の中に猪によって救われる描写があるため、甲号兌換銀行券10円もその伝説に基づいてデザインされたのでは、と言われています。
甲号兌換銀行券10円の買取相場は、上記の100円紙幣のように、記号によって「前期」「後期」に分けられています。(前期はいろは順の変体仮名、後期はアラビア数字)ですが、前期・後期ともに価値はそれほど変わりなく、古銭買取での買取価格相場にも何十万円もの強い影響は与えません。
前期の甲号兌換銀行券10円は、美品であれば8万円前後の買取価格が期待でき、並品であっても数万円の買取価格になります。後期の甲号兌換銀行券10円の買取相場は、美品状態で10万円前後の買取価格と、前期のものよりも若干上がる傾向にあります。

甲号兌換銀行券5円(買取相場など)

甲号兌換銀行券5円表面
甲号兌換銀行券5円裏面
発行~廃止年度:1899年(明治32年)~1939年(昭和14年)
表図:武内宿禰の肖像画と宇倍神社
裏図:兌換文言(英語)
寸法:85mm×146mm
買取価値:高い
甲号兌換銀行券5円の人物は武内宿禰が描かれており、紙幣の中央に肖像画が配置されていることから「中央武内5円」とも呼ばれている古紙幣です。 上記の甲号兌換銀行券100円・甲号兌換銀行券10円と同じように、甲号兌換銀行券5円紙幣も記号によって「前期」と「後期」に分けることが出来ます(前期はいろは順の変体仮名、後期はアラビア数字)。 古銭買取での甲号兌換銀行券5円「前期」の買取相場は、美品であれば5万円前後の買取価格が期待でき、並品だと1万円前後の買取価格が期待できます。甲号兌換銀行券5円の「後期」であれば、美品状態で最大10万円前後の買取価格が、並品であっても4万円前後の買取価格も期待できるようになり、前期発行の紙幣よりも価値が高くなります。

甲号兌換銀行券の歴史について

甲号兌換銀行券の歴史について

甲号兌換銀行券は、日本銀行兌換券の1つで、金(gold)と兌換、つまり金と交換することができる紙幣として発行されました。

こちらの甲号兌換銀行券が発行されるまで、例えば二世代前の紙幣「旧兌換銀行券(大黒札)」や、一世代前の「改造兌換銀行券(めがね100円など)」の時代は、銀との兌換、つまり「銀本位制」に基づいて紙幣が作られていました。

アメリカなどの外国では既に金本位制が主流で、日本も世界に遅れを取らないために、または貿易などで不利のないよう、一刻も早く金本位制を取り入れたいところでした。 ですが、当時の日本は経済的にも貧しい国で、金本位制にすればすぐに枯渇してしまうため、やむなく金より安い「銀」を用いる他なく、銀本位制を使っていたのでした。

けれども日本は、1894年に勃発した日清戦争で勝利を果たし、多額の賠償金を獲得して国家が潤ったため、かねてより念願だった「金本位制」へとようやく乗り出すことが出来ました。 導入と同時に兌換銀行券条例が改正され、そのときに発行されたのが、今回ご紹介する「甲号兌換銀行券」です。

甲号兌換銀行券の額面は全部で3種類あり、1899年(明治32年)に、甲号兌換銀行券10円と甲号兌換銀行券5円、翌年1900年(明治33年)には甲号兌換銀行券100円が発行されました。

どうして甲号兌換銀行券には「1円紙幣」が存在しないか

また、甲号兌換銀行券は、日本の近代紙幣(古紙幣)の中で、初めて1円紙幣が発行されなかった種類です。 今回の金本位制の確立によって、紙幣を金貨と交換出来るようになりましたが、1円金貨を作ろうと思った場合、あまりにも金の量が少なくて金貨が小さすぎてしまうため、1円だけは従来通り「銀貨1円と交換」という対策が考案されました。 (これより昔には”一円金貨”も存在していたのですが、昔とは金の相場が倍ほどに高くなっていたため、含めることの出来る金が少なくなってしまったのです。)

そのため、紙幣の額面分を金と交換、ただし1円のみ「銀貨と交換」という形が取られようとしていました。

ですが、銀本位制の終了に伴って、”一円銀貨”は既に製造されなくなっていました。つまり、1円紙幣を差し出された場合、日本には交換できる銀貨も、もちろん金貨もありません。
そこで政府は、1円紙幣への苦肉の策として「1円紙幣は、今後ずっと1円としての価値を持つ」と定めたのです。
そのため、「旧兌換銀行券(大黒札)」も「改造兌換銀行券」も、そして今回ご紹介の「甲号兌換銀行券」も、1円紙幣だけは今でも1円としての通用価値を持っているのです。(※実際に使用すれば大損しますので、買取がおすすめです。)

甲号兌換銀行券のその後

昭和14年に施行された兌換銀行券整理法によって、5円以上の紙幣は運用が停止されました。これによって甲号兌換銀行券は、すべて発行停止となりました。もちろん今は失効してしまった紙幣ですので、支払いなどで使用することは出来ませんが、古銭として非常に高い価値を持っています。

特に甲号兌換銀行券100円紙幣は、美品であれば150万円もの買取価格が期待できるプレミア古紙幣ですので、もしご自宅で発見された場合は複数の古銭買取業者に問い合わせ、相見積もりを取ってみることをおすすめ致します。その他の甲号兌換銀行券も、一枚で数万円~数十万円の買取価値を持っているものが多いので、一度古銭買取業者へ問い合わせ、価値を確認されたほうが良いでしょう。

ページ上部へスクロール