古紙幣・旧紙幣である乙号兌換銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である乙号兌換銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介

乙号兌換銀行券の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは、日本の旧紙幣・古紙幣である【乙号兌換銀行券】の概要や歴史・買取価値にについて、一覧形式で詳しくご説明します。

乙号兌換銀行券の各種額面の買取相場と概要一覧

乙号兌換銀行券の額面は「5円」の1種類が発行されています。古銭買取業者でも問い合わせ・買取の対象となっている古紙幣で、稀に買取実績の中にも確認することが出来ます。乙号兌換銀行券は額面が1種しか存在せず、かつ肖像画のインクが”緑色”と、非常に特徴ある古紙幣です。
お手持ちの古紙幣の種類を特定したり、乙号兌換銀行券の情報や詳細を知りたい場合、もちろん古紙幣の買取を検討している方も、ぜひ参考にしてください。

乙号兌換銀行券5円(買取相場など)

乙号兌換銀行券20円表面
乙号兌換銀行券20円裏面
発行~廃止年度:1910年(明治43年)~1939年(昭和14年)
表図:菅原道真の肖像画と透かし大黒
裏図:北野天満宮と兌換文言(英語表記)
寸法:78mm×136mm
買取価値:普通~高い
乙号兌換銀行券5円は、偽造防止のために誕生した古紙幣で、外国の最先端の技術もふんだんに盛り込んで発行されました。 紙幣の左部分には偽造防止のため、当時では珍しかった透かしが取り入れられており、光に透かすと大黒様が見えることから、乙号兌換銀行券5円は通称「透かし大黒5円」とも呼ばれています。

また、こちらも偽造防止目的のため、菅原道真の肖像画を緑色のインクで印刷したのですが、肖像画の顔色がとても悪く、まるで幽霊のようにも見えてしまったため、愛好家の中では"幽霊札"と呼ばれることもある古紙幣です。 古銭買取での乙号兌換銀行券5円の買取相場は、美品であれば5万円前後の買取価格も期待でき、あまり美品とはいえない状態であっても1~2万円前後の買取価格までが期待できます。

乙号兌換銀行券について

乙号兌換銀行券について

「乙号兌換銀行券」は、1910年(明治43年)に発行された古紙幣で、額面は「5円」の一種類のみになります。 乙号兌換銀行券は偽造を防止するため、この年代の古紙幣では非常に珍しい”透かし入りの紙幣”としてデザインされました。
乙号兌換銀行5円券は、透かし模様のデザインが大黒様だったため、通称「透かし大黒5円」と呼ばれることもある古紙幣です。

ちなみに、日本で紙幣にすかし技術が取り入れられたのは意外と古く、江戸時代中期頃には一部の藩札などで透かし技術が採用されていましたし、政府紙幣へ移り変わってからも、改造紙幣の5円券には”桜とトンボ柄の透かし”が導入されています。 ですが、透かし模様を丸く囲み、”透かしの上に印刷がされていない”古紙幣は乙号兌換銀行券が初めてで、今の紙幣もこの流れを組むものとなっています。

乙号兌換銀行券の発行にあたっては、大黒の透かし模様の他も、沢山の偽造防止技術が取り入れられました。 肖像の彫刻技法も、外国の当時最先端のアメリカ式技術を導入し、用紙には着色繊維をすき込み、裏面には北野天満宮の複雑な図柄が描かれました。

また、この頃の日本では写真の技術が急速に発展し、伴って「紙幣を写真で写して偽造する」といったケースが増加していました。
乙号兌換銀行5円券が、別名”幽霊札”とも呼ばれるようになったゆえんの、”肖像画の緑色のインク”は、写真による複製を防ぐ目的で導入されたものでした。 鮮明に写真に写りづらくするために、あえて緑色の、そして淡い色合いで印刷したのですが、結果、肖像画の顔色がとても悪く見えてしまったことから、”幽霊札”と呼ばれ、当時の人たちからは不評の紙幣になってしまいました。

ページ上部へスクロール