一分金買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
一分金買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

一分金の買取なら
一分金に関する買取価値や概要の一覧

当ページで紹介する一分金は「慶長一分判金」から始まり、「佐渡一分金」を含めた11種類を紹介しています。発行されている全ての一分金を一覧で紹介していますので、これから一分金の買取を考えられてる人や一分金について価値などを知りたい方も是非参考にしてください。

一分金とはどういう古銭かをご紹介

一分金とは?

一分金とは江戸時代に流通した金貨の一種です。別名として当時一分金を鋳造していた金座では「一分判」と呼ばれ、コレクター間では「一分判金」と呼ばれています。そして、一分金は全部で10種類に大別されていますが、「佐渡一分判金」という特殊な一分金も紹介しているので当ページでは全11種類の一分金の買取相場等を紹介しています。

さて、一分金についてですが、この時代に流通していた有名な金貨である【小判を1/4に小さくした金貨】と考えるとイメージしやすいです。一分金の品位は小判と同様で、量目が約1/4となっています。したがって、一分金の額面は「1分(1/4両)」に対し小判の額面は「1両(4分)」となっている事から、小さいサイズの小判という事が分かるかと思います。

また、一分金は「古金銀類」という総称の中の1種類でもあります。

一分金の特徴

一分金の特徴解説画像

一分金のデザインのベースは11種類全てで共通しており、各種一分金の種類ごとに一部だけデザインが異なりそこで見分ける事が可能です。では、一分金の特徴について上画像を参考に読んでください。

まず、表面には上部に「扇枠」と内側に「五三桐紋」、中央部に「分一」という額面を示す文字、下部に「五三桐紋」が刻印されています。(五三桐紋は桐紋の種類の一つです)。そして、裏面には上半分には「光次」の文字、下半分には「花押」と呼ばれるサインが刻印されています。ここまでが基本的に共通した一分金のデザインです。

ここからが、一分金を見分けるデザイン的特徴ですが、表面に関しては基本共通デザインですので見分ける際には裏面の「光次」の文字と右上の時代を示す「保」の文字の刻印が大きな特徴となっています。(違いについては後述の各種一分金の概要で紹介しています。)

「逆打一分金」など安定しない一分金のデザイン

一分金逆打ちとは?

上記でデザインの特徴を紹介しましたが、当時の通貨の鋳造は現在と異なりデザインが全く安定していないことは知っておきましょう。その為、同じ種類でも例外デザインの一分金が少なからず存在するので正確に見極めるのは専門家に任せる方が良いです。

代表的なエラーデザインは【逆打】と呼ばれる種類の一分金です。この逆打ちとは、右図にあるような表と裏で上下がさかさまになっている一分金の事を指し、逆打の一分金は希少性が高く買取価格は通常の一分金と比べて2~3倍まで上がります。

一分金の買取価格を正確に知る方法

一分金の買取価格の調べ方

当ページでは、佐渡一分金を含めた11種類の一分金の買取相場を一覧で紹介していますが、正直確信して見分ける事は難しいかと思います。しかも、一分金は同じ種類でも文字の長さや鋳造箇所が異なるだけで買取相場が数十万円単位で変わることもあり、一分金の状態次第でも買取相場が数十万円単位で変わってくることもあります。

当サイトでも見分け方等についてはご説明していますが、素人ではそれでも見分ける事が難しい場合も多々あり、当サイトで紹介している一分金の買取相場に関してもあくまでも参考買取価格となります。ですので、手軽かつ正確に一分金の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、一分金の買取価格や価値を調べるにはこの方法が非常におすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をする事もおすすめです。販売経路の違いや査定方針の違いから古銭買取業者ごとに一分金の買取相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な一分金の買取価格が判明します。

一分金を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する一分金の種類一覧

このページで紹介する一分金の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

※商品名タップでスクロールします

一分金の買取相場や価値・概要

「慶長一分判金」の買取・価値・概要情報

慶長一分判金
鋳造期間:1601年-1695年(慶長6年-文禄8年)
品位:金857/銀143
量目:4.43g
慶長一分判金は日本で鋳造された初めての一分金で、慶長小判の1/4の量目・額面1分(1/4両)となっています。慶長一分判金は鋳造する「金座」の違いや「両本」といった種類が存在し、どの種類かによって買取価格は変わりますが、慶長一分判金の買取相場は3万円前後からの買取価格が期待でき、高い種類だと慶長一分判金単体で100万円を超える買取価格までもが期待できます!慶長一分判金は裏面に時代を表す刻印がない事が特徴的です。

「元禄一分判金」の買取・価値・概要情報

元禄一分判金
鋳造期間:1695年-1710年(元禄8年-宝永7年)
品位:金564/銀436
量目:4.43g
元禄一分判金は、二番目に鋳造された一分金で、慶長一分金と比べて金の含有率が大きく下がった点が特徴的です。元禄一分判金は裏面の右上に「元」という時代を表す刻印がありますが、この刻印によって長元・短元という種類に分かれ、元禄一分判金の買取価格も変わってきます。元禄一分判金の買取相場は5万円前後を基準とし、種類と状態によって元禄一分判金の買取相場は40万円を超える買取価格も期待できます

「宝永一分判金」の買取・価値・概要情報

宝永一分判金
鋳造期間:1710年-1714年(宝永7年-正徳4年)
品位:金834/銀166
量目:2.33g
3番目に鋳造された一分金が「宝永一分判金」ですが、今までの一分金と比べて量目(重量)が半分程度まで下がっています。ですので、裏面の右上にある「乾」という時代印の刻印に加えサイズ感でも見分けやすい一分金となっています。今までの一分金とは異なり、種類は逆打ち量目が半分だから買取相場が半分という事は一切なく、宝永一分判金の買取相場は3万円前後から15万円前後が基準ですが、逆打の宝永一分判金であれば買取相場は40万円以上の買取価格も期待できます

「正徳一分判金」の買取・価値・概要情報

正徳一分判金
鋳造期間:1714年5月-同年8月(正徳4年)
品位:金857/銀143
量目:4.43g
正徳一分判金は鋳造期間は非常に短期間であった事から希少性が基本的に高く正徳一分判金の買取相場は20万円前後から80万円を超える買取価格も期待できるトップクラスのお宝一分金です(逆打は恐らく発見されていない)。しかし、正徳一分判金は裏側に時代を表す刻印がない事から、最初の一分金である「慶長一分金」と次に鋳造される「享保小判金」とデザインがかなり似ています。見分けるには後ろの「光次」を参考にし、正徳一分判金は「重光次」と呼ばれる刻印で見極めます。

「享保一分判金」の買取・価値・概要情報

享保一分判金
鋳造期間:1714-1736年(正徳4年-元文元年)
品位:金861/銀139
量目:4.40g
享保一分判金は正徳一分判金の次に鋳造された一分金で、前述にもあるようにデザインが「慶長一分判金」「正徳一分判金」と似ています。見分けるには後ろの「光次」を参考にし、享保一分判金は「離光次」と呼ばれる刻印で見極めます。この時代の一分金から価値は下がる傾向にあり、享保一分判金の買取相場は享保一分判金の買取相場は1万~2万円前後が基準で、逆打の享保一分判金であれば買取相場は20万円までであれば期待できます

「佐渡一分判金」の買取・価値・概要情報

佐渡一分判金
鋳造期間:不明
品位:金861/銀139
量目:4.43g
佐渡一分判金は佐渡でとれた金を現地でそのまま一分金まで加工した非常に特殊な一分金です。佐渡一分判金の鋳造枚数や鋳造期間といった詳細は判明していませんが希少性は非常に高く一分金の中では「額一分金」と並んでトップの買取相場です。佐渡一分金の買取相場は50万円以上は十分に期待でき、佐渡一分金の美品の買取相場となると200万円以上の買取価格も十分に期待できます。佐渡一分金は裏面の右上に「佐」の字の刻印がありますので、見極め安い一分金です。

「元文一分判金」の買取・価値・概要情報

元文一分判金
鋳造期間:1736-1818年(元文元年-文政元年)
品位:金653/銀347
量目:3.25g
元文一分判金は享保一分判金を改鋳して鋳造された一分金です。この時代の一分金から量目が見て分かるほど減少していき、金品位も下がります。元文一分判金は11種類の1分金の中で買取相場が最も低く、元文一分判金の買取相場は3千円~8千円前後が基準で、逆打の元文一分判金で1~3万円前後の買取価格となります。元文一分判金の見分け方は、裏側右上に「文」の刻印があり、かつ書体が楷書体となっています。

「文政一分判金」の買取・価値・概要情報

文政一分判金
鋳造期間:1819年-1828年(文政2年-文政11年)
品位:金560/銀440
量目:3.27g
文政一分判金は元文一分判金と比べて量目はほぼ変わっていませんが、金品位は更に下がっています。しかし、買取相場としては元文一分判金より文政一分判金の方が多少高くなっています。文政一分判金の買取相場は6千円~1万円前後を基準とし、逆打の文政一分判金で1万円~4万円の買取価格が期待できますです。文政一分判金の見分け方は元文一分判金のように裏側の右上に「文」の刻印、かつ書体が草書体となっています。

「天保一分判金」の買取・価値・概要情報

天保一分判金
鋳造期間:1837年-1858年(天保8年-安政5年)
品位:金568/銀432
量目:2.8g
天保一分判金は前回鋳造されていた文政一分判金と比べて更に量目が減っていることが分かります。しかし、アンティークとしての価値はそこまで変わらず、天保一分判金の買取相場は8千円~1万円前後の買取価格を基準に、逆打の天保一分判金で3万円~10万円前後の買取価格が期待できます天保一分判金の特徴は参考で紹介したように裏側右上に分かりやすく「保」の字の刻印が確認できます。

「安政一分判金」の買取・価値・概要情報

安政一分判金
鋳造期間:1859年(安政6年)
品位:金570/銀430
量目:2.24g
安政一分判金は鋳造期間がたった3か月と非常に短い期間しか鋳造されなかった一分金な事からアンティークとしての希少性・価値は非常に高くなっています。安政一分判金の買取相場は8万円~40万円前後まで期待でき、逆打ちであれば40万円を超える買取価格も期待できるほどの逸品です。安政一分判金の特徴は裏側右上に「正」の字の刻印が確認できます。

「万延一分判金」の買取・価値・概要情報

万延一分判金
鋳造期間:1860-1867年(万延元年-慶応3年)
品位:金574/銀426
量目:0.82g
万延一分判金は最後に鋳造された一分金で、量目はなんと僅か0.82gと1gを下回っています。しかし、このわずかなサイズにも関わらず買取相場は一分金の中でも悪くはなく。万延一分判金の買取相場は2~15万円まで期待でき、逆打の万延一分判金の買取相場であれば40万円を超える買取価格も期待でき、実は万延小判と劣らない買取価格が期待できます。万延一分判金の特徴はサイズを見れば簡単に判別可能です。
ページ上部へスクロール