古紙幣・旧紙幣である政府紙幣B号の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である政府紙幣B号の買取情報や価値、概要をご紹介

政府紙幣B号(板垣退助50銭紙幣)の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【政府紙幣B号】について詳しくご説明します。政府紙幣B号は額面こそ1つしかありませんが、実は番号で印刷局別に分けることが出来、通常品の何倍もの価値がある品も存在します。このページでは、政府紙幣B号(板垣退助50銭)について、まとめて一覧でご紹介します。

政府紙幣B号の各種額面の買取相場と概要一覧

政府紙幣B号の額面は「50銭」の1種類のみですが、印刷された番号によって価値が細分化されている古紙幣です。政府紙幣B号の番号によって買取相場も大幅に変わりますので、古紙幣買取のときなどに参考にしてください。

政府紙幣B号50銭について(買取相場など)

政府紙幣B号50銭表面
政府紙幣B号50銭裏面
発行~廃止年度:1948年(昭和23年)~1953年(昭和28年)
表図:板垣退助の肖像画
裏図:国会議事堂
寸法:60mm×108mm
買取価値:普通
政府紙幣B号50銭は、板垣退助が肖像画に採用されていることから、通称「板垣50銭」「板垣退助50銭」とも呼ばれている古紙幣です。
政府紙幣B号50銭は発行枚数が極めて多かったことから、希少価値はあまり高くなく、綺麗な状態であっても大体100円前後までの買取価格に留まります。 ですが、紙幣の番号から製造局を判別することが出来、番号の下二桁が「12」の印刷局・滝野川工場製であれば、最大で800円前後の買取価格になる可能性もあります。また、下二桁「26」の、東京証券印刷・小田原工場製になると極めて希少な品になり、2万円以上の買取価格になるケースもあります。

政府紙幣B号(板垣退助50銭紙幣)について

政府紙幣B号について

1948年(昭和23年)に発行が開始された「政府紙幣B号」は、板垣退助が肖像画になった50銭紙幣という特徴があるため、別名「板垣退助50銭」「板垣50銭」とも呼ばれています。

政府紙幣B号の発行当初、日本はすさまじいインフレの渦中で、貨幣を作るペースが追い付かないため、紙幣の印刷は民間業者にも委託されるようになったのです。 ですが、戦後の混乱が相次ぐ中での紙幣発行となりましたので、素材はパルプ用紙を使用した粗雑なものになりました。さらにこの紙幣は、平面印刷で透かしもなく、さらに通し番号もないものだったのです。

政府紙幣B号の発行よりも10年ほど前、昭和12年に始まった日中戦争によって、貨幣の材料であるニッケルや銅などの需要が急激に高まっていました。 そのため、当時ほとんどを輸入に頼っていたニッケル素材の使用を控え、国内で産出される金属で代用した「臨時補助貨幣」が発行されました。
このことがきっかけとなり、臨時通貨法が施行されたのです。(臨時通貨法とは、貨幣法で定められている貨幣の他にも、臨時であれば補助的な貨幣の製造・発行を良しとします、といった内容です。)

当初、この法律は、日中戦争終了後1年までの期限付きで施行されたものでした。しかし、太平洋戦争終了後も期限が延長され、この法律によって、貨幣以外の臨時貨幣を発行することが可能になっていたのです。

政府紙幣B号(板垣退助50銭紙幣)の発行の経緯

軍事用品の薬莢や信管などに多くの黄銅が含まれていることが分かり、材料が調達できるならばと、1936年(昭和11年)には50銭の硬貨「50銭黄銅貨」の製造が開始されていました。 それに伴って、50銭”紙幣”の方は製造が中止されることとなりました。(板垣退助50銭紙幣の前は、政府紙幣50銭が発行されていました。)

しかし、その当時の日本はかなりのインフレ状態であったため、徐々に材料が足りなくなって黄銅貨の製造が困難となるのでは、と考えた政府は、新たに50銭紙幣を発行することにしたのです。この紙幣が、今回ご紹介の「政府紙幣B号(板垣退助50銭紙幣)」です。
従来の紙幣は、「日本帝国政府紙幣」という題目が記載されていましたが、この政府紙幣B号のときから「日本政府紙幣」表記へと変更されました。

政府紙幣B号(板垣退助50銭紙幣)は僅か5年という短い流通期間でしたが、当時のインフレの勢いに押され、製造枚数は12億4000万枚にも上りました。 金額でいえば6億2000万円分も発行されていたことになり、今でも相当数が現存しているため、希少価値はそれほど高くありません。

ですが、印刷局の番号によってさらに価値が細分化されており、下二桁が「12」「26」であれば、高い相場での買取価格も期待できます。

政府紙幣B号のその後

これまで使用されていた厘や銭などの小額の通貨は、インフレによって意味をなさないものとなりました。そのため、政府紙幣B号は昭和28年に制定された「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」によって廃止となりました。

ページ上部へスクロール