古紙幣・旧紙幣である大正兌換銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介
古紙幣・旧紙幣である大正兌換銀行券の買取情報や価値、概要をご紹介

大正兌換銀行券の買取相場一覧
価値や詳細、買取情報についてご紹介

このページでは日本の旧紙幣・古紙幣である【大正兌換銀行券】の種類や歴史・買取価値について詳しくご説明します。大正兌換銀行券は額面ごとにデザインの特徴があり、古銭買取における買取相場もそれぞれ異なりますので、大正兌換銀行券の各種額面もまとめて一覧でご紹介します。

大正兌換銀行券の各種額面の買取相場と概要一覧

大正兌換銀行券の額面は「20円」「10円」「5円」「1円」の、全部で4種類あります。大正兌換銀行券の買取相場は紙幣ごとにかなり差があり、各種額面によって古銭買取での買取価格相場も大幅に変わりますので、参考にしてください。

大正兌換銀行券20円(買取相場など)

大正兌換銀行券20円表面
大正兌換銀行券20円裏面
発行~廃止年度:1917年(大正6年)~1939年(昭和14年)
表図:菅原道真の肖像画と横書きの額面
裏図:北野天満宮
寸法:86mm×149mm
買取価値:非常に高い
大正兌換銀行券の中で最も高い価値を持つのが、こちらの「大正兌換銀行券20円」で、額面が横書きなことから、通称”横書き20円”とも呼ばれている古紙幣です。 古銭買取における大正兌換銀行券20円の買取価値は、もし美品状態であれば10万円前後の買取価格も期待できますし、あまり美品とはいえない状態であっても5万円前後の買取価格が期待できますので、数枚見つかればラッキーな古紙幣だといえるでしょう。 使用された痕跡がなく、もし査定の結果、未使用品だと断定されるレベルで綺麗な大正兌換銀行券20円であれば、50万円以上の買取価格も十分期待できる古紙幣です。

大正兌換銀行券10円(買取相場など)

大正兌換銀行券10円表面
大正兌換銀行券10円裏面
発行~廃止年度:1915年(大正4年)~1939年(昭和14年)
表図:和気清麻呂の肖像画と護王神社
裏図:兌換文言(英語表記)
寸法:89mm×139mm
買取価値:普通
大正兌換銀行券10円は、表面に和気清麻呂の肖像画と護王神社が描かれている旧紙幣です。左側に和気清麻呂、右側に護王神社が描かれているため、通称”左和気10円”とも呼ばれる古紙幣です。実は、肖像画が左側に描かれている古紙幣は、こちらの大正兌換銀行券10円しかありません。
大正兌換銀行券10円は、未使用品以外は古銭買取における希少性がそこまで高くなく、美品であっても買取価格は1万円前後まで、並品だと数千円の買取価格になるケースが多いです。 ですが、数枚まとめて査定に出したり、あるいは他の古銭と合わせての買取であれば、トータルの買取価格も十分期待できるものになるかと思います。

大正兌換銀行券5円(買取相場など)

大正兌換銀行券5円表面
大正兌換銀行券5円裏面
発行~廃止年度:1916年(大正5年)~1939年(昭和14年)
表図:武内宿禰の肖像画と宇倍神社
裏図:兌換文言(英語表記)
寸法:73mm×130mm
買取価値:普通
大正兌換銀行券5円は、大正時代に発行され、かつ肖像画に武内宿禰が採用されていることから”大正武内5円”、あるいは武内宿禰が立派な白ひげをたくわえていることから”白ひげ5円”とも呼ばれている古紙幣です。 5円紙幣は、こちらの大正兌換銀行券5円が発行される僅か6年前、「乙号兌換銀行券5円」が発行されていました。ですが、デザイン面で不評で”幽霊札”と呼ばれていたことから、こちらの「大正兌換銀行券5円」へと変更されています。
大正兌換銀行券5円の買取相場は、美品であれば1万円前後の買取価格まで期待できます。並品であっても数千円の買取価格も期待できますので、古銭買取を検討する価値は十分ある古紙幣のひとつです。

大正兌換銀行券1円(買取相場など)

大正兌換銀行券1円表面
大正兌換銀行券1円裏面
発行~廃止年度:1916年(大正5年)~1958年(昭和33年)
表図:武内宿禰の肖像画
裏図:一円銀貨
寸法:85mm×145mm
買取価値:普通
大正兌換銀行券2円は、実は1889年に発行された”改造兌換銀行券1円”とほとんど一緒の見た目をしている古紙幣です。違いとしては紙幣の「記番号」があり、改造兌換銀行券1円の記番号は漢数字で、こちらの大正兌換銀行券1円の記番号は”アラビア数字”で記載されていることが特徴です。 そのため、こちらの大正兌換銀行券1円は、通称”アラビア数字1円”とも呼ばれる古紙幣です。
古銭買取での大正兌換銀行券1円の買取相場は、実は番号によっても買取価値が異なります。大正兌換銀行券1円の番号は151から446まで存在していると言われています(ただし、446番は実在が確認出来ていません)。 美品状態を前提とした場合、番号が100番台であれば1000円前後の買取価格が期待できますが、200番台になると500円前後の買取価格にまで下がり、300番台になると数百円の買取価格に留まります。

大正兌換銀行券について

大正兌換銀行券について

大正3年に始まった第一次世界大戦によって、軍事用品が品薄となったため、日本製品の需要が高まりました。これに伴って日本は好景気となり、たくさんの紙幣が必要とされました。そのため日本銀行は、需要の高まりに対応するため、新たに紙幣を発行する運びとなったのです。

そのときに発行されたのが、今回ご紹介する「大正兌換銀行券」で、額面は20円(甲貳拾圓券)、10円(乙拾圓券)、5円(丙五圓券)、改造一円券(アラビア数字1円)の4種類が発行されました。 これまでの日本の歴史の中で「20円札」は発行されていなかったため、20円を額面に設定した甲貳拾圓券は、これまでにない種類の兌換券となりました。

ですがこの頃、既にヨーロッパの国々は、第一次世界大戦に伴い金本位制を停止していました。ヨーロッパのみならず、アメリカも金本位制を停止したことを受けて、日本も大正6年に金の輸出を停止しています。 これによって事実上、金と紙幣の兌換も停止となり、日本がようやく実現できた金本位制は、一度停止することになるのです。(この辺りの歴史は、甲号兌換銀行券のページ下部にて紹介しています。)

しかし日本は、あくまで金本位制の一時停止という体制を取り、世界の国々が金本位制を復活させたら追従しようと考えていました。 そのため停止させた後も、金本位制の復活を待ちながら、日本銀行兌換券を発行し続けていたのです。 ですが昭和6年になると、金の輸出に国の許可が必要になり、事実上、金輸出は禁止されました。そのため、金の兌換も原則禁止となりました。

大正兌換銀行券の廃止

大正4年から順次発行されていた大正号兌換紙幣ですが、昭和14年に施行された兌換銀行券整理法によって、5円以上の紙幣は運用停止となり、20円、10円、5円札は廃止となりました。 ですが1円札だけは、現在でも一円として使用することができます。(※実際に使用すれば大損しますので、買取がおすすめです。)

ページ上部へスクロール