一分銀買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
一分銀買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

一分銀の買取なら
一分銀に関する買取価値や概要の一覧

当ページで紹介する一分銀は「天保一分銀」、「安政一分銀」「明治一分銀(川常)」の全3種類の買取相場や概要を一覧で紹介しています。これから一分銀の買取を考えられてる人や一分銀について価値などを知りたい方も是非参考にしてください。

一分銀とはどういう古銭かをご紹介

一分銀とは?

一分銀とは江戸時代末期に流通した銀貨の一種で、計数貨幣である二朱銀の流通を皮切りに発行された銀貨でもあります。江戸時代の銀貨と言うと「丁銀」や「豆板銀」が流通していましたが、こちらは重量で価値が決める「秤量貨幣」に対して、一分銀は額面によって価値が決まる「計数貨幣(現代のお金は計数貨幣)」という点が同じ銀貨の一種であっても大きな違いです。

この一分銀についてですが、額面が「一分」の計数貨幣ですので一分銀4枚で小判と同等の貨幣価値を持つという事になります。「一分銀と小判の量目差」と「銀相場と金相場の差」から考えると異常なほど銀の価値が高騰している事になるのですが、これは江戸幕府が財政難を乗り切るための出目獲得を強い目的として発行された貨幣とう事が原因として挙げられます。

しかし、この一分銀発行によって「江戸幕府内(日本国内)においてのみ銀の価値が異様に高騰している」という現象が起きたことにより、後々に日本国内から金が大量に流出する事件に繋がる事となり、この事件こそが学校の歴史でも習った「日米修好通商条約」「ハリス条約」「不平等条約」に関連しています。

金流出事件についてはとても長くなるので簡単に例えると、「世界では銀15枚で金1枚が相場」に対して「日本では銀4枚で金1枚が相場」という状況でした。ですので、金1枚を海外で銀15枚に換えて、日本で再度金に換えると結果として元々は1枚の金だったものが3.75枚の金になります。この流れによって日本から大量の金が流出したというわけです。

一分銀は「古金銀類」という総称の中の1種類でもあります。

一分銀の特徴や見分け方

一分銀の特徴解説画像

一分銀のデザインのベースは全て同じと言えるほど似ていますが、一分銀の種類ごとに「逆桜」の位置が異なりますので、基本的にはそれで見分ける事が可能です。ではまず、一分銀で共通したデザインを紹介しますので、上画像を参考に読んでください。

まず、表面には中心に大きく「一分銀」、その周囲を囲むように「複数の桜花」の刻印があります。そして、裏面には「定 銀座 常是」、その周囲を囲むように「複数の桜花」の刻印があります。ここまでが基本的に共通した一分銀のデザインですが、一分銀に関しては文字さえ見ればそれが「一分銀」と判別可能です。

一分銀の特徴解説画像

そして、一分銀の種類の見分け方ですが、一分銀を囲んでいる桜花が表裏それぞれで一か所ずつ逆さになっている(逆桜)のですが、逆桜の位置を確認する事によって見分ける事が可能となっています。逆桜の箇所や対応する種類に関しては画像を参考にしてください。

しかし、一分銀の価値や買取相場を見分ける上で一分銀の種類を見分ける以上の厄介な点として、文字の刻印の違いによる価値・買取相場の変動が挙げられます。具体的には、同じ種類の一分銀だとしても文字の刻印によって「跳分」「長柱座」「跳銀」といった細分化ができ、例を挙げると言うと上画像の「一分銀」の「分」に〇を付けている箇所が跳ねており、これは「跳分」に分類されます。これだけでも一分銀の買取相場は倍近く変わることもありますが、こういった細かな部分での買取相場や価値の違いの判別に関しては次の方法がおすすめです。

一分銀の買取価格を正確に知る方法

一分銀の買取価格の調べ方

当ページでは、一分銀の買取相場を一覧で紹介していますが、一分銀は同じ種類でも文字の刻印の違いや状態次第で買取相場が数万円単位で変わることもありその点についてまで細かく紹介することはかなり厳しいです。

各種一分銀の見分け方についてや種類別のおおよその買取相場や価値に関しては紹介していますが、一分銀の買取相場に関してはあくまでも参考買取価格となりますので、手軽かつ正確に一分銀の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、一分銀の買取価格や価値を調べるにはこの方法が非常におすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をする事もおすすめです。販売経路の違いや査定方針の違いから古銭買取業者ごとに一分銀の買取相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な一分銀の買取価格が判明します。

一分銀を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する一分銀の種類一覧

このページで紹介する一分銀の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

※商品名タップでスクロールします

一分銀の買取相場や価値・概要

「天保一分銀」の買取・価値・概要情報

天保一分銀
鋳造期間:1837年-1854年(天保8年-安政元年)
品位:銀991/他9
量目:8.66g
天保一分銀は日本で鋳造された初めての一分銀で別名「古一分銀」とも呼ばれ、表面に「庄」という刻印がある場合は「庄内一分銀」とも呼ばれます。天保一分銀は文字の刻印によって「跳分」「長柱座」「長柱座跳分」という種類に細分化が可能で、「長柱座跳分」が最も高額です。さて、天保一分銀の買取相場ですが、300円~5000円前後の買取価格の種類が多いですが、高い種類だと天保一分銀単体で10万円を超える買取価格も十分に期待できます!

「安政一分銀」の買取・価値・概要情報

安政一分銀
鋳造期間:1859年-1868年(安政6年-明治元年)
品位:銀873/他127
量目:8.63g
安政一分銀は別名「新一分銀」とも呼ばれ、洋銀と交換する天保一分銀が不足した事で、洋銀を改鋳して発行された一分銀です。安政一分銀は文字の刻印によって「中柱座」「入分」「玉一」という種類に細分化が可能で、「玉一」が最も高額です。さて、安政一分銀の買取相場ですが、300円~1000円前後の買取価格の種類が多いですが、最も高い玉一の安政一分銀で2万円を超える買取価格が期待できます!

「明治一分銀(川常)」の買取・価値・概要情報

明治一分銀(川常)
鋳造期間:1868年-1869年(明治元年-明治2年)
品位:銀807/他193
量目:8.66g
明治一分銀は別名が多く、「貨幣司一分銀」や「川常一分銀」、また品質が悪く亜鉛を含むものは「亜鉛差一分銀」とも呼ばれたりします。明治一分銀に関しては詳細が不明な点も多い事から、「逆桜」の場所に加えて裏面の「常」の字の1~3画目までが川の字に近いかどうかで判断します(川常と呼ばれる由来でもあります)。そして、明治一分銀は文字の刻印による細分化も多い為、ここでは割愛させていただきます。さて、明治一分銀の買取相場ですが、概ね2000円~5000円前後の買取価格の種類が多いですが、高い明治一分銀であれば5万円を超える買取価格も期待できます!
ページ上部へスクロール