古紙幣・旧紙幣である日本銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である日本銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介

日本銀行券の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【日本銀行券10銭】【日本銀行券5銭】について詳しくご説明します。今回ご紹介する日本銀行券は「戦時小額紙幣」とも呼ばれる古紙幣で、額面ごとにデザインの特徴があり買取相場も異なりますので、各種額面をまとめて一覧でご紹介します。

日本銀行券の各種額面の買取相場と概要一覧

日本銀行券の額面は「10銭」「5銭」と、全部で2種類あります。日本銀行券に限らず、古紙幣は各種額面で買取相場も大幅に変わってきますので、買取の際などの参考にしてください。

日本銀行券10銭について(買取相場など)

日本銀行券10銭表面
日本銀行券10銭裏面
発行~廃止年度:1944年(昭和19年)~1953年(昭和28年)
表図:八紘一宇(はっこういちう)の塔
裏図:彩文
寸法:51mm×106mm
買取価値:非常に高い
日本銀行券10銭は、表面に八紘一宇の塔が描かれているため、通称「八紘一宇10銭」とも呼ばれる古紙幣です。日本銀行券10銭の発行は1944年、日本が第二次世界大戦の途中に発行された紙幣のため、「戦時小額紙幣」と呼ばれることもあります。
日本銀行券10銭の買取相場は、美品であっても100円程度に留まり、未使用品でも数百円前後の買取価格に落ち着くことが多いです。10銭という小額紙幣のため発行数もそれなりにあったこと、そして発行年も比較的新しいことから希少性は高くありません。ですが買取対象としている業者も多いですし、複数枚の古銭や古紙幣などと合わせて買取してもらうことで、トータルで良い臨時収入になることもあります。

日本銀行券5銭について(買取相場など)

日本銀行券5銭表面
日本銀行券5銭裏面
発行~廃止年度:1944年(昭和19年)~1953年(昭和28年)
表図:楠木正成の像
裏図:彩文
寸法:48mm×100mm
買取価値:非常に高い
日本銀行券5銭は、武将の楠木正成の像が表面に採用されていることから、「楠公5銭」の名でも知られる古紙幣です。大きさは48mm×100mmと非常に小さな紙幣で、現在の紙幣と比べると二まわりくらい小さいサイズになります。 日本銀行券5銭もあまり希少性が高くない古紙幣で、美品~未使用品であっても数百円の買取価格、といったところです。

日本銀行券(戦時小額紙幣)について

日本銀行券(戦時小額紙幣)

日本の通貨には、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)と、造幣局が製造して政府が発行する硬貨の2種類があります。日本銀行は、日本銀行法に従って国立印刷局で印刷された日本銀行券の流通を管理しています。

戦時中の日本は、軍事用品を作るため大量の金属を必要としていました。第二次世界大戦が激化する中、軍事物資として金属の回収も強化され、やがて硬貨に使用する金属が不足、貨幣を製造することが困難となったのです。 そのため、貨幣の代わりに金属を使用しない紙幣を発行することにしました。それが1944年(昭和19年)に発行された、「日本銀行券10銭(八紘一宇10銭)」と「日本銀行券5銭(楠公5銭)」の2種類の古紙幣でした。

今回ご紹介の日本銀行券10銭・5銭、そしてひとつ前にご紹介した古紙幣「政府紙幣50銭(2種類)」は、戦時中の硬貨不足を補うために発行された古紙幣のため、この4枚を合わせて「戦時小額紙幣」と呼ぶこともあります。

日本銀行券10銭・5銭ともに、戦時中の物資・人手不足の中で発行された紙幣のため、裏面の彩文も非常に簡素な作りになっており、かつ記番号も省略されていて、組番号しかありません。よく見ると、桐のちらし透かしが確認できますが、現在の紙幣のように鮮明な透かしではありません。
また、紙幣のサイズも非常に小さく、日本銀行券5銭に至っては、これまで日本で発行されてきた古紙幣の中で2番目に小さなサイズになります。(一番小さな古紙幣は、1948年発行の「日本銀行券A号5銭」になります。)

その後終戦を迎え、日本が戦後の時代に差し掛かるとハイパーインフレが起こり、物価は上昇し、反比例してお金の価値は下落しました。これによって、日本が今まで使用してきた「銭」の価値は、大きく低下してしまったのです。
貨幣価値が新たな時代に差し掛かりつつあったため、1953年(昭和28年)に制定された”小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律”により、1円未満の紙幣と貨幣は一斉に廃止となりました。

ページ上部へスクロール