古紙幣・旧紙幣である日本銀行券C号の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である日本銀行券C号の買取情報や価値、概要をご紹介

日本銀行券C号の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【日本銀行券C号】について詳しくご説明します。日本銀行券C号は額面ごとにデザインの特徴があり買取相場も異なりますので、日本銀行券C号の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

日本銀行券C号の各種額面の買取相場と概要一覧

日本銀行券C号の額面は「1万円」「5000円」「1000円」「500円」の全部で4種類あります。日本銀行券C号は、各種額面で買取相場も大幅に変わりますので、古紙幣の買取などの参考にしてください。

日本銀行券C号10000円(買取相場など)

日本銀行券C号10000円表面
日本銀行券C号10000円裏面
発行~廃止年度:1958年(昭和33年)~1986年(昭和61年)
表図:聖徳太子の肖像画
裏図:鳳凰
寸法:84mm×174mm
買取価値:普通
日本銀行券C号10000円は、聖徳太子の肖像画が図柄に採用されていることから、通称「聖徳太子1万円」とも呼ばれている古紙幣です。実は日本銀行券C号10000円は、日本で初めて発行された一万円紙幣になります。
日本銀行券C号10000円の買取価値は、比較的近代の紙幣で、かつ残存数も多いことから、目立ったプレミア価値はついておらず、買取価値は額面通りの1万円前後になります。
ですが、番号で若干希少性が変わり、「アルファベット1桁の前期」「アルファベット2桁」の後期で価値が分かれます。アルファベット1桁の前期で、かつ未使用品であれば、買取価格が2万円前後になるケースもあります。

日本銀行券C号5000円(買取相場など)

日本銀行券C号5000円表面
日本銀行券C号5000円裏面
発行~廃止年度:1957年(昭和32年)~1986年(昭和61年)
表図:聖徳太子の肖像画
裏図:日本銀行
寸法:80mm×169mm
買取価値:普通
日本銀行券C号5000円は、こちらも肖像画に聖徳太子が採用されていることから「聖徳太子5000円札」とも呼ばれている古紙幣です。日本銀行券C号5000円は、日本で初めて発行された5000円札として知られています。
日本銀行券C号5000円の買取相場は、こちらも目立ったプレミア価値はついていないため、買取価値は額面通りの5000円前後に留まります。
ですが、こちらも「アルファベット1桁の前期」「アルファベット2桁の後期」で分けることが出来、番号によって価値が細分化されています。アルファベット1桁の前期の日本銀行券C号5000円であれば、最大で8000円前後の買取価値が見込める場合があります。

日本銀行券C号1000円(買取相場など)

日本銀行券C号1000円表面
日本銀行券C号1000円裏面
発行~廃止年度:1963年(昭和38年)~1986年(昭和61年)
表図:伊藤博文の肖像画
裏図:日本銀行
寸法:76mm×164mm
買取価値:普通
日本銀行券C号1000円は、伊藤博文が図柄に採用されていることから、通称「伊藤博文5000円札」の名がついている古紙幣です。これまで発行されていた古紙幣よりも肖像画が大きくデザインされており、見た目の審美性だけでなく、偽造防止の面においても一役買っていました。
日本銀行券C号1000円の買取相場は、大体が額面の1000円前後に収まるケースが多いです。ですが、記号に色が黒色のものが前期・記号が紺色のものが後期と分けることが出来、さらに記号の色だけでなく、「アルファベット1桁」「アルファベット2桁」と分けることが出来ます。そのため、「前期アルファベット1桁(黒)」「前期アルファベット2桁(黒)」「後期アルファベット1桁(紺)」「後期アルファベット2桁(紺)」と、4種類に分別されていることになります。 この中で例外的に価値が高いものは「前期アルファベット1桁(黒)」になり、未使用品であれば5000円前後の買取価格まで期待できるようになります。

日本銀行券C号500円(買取相場など)

日本銀行券C号500円表面
日本銀行券C号500円裏面
発行~廃止年度:1969年(昭和44年)~1994年(平成6年)
表図:岩倉具視の肖像画
裏図:富士山
寸法:72mm×159mm
買取価値:普通
日本銀行券C号500円は、岩倉具視の肖像画が採用されていることから「岩倉新500円」とも呼ばれる古紙幣です。日本銀行券C号500円のひとつ前に発行されていた”日本銀行券B号500円”にも岩倉具視の肖像画が採用されており、そちらは「岩倉”旧”500円」と呼ばれています。
支払い停止日が1994年(平成6年)までと、近年まで流通していた古紙幣ですので、日本銀行券C号500円自体に価値はなく、日本銀行券C号500円の買取相場も額面通りの500円前後になります。 ですが、ぞろ目番号やキリの良い数字など、希少性のある記番号だと価値が生まれる可能性もあります。

日本銀行券C号について

日本銀行券C号について

日本銀行券C号は、1957年(昭和32年)から発行された古紙幣で、額面は「1万円」「5000円」「1000円」「500円の4種類が存在します。

採用されている肖像画から、それぞれ「聖徳太子1万円」「聖徳太子5000円」「伊藤博文1000円」「岩倉新500円」の通称で呼ばれている古紙幣です。

日本銀行券C号の発行理由「ブレトンウッズ協定」

1949年(昭和24年)、第2次世界大戦によって混乱した国際通貨体制の立て直し、そして経済復興の枠組みを定めるための協定が開かれました。これを「ブレトンウッズ協定」といいます。 このブレトンウッズ協定において、通貨価値の安定を目的とし、金1オンスを35米ドルと定めることを決定しました。そしてドル以外のお金については、相場を固定することが決まったのです。つまり、世界中のお金は価値を固定されてしまったのでした。

日本円はというと、1ドルあたり360円に固定されました。 ですが、当時の日本において「1ドル=360円は安すぎ」て、急速に円安状態へと進行していくことになるのです。

当時、日本で成長していた企業たちは、これを好機と捉え、一気に輸出に力を入れ始めます。これによって日本には多くのお金が舞い込むことになり、これまでに類を見ない好景気が訪れました。 この時期がちょうど「高度成長期」と呼ばれる時代に該当し、日本の発展は著しく勢いを増していったのです。

日本銀行券C号の経緯

もちろん、景気が良くなると、これまで日本国内で流通していたお金だけでは足りなくなります。
さらに、今回ご紹介の日本銀行券C号の、ひとつ前の古紙幣「日本銀行券B号」においては、この頃になると偽造品も相次いで発見されるようになっており、紙幣をリニューアルする必要があったのです。
1961年(昭和36年)に起こったニセ札事件”チ-37号事件”は、未だ未解決の事件で、その偽造の精巧さに誰もが驚きました。この事件で作られていた偽札が、日本銀行券B号の「聖徳太子1000円札」だったのです。

まず、1957年(昭和32年)と1958年(昭和33年)に、日本の高度経済成長を見据えて、1万円紙幣、5000円紙幣といった、これまでになかった高額紙幣が発行されました。
当時の大卒初任給はだいたい1万3000円ほどで、高額すぎる紙幣の導入に当時は疑問の声も上がっていました。そのため、はじめから急に1万円という高額紙幣は発行せず、「まずは慣れる」意味で、最初に5000円紙幣が発行されたのです。 しかし、その後狙い通りの日本経済の急激な高度経済成長に伴って、その流通量も順調に増え、2つの高額紙幣は晴れて社会一般に扱われる紙幣となりました。

そして1960年代には、日本銀行券B号の偽造(上記の”チ-37号事件”)が横行するようになり、さらに印刷が精微な紙幣が必要となったため、日本銀行券C号1000円、日本銀行券C号500円の導入が決定されました。 日本銀行券C号の1000円札は、偽造が発覚した日本銀行券B号の1000円札より、さらに精微な印刷が施されており、その信頼性の高さから、発行後からすぐに流通量を増やしていきました。

以上の日本銀行券C号1万円・5000円・1000円紙幣は、その後1980年代に日本銀行券D号が発行されるまで、20年以上に渡って長らく利用され続けることとなります。

一方で、日本銀行券C号500円も、発行当初から上記3つの紙幣と同様に流通量を増やしていったものの、500円紙幣廃止の閣議決定に伴い、1982年に代わりとなる500円硬貨が発行されました。 その後も日本銀行券C号500円自体は、1985年まで製造が続けられましたが、1994年に払い出しも停止され、その役目を終えました。

ページ上部へスクロール