古紙幣・旧紙幣である日本銀行券D号の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である日本銀行券D号の買取情報や価値、概要をご紹介

日本銀行券D号の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【日本銀行券D号】について詳しくご説明します。日本銀行券D号は額面ごとにデザインの特徴があり額面価値も異なりますので、日本銀行券D号の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

日本銀行券D号の各種額面の買取相場と概要一覧

日本銀行券D号の額面は「1万円」「5000円」「2000円」「1000円」の全部で5種類あります。日本銀行券D号の買取相場はほとんど額面通りですが、これまで発行されてきた古紙幣の種類や歴史と合わせて参考にしてください。

日本銀行券D号10000円(買取相場など)

日本銀行券D号10000円表面
日本銀行券D号10000円裏面
発行~廃止年度:1984年(昭和59年)~2007年(平成19年)
表図:福澤諭吉の肖像画
裏図:2羽の雉(きじ)
寸法:76mm×160mm
買取価値:額面通り
日本銀行券D号10000円は、福沢諭吉の肖像画が採用されていることから「福沢諭吉1万円札」で知られる紙幣です。今発行されている”日本銀行券E号”も福沢諭吉の肖像画ですが、裏面のデザインが異なります。 日本銀行券D号10000円の価値ですが、近代に発行されていた紙幣、そして今も現行で使えることから、買取価値も額面通りの1万円です。 ですが、珍しい記番号の紙幣や、あるいはエラー札などであれば、買取価値はこの限りではありません。

日本銀行券D号5000円(買取相場など)

日本銀行券D号5000円表面
日本銀行券D号5000円裏面
発行~廃止年度:1984年(昭和59年)~2007年(平成19年)
表図:新渡戸稲造の肖像画
裏図:富士山(逆さ富士)
寸法:76mm×155mm
買取価値:額面通り
日本銀行券D号5000円は、新渡戸稲造の肖像画が採用されていることから「新渡戸稲造5000円札」とも呼ばれる紙幣です。新渡戸稲造は女子教育に注力した日本の教育者で、紙幣の肖像画として採用されているのはこの5000円紙幣のみになります。
日本銀行券D号5000円は、近年まで発行されていた紙幣で、かつ現行紙幣であることから買取価値はなく、価値は額面通りの5000円になります。 ですが、珍しい記番号やエラー紙幣であれば、買取価値はこの限りではありません。

日本銀行券D号2000円(買取相場など)

日本銀行券D号2000円表面
日本銀行券D号2000円裏面
発行~廃止年度:2000年(平成12年)~現行(製造中止)
表図:沖縄県の守礼門
裏図:源氏物語絵巻、紫式部日記絵巻
寸法:76mm×154mm
買取価値:額面通り
日本銀行券D号2000円は、日本銀行券D号の中で唯一、2000年(平成12年)に発行された新しい紙幣です。西暦2000年の節目に、そして第26回主要国首脳会議に向けて発行された紙幣で、表の図柄には偉人などの肖像画ではなく、沖縄県の守礼門が採用されました。そのため「守礼門2000円札」とも呼ばれる紙幣です。
日本銀行券D号2000円は、残念ながら買取におけるプレミア価値はなく、価値は額面通りの2000円になります。ですが、2000円紙幣の記番号で、ぞろ目などの珍しいものは人気があり、高額で取引されることもあります。また、「L違い」と呼ばれるエラー札も有名で、こちらも数万円の買取価値になることがあります。L違いエラーとは、記番号頭文字のアルファベットのエラーで、左上の記番号が「J~」ですが、右下の記番号が「L~」になってしまっているものを指します。

日本銀行券D号1000円(買取相場など)

日本銀行券D号1000円表面
日本銀行券D号1000円裏面
発行~廃止年度:1984年(昭和59年)~2007年(平成19年)
表図:夏目漱石の肖像画
裏図:2羽の鶴
寸法:76mm×150mm
買取価値:額面通り
日本銀行券D号1000円は、小説家の夏目漱石が肖像画となった有名な紙幣です。そのため「夏目漱石1000円札」とも呼ばれ、裏面には2羽の鶴が向かい合ったデザインになっています。 日本銀行券D号1000円は近代に発行されていた紙幣のためプレミアが付きづらく、発行枚数も極めて多かったため、残念ながら希少性も高くありません。(初期の夏目漱石1000円紙幣の記番号は黒色でしたが、129億6千万枚発行後に記番号が一周したため、記番号の色を変更して発行され続けたほどです。)
買取価値はなく、額面通りの1000円の価値に落ち着きますが、エラー紙幣などになると買取価値はこの限りではありません。

日本銀行券D号について

日本銀行券D号について

日本銀行券D号は、1984年11月1日に発行された紙幣「福沢諭吉1万円」「新渡戸稲造5000円」「夏目漱石1000円」と、2000年7月19日に発行された「2000円紙幣」の総称です。
この中で、福沢諭吉は現行の日本銀行券E号にも肖像画が使用されていますが、新渡戸稲造、そして夏目漱石は、今回ご紹介の日本銀行券D号の紙幣だけに採用されています。

1984年6月、大蔵省によって新たな紙幣の様式が定められ、早速その様式に沿った3種類の紙幣が導入されることとなりました。その紙幣たちが、日本銀行券D号に該当します。
この日本銀行券D号が発行される前は、聖徳太子の肖像画などで知られる”日本銀行券C号”が使われていたのですが、発行から長い年月が経ったため偽造品も相次いで発見されていました。 その理由に、スキャナーやプリンターの普及が挙げられます。誰でも紙幣を簡単に偽造出来てしまう時代へと進化したこと、そして街中での自動販売機の導入などから、新しい紙幣へと一新する必要があったのでした。

日本銀行券D号では、それまで政治家が採用され続けてきた紙幣と異なり、肖像に文化人が採用される運びとなります。複数の候補から絞った結果、一万円紙幣には福澤諭吉、五千円紙幣には新渡戸稲造、千円紙幣には夏目漱石が描かれました。 一方、日本銀行券D号の2000円紙幣が導入された経緯は他と異なり、沖縄サミットと西暦2000年を記念して、当時の内閣総理大臣である小渕恵三によって発案されたものです。

また、この日本銀行券D号が発行された時代からは、自販機などが普及し紙幣を機械が扱うケースも多くなったことから、全体的なサイズの縮小が図られ、額面ごとに印刷色も区別できるようになりました。(日本銀行券D号の1万円札は全体的に茶色っぽい色合いですが、1000円札は青っぽい仕上がりになっています。)

日本銀行券D号の1万円紙幣・5000円紙幣・1000円紙幣は、初めて文化人が採用されたハイカラなデザインが人気を集め、瞬く間に全国的に流通し、一般的に利用される紙幣となりました。 現在の現行紙幣である”日本銀行券E号”が発行されるまで、日本銀行券D号は20年以上に渡って利用され続け、E号券発行から三年後の2007年、その役目を終えることとなりました。

一方、日本銀行券D号の2000円紙幣は、発行当初こそ珍しさから注目されましたが、一時的なブームに留まるに終わってしまい、流通量・使用量ともに激減します。 日本銀行はその利便性を主張し、幾つもの施策を施す努力を続けたものの、現在では流通枚数は約一億枚(五千円紙幣の1/6以下)に留まっています。 しかし、その発行経緯に縁がある沖縄県では県の観光課の流通促進キャンペーンが功を奏し、一般的な紙幣として現在でも積極的に流通・使用されています。

ページ上部へスクロール