カナダ野生動物金貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
カナダ野生動物金貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

カナダ野生動物金貨買取
価値や詳細情報についてご紹介

このページでは【カナダ野生動物金貨】について詳しくご説明します。カナダ野生動物金貨の買取相場をはじめとし、量目の種類やサイズ、歴史などカナダ野生動物金貨に関する情報をまとめてご紹介します。

カナダ野生動物金貨の買取価格や価値・概要

カナダ野生動物金貨表面
カナダ野生動物金貨裏面
発行年度:2011年(平成23年)~
品位(素材):純金製(金純度99.999%以上)
量目(重量):31.1g
サイズ:30.0mm
カナダ野生動物金貨は、2011年から発行されている金貨で、種類は1オンスのみが発行されています。 金の単位における1オンスとは31.1gのことで、このカナダ野生動物金貨においても31.1gの金が使用されています。
カナダ野生動物金貨の買取相場は、買取業者ごとに定められている「純金の買取相場×重量」が主な買取相場となります。例えば、24金(純金)の買取相場が3000円と仮定した場合、1ozのカナダ野生動物金貨の買取価格は3000円×31.1=「93300円」になります。 現在は金相場が高いので、一枚辺り大体13万円前後の買取価格が期待できます。

カナダ野生動物金貨について

カナダ野生動物金貨について

カナダ野生動物金貨は、カナダから発行されている収集型金貨で、最初のものは2011年に発行されました。 カナダ野生動物金貨は毎年動物の図柄が変わり、2014年はハウリングウルフ、2015年はピューマ、2016年はグリズリーが金貨の意匠に採用されました。
カナダ野生動物金貨は、金の純度が極めて高く、全体の99.999%が金で出来ています。

昔、金貨の純度は99.99%までが限界でした。「9999」と表記され、それらは”フォーナイン”と呼ばれていました。 有名な地金型金貨でも純度は99.99%止まりでしたが、それ以上の純度を出すのは難しく、さらに99.99%でも金資産としては十分であったことから、長らく9999が最高限度の時代が続いていたのです。

ですが、従来の99.99%の金貨より、さらに10倍の純度にまで高めた99.999%の金貨、つまり「99999(ファイブナイン)」が登場するようになります。 その先駆けとして発行されたのが、カナダから発行されている「カナダ野生動物金貨」でした。
カナダ野生動物金貨は、不純物がほとんどなく、そのまま精密機械にも使用できるほどの純度を誇ります。 ここまで金の純度を上げようと思えば、途方もないコストが掛かります。それを資産として所持できる”金貨”へ採用したのは、これまでで初めての試みです。

既にカナダは、世界一の流通量を誇る「メイプルリーフ金貨」を発行してきた歴史がありますので、金貨の世界シェア率も極めて高い状態です。 そのカナダから発行された「99999(ファイブナイン)」の金貨は、信頼性も高く、最高の純度の金貨として注目されています。

カナダ野生動物金貨は、ただケースに封入されているだけではなく、保証書カード付きのケースに収められています。 この保証書ケースの中に入っている限り、この金貨の価値は保証されていますので、買取査定もスムーズに進みますし、その時の最高基準となる買取価格も期待できます。

この99.999%の金貨は、カナダ野生動物金貨の他にも「ナショナルフラワー金貨」や、近年発行の特別なメイプルリーフ金貨があります。 ですが、この全てがカナダ王室造幣局からの発行で、世界有数の金産出国の底力を見ることが出来ます。

カナダ野生動物金貨の買取相場としては、現時点の金相場に当てはめると、1枚あたり大体13万円前後の買取価格が期待できます。 ですが、買取業者ごとの金買取レートは、大抵が「9999(フォーナイン)」までしか用意されていません。
「99999(ファイブナイン)」の純度やプレミアムを考慮してくれるかは、本当に買取業者の査定基準によりけりになりますので、もし気になる買取業者がいれば、一度質問してみることをお勧め致します。

ページ上部へスクロール