古紙幣・旧紙幣である日本銀行券B号の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である日本銀行券B号の買取情報や価値、概要をご紹介

日本銀行券B号の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【日本銀行券B号】について詳しくご説明します。日本銀行券B号は額面ごとにデザインの特徴があり買取相場も異なりますので、日本銀行券B号の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

日本銀行券B号の各種額面の買取相場と概要一覧

日本銀行券B号の額面は「1000円」「500円」「100円」「50円」の全部で4種類あります。日本銀行券B号の買取相場は非常に高く、各種額面で買取相場も大幅に変わりますので、参考にしてください。

日本銀行券B号1000円(買取相場など)

日本銀行券B号1000円表面
日本銀行券B号1000円裏面
発行~廃止年度:1950年(昭和25年)~1965年(昭和40年)
表図:聖徳太子の肖像画
裏図:法隆寺の夢殿
寸法:76mm×164mm
買取価値:普通~高い
日本銀行券B号1000円は、聖徳太子の図柄が採用された1000円札であることから、別名「聖徳太子1000円」とも呼ばれる古紙幣です。聖徳太子が図柄になっている紙幣は、例えば日本銀行券A号100円、そして改正不換紙幣100円など沢山あるのですが、1000円札に肖像画として採用されたのは、このときが初めてになります。
実は、この日本銀行券B号1000円は、日本で初めて「流通用に発行された1000円札」になります。これまでも兌換券甲号の中で1000円紙幣は一度発行されていましたが、これはインフレに備えて銀行に死蔵されていたもので、ほとんど流通していません。

日本銀行券B号1000円の買取相場は前期・後期で大きく分かれ、「アルファベットが1桁のものが前期」「アルファベット2桁のものが後期」に該当します。日本銀行券B号1000円・前期のもので綺麗な状態であれば、1枚でも1万円を超える買取価格がつくこともあります。 日本銀行券B号1000円・後期だと、買取相場は綺麗な品であっても数千円、あまり状態が良くなければ数百円~1000円前後の買取価格に落ち着くケースが多いです。

日本銀行券B号500円(買取相場など)

日本銀行券B号500円表面
日本銀行券B号500円裏面
発行~廃止年度:1951年(昭和26年)~1971年(昭和46年)
表図:岩倉具視の肖像画
裏図:富士山
寸法:76mm×156mm
買取価値:普通
日本銀行券B号500円は、通称「岩倉旧500円」とも呼ばれている古紙幣です。どうして通称が岩倉”旧”500円なのかと言うと、実はこの先1969年に、「岩倉”新”500円札(日本銀行券C号)」が登場するからです。
日本銀行券B号500円は、比較的近年に発行された古紙幣で、かつ発行数・残存数も非常に多いことから、目立ったプレミア価値はついていません。状態のみを加味した場合であれば、美品であっても買取価格は数百円前後に留まります。 ですが、番号が「アルファベット1桁」であると希少価値が上がり、美品だと1000円前後の買取価格が期待できるようになります。

日本銀行券B号100円(買取相場など)

日本銀行券B号100円表面
日本銀行券B号100円裏面
発行~廃止年度:1953年(昭和28年)~1974年(昭和49年)
表図:板垣退助の肖像画
裏図:国会議事堂
寸法:76mm×148mm
買取価値:普通
日本銀行券B号100円は、板垣退助の肖像画が採用されていることから、別名「板垣退助100円」として高い知名度を誇る古紙幣です。発行は1953年(昭和28年)からと、他の日本銀行券B号と比べると、1~2年遅い発行となっています。 日本銀行券B号100円の買取相場は、番号と色によって分けることが出来、「アルファベット1桁の最初期」「アルファベット2桁の前期」、そして「全体的に色合いが白っぽい後期」に分別されています。
状態のみを加味した場合の、日本銀行券B号100円の買取相場は、1枚辺り数十円~100円前後、といったところです。ですが、「アルファベット1桁の最初期」の物になると、綺麗なもので1000円前後の買取価格が期待できるようになります。

日本銀行券B号50円(買取相場など)

日本銀行券B号50円表面
日本銀行券B号50円裏面
発行~廃止年度:1951年(昭和26年)~1958年(昭和33年)
表図:高橋是清の肖像画
裏図:日本銀行
寸法:68mm×144mm
買取価値:高い
日本銀行券B号50円は、未発行分を除くと、日本で唯一発行された50円札です。高橋是清の肖像画が採用されていることから、通称「高橋50円」とも呼ばれる古紙幣です。その後、50円という額面は紙幣ではなく硬貨にて発行されるようになり、50円紙幣の出番は終了しました。
日本銀行券B号50円の買取相場は、大体数百円~1000円前後の買取価格が期待できます。もし未使用品といえるくらいに綺麗なもの、あるいは1000枚まとめての未開封品「完封(官封)」と呼ばれる状態であれば、さらなる高価買取も期待できるようになっています。

日本銀行券B号について

日本銀行券B号について

日本銀行券B号は、1950年(昭和25年)頃に発行されていた古紙幣で、額面は「1000円」「500円」「100円」「50円」の4種類が存在しています。

戦後の日本ではハイパーインフレが起こっており、街中にお金が溢れて貨幣の価値は下落、反比例して物価がどんどん上昇していきました。
政府はその後しばらく、当時額面が最も高かった100円紙幣を発行することに追われ、これでもさらに紙幣の供給が間に合わないため、既に廃止となった紙幣にも証紙を貼り付け、「一時的に使用しても良いですよ」と定めたりもしたのでした。

この時代、敗戦後の日本を管理していたGHQも、日本の財政状況に苦心しており、当時デトロイト銀行の頭取を務めていたジョゼフ・ドッジがGHQ経済顧問として来日、インフレを終結させるために「ドッジ・ライン」を実施します。
ドッジ・ラインとは、いわゆる”金融引き締め”政策や、為替レート設定など、国家の総合予算全体に着手するものでした。反比例してデフレが起こってしまったものの、加速し続けていた戦後インフレはようやく収束しました。 こうして、少しだけ状態が落ち着くと、ようやく政府は新紙幣の発行に着手することが出来るようになります。このときに発行された古紙幣が、今回ご紹介の「日本銀行券B号」に該当します。

しかし、戦前の"銭"などの貨幣価値にはもはや戻すことが出来なかったため、より高額な紙幣が必要になり、1950年1月、他の日本銀行券B号に先駆けて、「日本銀行券B号1000円紙幣」が発行されました。 日本銀行券B号の他の額面は、1000円紙幣が発行された1~2年後に発行される運びとなり、1000円や100円の他、「500円」「50円」といった、間を埋める役割を担う額面も登場しました。

実は、今回の「日本銀行券B号」の前に発行されていた「日本銀行券A号」は、この頃、偽造品と思われる物がかなり発見されていたのです。 日本銀行券A号は新円切替に間に合わせるため、急ピッチでの発行が行われた紙幣でしたが、実はどうしても製造が間に合わず、民間業者にも印刷を委託していました。 そのため「民間業者が印刷したものなのか」「それとも偽造品なのか」がはっきりしない物が多数あったのです。
そこで、次世代の日本銀行券B号においては、印刷方法や用紙の原材料などにかなりこだわり、ようやく日本銀行券としてふさわしい質を取り戻せたのでした。

日本銀行券B号は紙幣自体の品質も良く、偽造されにくい最新技術が施されていて、信頼性も高い現代的で良質な紙幣でした。 そのため、日本銀行券B号100円紙幣の発行で、B号券が出揃うのと同時に、A号券からB号券の移行が一気に進められました。

日本銀行券B号は、一般市民にとっても好意的に受け止められ、特に1000円紙幣、500円紙幣は、印刷技術が向上しC号券が登場する1960年代まで長らく流通し続けることとなりました。

しかし日本銀行券B号100円紙幣においては、後に紙幣の廃止が閣議決定され、1970年代には早くも100円硬貨に移り変わることとなります。 また、日本銀行券B号50円紙幣は、発行されてから4年後に50円”硬貨”が登場したため、わずか7年で発行が終了し、その役目を終えてしまいました。

ページ上部へスクロール