古紙幣・旧紙幣である旧国立銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である旧国立銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介

旧国立銀行券の買取価格相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【旧国立銀行券】の買取価値、種類と歴史について詳しくご説明します。旧国立銀行券は額面ごとにデザインの特徴があり、古銭買取における買取価格相場も異なります。このページでは、旧国立銀行券の各種額面を一覧リストにまとめ、古銭買取における目安買取価格も共にご紹介します。

旧国立銀行券の各種額面の買取相場と概要一覧

旧国立銀行券の額面は「20円」「10円」「5円」「2円」「1円」の全部で5種類あります。古銭買取における旧国立銀行券の買取相場は非常に高く、各種額面で買取相場も大幅に変わりますので、古紙幣買取の際は参考にしてください。

旧国立銀行券20円(買取相場など)

旧国立銀行券20円表面
旧国立銀行券20円裏面
発行~廃止年度:1873年(明治6年)~1899年(明治32年)
表図:素戔嗚尊(スサノオ)と八岐大蛇(ヤマタノオロチ)
裏図:古代神話の一場面
寸法:80mm×190mm
買取価値:非常に高い
旧国立銀行券自体が希少性が高く、古銭買取でも高価買取が期待できる種類の古紙幣です。中でも旧国立銀行券の20円券は買取相場が別格であり、美品であれば1000万円以上の買取価格も十分に期待できます。そこまで良い状態の旧国立銀行券20円でなくても買取価格は200万円~期待できる、まさにお宝古銭といえます。未使用品と呼べるレベルの旧国立銀行券20円であれば買取価格は計り知れないので、複数の古銭買取業者に問い合わせておき、相見積もりはきちんととるようにしましょう。

旧国立銀行券10円(買取相場など)

旧国立銀行券10円表面
旧国立銀行券10円裏面
発行~廃止年度:1873年(明治6年)~1899年(明治32年)
表図:雅楽演奏
裏図:神功皇后征韓
寸法:80mm×190mm
買取価値:非常に高い
旧国立銀行券10円も、数ある古銭の中でも非常に希少性が高く、古銭買取でも高価買取が期待できるプレミア紙幣です。古銭買取業者での買取相場は、美品であれば600万円以上の買取価格も十分に期待できます。そこまで良い状態の旧国立銀行券10円でなくても、買取価格は100万円~期待できるお宝古銭です。こちらも旧国立銀行券20円券同様、買取の際には査定員の状態の判断で大きく買取価格がぶれますので、複数の古銭買取業者から相見積もりを取られることをおすすめします。

旧国立銀行券5円(買取相場など)

旧国立銀行券5円表面
旧国立銀行券5円裏面
発行~廃止年度:1873年(明治6年)~1899年(明治32年)
表図:田植えと稲刈り
裏図:日本橋と富士山の遠景
寸法:80mm×190mm
買取価値:非常に高い
旧国立銀行券5円も、数ある古銭の中でも高価買取が期待できる古紙幣で、古銭買取においてもかなりの買取価格が期待できます。ですが、美品状態の旧国立銀行券が見つかることはごく稀ですので、平均的な買取相場から申しあげるに、旧国立銀行券5円の買取相場は概ね10万円からは期待できるでしょう。そして、状態が良くなるにつれて買取相場は上昇し、100万円以上の買取価格も十分に期待できます。しかし、紙幣という性質上状態は極めて劣化しやすいので、余りにも状態が悪い場合、買取価格がつかない可能性もございます。

旧国立銀行券2円(買取相場など)

旧国立銀行券2円表面
旧国立銀行券2円裏面
発行~廃止年度:1873年(明治6年)~1899年(明治32年)
表図:新田義貞と児島高徳
裏図:皇居
寸法:80mm×190mm
買取価値:非常に高い
旧国立銀行券2円も希少性の非常に高い古紙幣で、古銭買取業者での買取価格も非常に高額です。旧国立銀行券2円の買取相場は、並品の状態であっても概ね5万円からは期待できるプレミア紙幣です。状態が良くなるにつれて旧国立銀行券2円の買取相場はさらに上がり、極美品ともなれば50~60万円以上の買取価格も十分に期待できます。逆に、虫食いや焼け、ピン跡といった劣化が酷いと買取価格はあまり期待できません。

旧国立銀行券1円(買取相場など)

旧国立銀行券1円表面
旧国立銀行券1円裏面
発行~廃止年度:1873年(明治6年)~1899年(明治32年)
表図:雅楽演奏
裏図:神功皇后征韓
寸法:80mm×190mm
買取価値:非常に高い
旧国立銀行券1円も希少価値が非常に高い古銭ではありますが、同じ旧国立銀行券でも、最初にご紹介した20円紙幣と比べると、買取相場はかなり開きがあります。ですが、旧国立銀行券1円の買取価格もかなり高額で、旧国立銀行券1円の買取相場は概ね2万円からは期待でき、状態が良くなるにつれて旧国立銀行券2円の買取相場は上昇、極美品ともなれば25万円以上の買取価格も十分に期待できます。旧国立銀行券1円紙幣は、数ある古銭の中でもかなり高い買取相場を維持していますので、見つけた際には大切に取り扱いましょう。

旧国立銀行券について

旧国立銀行券について

旧国立銀行券とは、明治時代の1873年から1899年にかけて発行されていた紙幣です。1円、2円、5円、10円そして20円の五つが額面となっており、旧国立銀行券の紙幣自体はいずれも日本ではなくアメリカで鋳造されています。

明治時代に入ってすぐの頃、世界では貨幣の価値基準を「金(gold)」に置き換えて表す金本位制が主流となり、日本においても「金本位制」を採用することとなりました。日本でも、もともと金本位という価値観は小判や古金銀、近代銀貨という形で表してはいましたが、それを紙幣という形でも表わそうと活動が開始されます。そこで発行されたのが【旧国立銀行券】で、旧国立銀行券は「兌換券」と呼ばれる種類の紙幣で金との交換が約束された紙幣でした。

そして、政府は上記の「金本位制の確立」を民間に委託しようと考えた事から、旧国立銀行券が発行される約1年前(1872年)に国立銀行条例を制定し、「第一国立銀行・第二国立銀行…」と四つの国立銀行を設立し、それぞれにおいて旧国立銀行券の発行が開始されたのですが、これらの国立銀行は政府ではなく民間によって運営されていました。

国からの大きな期待を受けて発行されていた旧国立銀行券でしたが発行するにつれて日本での金貨不足が問題となり、発行出来る額面(紙幣発行額)に一定の限度がかけられるようになります。つまり、兌換券という性質上「旧国立銀行券の発行=金貨の準備が必要」を意味するので、旧国立銀行券と交換出来る金貨が足りない状況になり、旧国立銀行券を発行しようにも発行できない状態に陥ってしまったという事です。

そのような状態もあって旧国立銀行券の発行枚数は減りましたが、1876年に「国立銀行条例」を改正により「金と交換ができない紙幣(不換紙幣)」の発行が許可されたことで、不換紙幣である「新国立銀行券」の発行も開始される事になりました。

そして、旧国立銀行券の希少性が非常に高い理由ですが、上記の新国立銀行券の発行開始や1877年の西南戦争勃発の影響により、爆量の紙幣が発行されインフレを引き起こした事で、政府は紙幣整理を急務とし、「兌換銀行券条例」といった様々な法案を制定し当時の紙幣(国立銀行券)を回収したことが大きな理由とされています。

ページ上部へスクロール