古紙幣・旧紙幣である政府紙幣の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である政府紙幣の買取情報や価値、概要をご紹介

小額政府紙幣の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【小額政府紙幣】について詳しくご説明します。政府紙幣は額面ごとにデザインの特徴があり買取相場も異なりますので、政府紙幣の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

小額政府紙幣の各種額面の買取相場と概要一覧

小額政府紙幣の額面は「50銭」のみですが、図柄は「富士桜」「靖国神社」と2種類に分かれています。小額政府紙幣の買取相場は種類ごとに若干異なりますので、古紙幣買取の際などに参考にしてください。

小額政府紙幣50銭・富士桜について(買取相場など)

小額政府紙幣50銭・富士桜表面
小額政府紙幣50銭・富士桜裏面
発行~廃止年度:1938年(昭和13年)~1948年(昭和23年)
表図:富士山と桜、旭日
裏図:彩文
寸法:65mm×105mm
買取価値:普通
小額政府紙幣50銭は図柄が2種類ありますが、富士山と桜が描かれているものは、通称「富士桜50銭」と呼ばれています。日銀ではなく政府から発行された紙幣のため「政府紙幣」と呼ばれており、これは戦時中の物資不足によって硬貨が発行しづらくなったため、硬貨を紙幣に替えて発行されたものです。
小額政府紙幣50銭・富士桜の買取相場は、ある程度綺麗な状態であっても数百円前後の買取相場に留まり、完全な未使用品となれば1000円前後の買取価格が期待できます。

小額政府紙幣50銭・靖国神社について(買取相場など)

小額政府紙幣50銭・靖国神社表面
小額政府紙幣50銭・靖国神社裏面
発行~廃止年度:1942年(昭和17年)~1948年(昭和23年)
表図:靖国神社と金鵄
裏図:彩文
寸法:65mm×105mm
買取価値:普通
小額政府紙幣50銭で、靖国神社が描かれているものは、1942年(昭和17年)から発行されたものです。その図柄から、別名「靖国50銭」とも呼ばれている古紙幣です。
小額政府紙幣は戦争が激化する中、硬貨の代わりとして発行され始めた小額政府紙幣50銭ですが、政府が軍票や日本銀行券などの増産に携わったため、代わりに民間会社が印刷を行いました。伴って、従来の富士桜から靖国神社へと図柄も変更されたのです。
小額政府紙幣50銭・靖国神社の買取相場は、大体数百円前後から、高くて1000円前後までが期待できます。発行年によっても買取相場は若干変動し、昭和17年のものが最も価値が高く、次いで昭和19年発行のものも価値が高いです。 ですが、小額政府紙幣50銭自体がそれほどプレミア価値がないため、高いものでも1000円前後までの買取価格になります。

小額政府紙幣について

小額政府紙幣について

通常、日本の紙幣は、日本銀行が法律に従って発行しています。一方政府紙幣は、政府が持つ通貨発行権を使って発行する紙幣のことを指しています。この紙幣は、日本銀行が発行する銀行券と同様の価値と通用力を持つものでした。
今回は、臨時通貨法に制定により発行された小額政府紙幣、通称「富士桜」と「靖国神社」の2種類の50銭紙幣について紹介します。

政府は、貨幣のかわりとなる臨時補助貨幣や小額紙幣を発行するために、昭和13年に臨時通貨法を制定しました。この法律は、明治30年に施行された"貨幣法"で決められている貨幣に代わる補助貨幣を、内閣で法律を改正することなく発行することができるものでした。

当時発行されていた貨幣の一部は、ニッケルで作られていました。しかし、ニッケルは国内で産出されないため、ほとんどを輸入に頼らざるを得ない状況でした。 そこに昭和12年に始まった日中戦争によって、ニッケルなどの軍事用金属の需要が増加し、貨幣用の金属が不足する事態になってしまったのです。ニッケルの他にもアルミニウムや銀などが使われていたのですが、戦争の激化に伴い、軍事物資として回収されてしまいます。
そのため、金属を使用しない紙幣を流通させ、さらに貨幣を回収し金属を確保する必要があったのです。これに伴い昭和13年から発行されたのが、政府紙幣50銭(富士桜)でした。 この小額政府紙幣の富士桜は、政府が直々に発行した紙幣のため、小額”政府紙幣”と呼ばれているのです。

その後、昭和16年に太平洋戦争が始まると、資金を確保するために日本銀行券や軍事手票などが必要となりました。政府はそれに対応するため、政府紙幣の印刷は民間企業へ委託され、図柄が靖国神社へと変更されました。 これまで発行された政府紙幣50銭(富士桜)などの紙幣は、凹版印刷が主流でした。しかし、昭和17年から発行された政府紙幣50銭(靖国神社)は、凸版印刷で多色刷りに変更されたものとなりました。

小額政府紙幣の富士桜50銭、靖国神社50銭ともに、1948年(昭和23年)に廃止を迎え、その後、1953年(昭和28年)に制定された「小額紙幣整理法」により通用が禁止となりました。

ページ上部へスクロール