記念硬貨買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
記念硬貨買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

記念硬貨買取なら
記念硬貨に関する買取価値や概要の一覧

記念硬貨は「買取」となると額面金額がベースとなりますが、中には額面を遥かに上回る買取価格の記念硬貨もあります。その事を知らずに記念硬貨を手放すと思わぬ損をするかもしれません。

まずは記念硬貨についてをご紹介

記念硬貨とは?

記念硬貨とは「オリンピック開催」と言った国家的行事を記念して枚数が限定で発行される硬貨の総称であり、日本のみならず世界各国で記念硬貨は発行されています。同義・類義語として、「記念貨幣」「記念通貨」「記念コイン」「記念紙幣」がありますが、多くは硬貨として発行される事から「記念硬貨」という呼び方が一般的に使用されます。

ですが、少なからず紙幣で発行される事もあるので、総称としては「記念貨幣」と呼ぶことが正式名称だと言えますが、この辺の呼び方や定義に関しては、相手に伝わればどの呼び方でもよいとされています。(※このサイトでは【記念硬貨】と呼びます)

記念硬貨の種類は世界各国で発行されている事から種類が膨大にあり、流石にそこまで多くの種類の記念硬貨の買取価格や価値の目安は紹介できないので、このページではジャンルを絞り、日本で発行された記念硬貨の買取価格や価値・概要を一覧でご紹介します。
このサイトで紹介する買取価格は美品と呼ばれる綺麗な状態を基本としています。

※地方自治法施行60周年記念貨幣に関してはあまりにも膨大な数ですので、次のページにて一覧で買取相場や概要をご紹介しています

記念硬貨の買取価格を正確に知る方法

記念硬貨の買取価格の調べ方

このサイトで紹介している記念硬貨の買取価格はサイト作成当時の相場から算出した買取価格・価値ですので、あくまでも記念硬貨の目安買取価格です。なので、正確な買取価格を調べたい方の為に非常に手軽に実践できる手法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

ここでのポイントは「複数の古銭買取業者に査定依頼をする」という点なのですが、在庫状況や販売経路の違い、査定員のタイプから古銭買取業者ごとに記念硬貨の買取価格相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な記念硬貨の買取価格が分かるからです。

記念硬貨を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する記念硬貨の種類一覧

このページで紹介する記念硬貨の種類一覧は次の通りです。額面別でまとめていますので、複数の額面を持つ記念硬貨は複数回リストに載っています。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

額面が100円の記念硬貨一覧

※商品名タップでスクロールします

額面が500円の記念硬貨一覧

※商品名タップでスクロールします

額面が1000円の記念硬貨一覧

※商品名タップでスクロールします

額面が5000円の記念硬貨一覧

※商品名タップでスクロールします

額面が10000円以上の記念硬貨一覧

※商品名タップでスクロールします

※地方自治施工60周年記念貨幣については次の別ページで買取相場や概要を一覧でご紹介しています。

記念硬貨の買取価格や価値・概要

「東京オリンピック記念硬貨(100円)」の買取・価値・概要情報

東京オリンピック記念硬貨(100円)
発行年度:1964年(昭和39年)
発行枚数:8000万8056枚
東京オリンピック記念硬貨は日本で初めて発行された記念硬貨としても有名で、この貨幣が好評を博したことにより日本に記念硬貨発行の文化が根付いたといっても過言ではありません。ですがこちらの100円は国民一人一人に行きわたるようにと枚数が設定されたために発行枚数が極めて多く、希少価値は高くありません。買取価格は平均して200円前後に納まりますが、状態が悪ければ額面通りの100円が買取価格です。

「日本万国博覧会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

日本万国博覧会記念硬貨
発行年度:1970年(昭和45年)
発行枚数:4000万2052枚
1970年に開催された大阪万博(expo70)を記念して発行された「日本万国博覧会記念硬貨」は、こちらも4000万枚と発行数が多いため希少性は高くなく、記念高価買取に出すとすれば綺麗な品で200円前後、通常品では額面通りの買取価格が限界でしょう。ですが海外へ向けて販売されたビニールパック入りのミントセットや、記念貨貨幣セットであればコレクター品として価値が高いため買取価格も高額になり、ミントセットで数千円、記念貨幣セットであれば万単位の買取価格となることもあります。

「札幌オリンピック記念硬貨」の買取・価値・概要情報

札幌オリンピック記念硬貨
発行年度:1972年(昭和47年)
発行枚数:3000万0000枚
「札幌オリンピック記念硬貨」は1972年に開催された札幌五輪を記念して発行された貨幣で、発行枚数は3000万枚とやや少ないため、東京五輪記念硬貨や大阪万博記念硬貨などと比べれば希少価値が高くなっています。ですが驚くような価値を持っているわけではなく、古銭買取に出すのであれば大体100~200円前後が買取価格の目安となってきます。ですが海外向けに作られたミントセットで状態が良いものであれば高い価値を持っている場合もあり、3000円前後の買取価格になるケースもあります。

「沖縄国際海洋博覧会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨
発行年度:1975年(昭和50年)
発行枚数:12000万0000枚
「沖縄国際海洋博覧会記念硬貨」は、実は日本の記念硬貨の中でも一番発行枚数が多いことで有名です。そのため希少価値はそれほど高くなく、大体額面通りの買取価格か、極美品であっても200円程度に留まります。ですが記念硬貨でなく"沖縄国際海洋博覧会記念メダル"の方であれば地金価値がありますので、積極的に買取に出されることをおすすめします。

「天皇陛下御在位50年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位50年記念硬貨
発行年度:1976年(昭和51年)
発行枚数:7000万0000枚
昭和天皇の在位50年を記念して発行されたのが「天皇陛下御在位50年記念硬貨」で、こちらも発行枚数が7000万枚とかなり多いため、それほど希少価値は高くなっていません。古銭や記念硬貨買取に出されるのであれば価値は大体額面ほど、かなり綺麗な美品で300円前後の買取価格を見ておくと良いでしょう。ちなみに額面が100円にて発行された記念硬貨は以降しばらく発行されず、代わりに額面500円が採用されるようになります。

「新幹線鉄道開業50周年記念硬貨(100円)」の買取・価値・概要情報

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨(100円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:2353万6000枚
新幹線鉄道開業50周年を記念して発行されたのが「新幹線鉄道開業50周年記念硬貨」で、100円玉のクラッド貨幣、そして千円の銀貨幣も発行され、100円硬貨においては初めてクラッド技術が採用されました。100円クラッド貨幣は東海道新幹線や北海道新幹線、北陸新幹線などの計9種類が発行され、それぞれで発行枚数も少しずつ異なります。額面価格で銀行窓口での引き換えが行われた他、貨幣セットも発売されました。発売されたばかりの記念硬貨ですので現在の買取価格は額面程度に留まりますが、将来的な価値についてはまだ未知数な所があります。

「東京2020オリンピック競技大会記念硬貨・第一次(100円)」の買取・価値情報

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨・第一次(100円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:394.8万枚
東京2020オリンピック競技大会記念硬貨の第一次は、平成30年2月に概要が発表された記念硬貨で、その中の100円クラッド貨幣は金融機関にての引換(両替)が予定されています。表面の図柄はフェンシングで、裏面には2020年東京オリンピックの大会エンブレムが採用されています。発行枚数は394.8万枚が予定されており、大量発行のため将来的なプレミア価値は期待できませんが、入手を希望する声も多く、引換がスタートすると早々に品切れになってしまう可能性もあります。

「東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨・第一次(100円)」の買取・価値情報

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨・第一次(100円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:394.8万枚
東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨・第一次の100円記念硬貨は、表面の図柄がパラリンピック種目の「ボッチャ」、裏面には2020年東京パラリンピック大会のエンブレムがデザインされています。 東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨・第一次の100円記念硬貨は、394.8万枚発行だと公表され、金融機関での引換で入手できる予定になっています。 発行枚数が多いこと、さらに金融機関での引換と敷居があまり高くないことから、将来的なプレミア価値はあまり期待できませんが、パラリンピック大会という国家的行事の記念硬貨であるため入手を希望する声も多いです。

「国際科学技術博覧会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

国際科学技術博覧会記念硬貨
発行年度:1985年(昭和60年)
発行枚数:7000万0000枚
「国際科学技術博覧会記念硬貨」は別名「つくば国際科学技術博覧会記念硬貨」とも呼ばれ、つくば科学万博を記念して発行されました。発行枚数は7000万枚と、日本で発行された記念硬貨の中でもかなり多い部類で、希少価値はそれほど高くありません。買取価格は大体額面程度ですが、会場限定で販売されたミントセットはコレクター品として珍重され、数千円の買取価格がつくケースもあります。

「内閣制度創始100周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

内閣制度創始100周年記念硬貨
発行年度:1985年(昭和60年)
発行枚数:7000万0000枚
内閣制度が始まって100周年を記念して発行された500円記念貨幣が「内閣制度創始100周年記念硬貨」です。同年に発行されたつくば科学博500円硬貨と発行数が同じで、7000万枚とかなり多く発行されました。こちらも希少価値はそれほど高くなく、買取に出すとすれば大体500円前後に留まります。ミントセットも存在していますが、こちらも発売数が多かったために希少価値は薄い傾向にあります。

「天皇陛下御在位60年記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位60年記念硬貨(500円)
発行年度:1986年(昭和61年)
発行枚数:5000万0000枚
昭和天皇の在位60年を記念して発行されたのが「天皇陛下御在位60年記念硬貨」で、500円貨幣の他に1万円銀貨、10万円金貨も存在しています。10万円金貨の価値が高いことで有名な記念硬貨ですが、500円硬貨の価値は大体800円からですが、買取価格は並品で額面通りの500円、極美品であれば1000円前後になるでしょう。5000万発行と希少性が薄いため買取相場もそれほど上がってはいませんが、現行貨幣のため銀行での両替も可能です。

「青函トンネル開通記念硬貨」の買取・価値・概要情報

青函トンネル開通記念硬貨
発行年度:1988年(昭和63年)
発行枚数:2000万0000枚
1988年に青函トンネルが開通したことを記念して発行された記念硬貨が「青函トンネル開通記念硬貨」で、発行枚数が2000万枚と他の記念硬貨に比べれば数は少ないものの、今のところプレミアム価値はついておらず容易に入手することが出来ます。買取価格はすごく綺麗なものであれば1000円前後になることもありますが、大半は600円前後、もしくは額面通りの買取価格になることが多いです。

「瀬戸大橋開通記念硬貨」の買取・価値・概要情報

瀬戸大橋開通記念硬貨
発行年度:1988年(昭和63年)
発行枚数:2000万0000枚
1998年に瀬戸大橋の開通を記念して「瀬戸大橋開通記念硬貨」が発行され、同年に青函トンネルも開通し、こちらも記念硬貨が作られた為2種の記念硬貨を合わせたセット品も販売されました。瀬戸大橋開通記念硬貨の価値は、未使用で極美品であれば1000円前後の買取価格がつく場合もありますが、希少性が薄いためそうした点を考慮してくれる買取業者は少ないのが現状です。大半は額面通り、もしくは額面より少し高い程度の買取価格が一般的になっています。

「天皇陛下御即位記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御即位記念硬貨(500円)
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:3000万0000枚
1990年に発行された「天皇陛下御即位記念硬貨」は、500円硬貨の他に10万円金貨も発行されています。10万円金貨の方は地金価値がありますので、金相場によっては額面以上の価値で売れるプレミア硬貨として有名です。ですが500円硬貨は地金価値が薄く、かつ3000万枚の発行数がありますので、こちらも大体額面程度の買取価格に留まるか、美品であれば額面より少し上回る程度の価値がつきます。

「沖縄復帰20周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

沖縄復帰20周年記念硬貨
発行年度:1992年(平成4年)
発行枚数:2000万0000枚
「沖縄復帰20周年記念硬貨」は1992年に発行され、首里城と向かい合った龍が描かれた沖縄らしい図柄が特徴的です。こちらも2000万枚発行と、他の記念硬貨に比べれば発行枚数は少ないもののプレミアム価値が付くほどではなく、買取業者利用の場合でも買取価格は大体額面ベースになってきます。ですがプルーフ貨幣のセットであればコレクターアイテムとして高い価値がついており、かつ発行数も47000個と多くないため、買取価格も1000円ほどが期待できます。

「皇太子殿下御成婚記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

皇太子殿下御成婚記念硬貨(500円)
発行年度:1993年(平成5年)
発行枚数:3000万0000枚
1993年に発行された「皇太子殿下御成婚記念硬貨」には、500円硬貨の他に5万円金貨、そして5000円銀貨が発行されました。500円硬貨は3000万枚発行と希少性が付く程ではなく、価値は大体1000円前後となり、買取価格は大体額面~額面を少し上回る程度に留まります。ですが5万円金貨・5000円銀貨と3種まとめて極美品での買取となると、コレクション的価値が付随し買取価格が上がる可能性がありますので、合わせての買取をお勧めしています。

「関西国際空港開港記念硬貨」の買取・価値・概要情報

関西国際空港開港記念硬貨
発行年度:1994年(平成6年)
発行枚数:2000万0000枚
1994年に関西国際空港が開かれたことを記念して「関西国際空港開港記念硬貨」が発行されました。発行枚数は2000万枚とそれ程多くはありませんが、それでも発行当時であれば5人に一人は所持出来るほどの枚数にあたります。そのため希少価値の面からそれほど高騰する記念硬貨とはいえず、買取価格も大体500~600円程度に留まります。銀行で両替となると額面以上にはなりませんので、少しでも高く売りたい場合は買取業者の利用をおすすめします。

「第12回アジア競技大会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

第12回アジア競技大会記念硬貨
発行年度:1994年(平成6年)
発行枚数:1000万0000枚
「第12回アジア競技大会記念硬貨」には図柄が走る・飛ぶ・泳ぐの3種類が存在していますが、種類によって価値の変動はありません。大会が広島県で開催されたために別名"広島アジア大会500円記念硬貨"とも呼ばれており、3種それぞれ1000万枚ずつが発行されました。価値はこちらも額面ベースになりますが、プルーフ貨幣の3点セットであれば買取価格は少し上がる傾向にあります。

「長野オリンピック記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

長野オリンピック記念硬貨(500円)
発行年度:1998年(平成10年)
発行枚数:2000万0000枚
「長野オリンピック記念硬貨」は1次・2次・3次に渡って発行された珍しい記念硬貨で、さらに500円硬貨のみに留まらず、5000円銀貨、1万円金貨も発行されました。500円貨幣の図柄は1次がスノーボード、2次がボブスレー、3次がフリースタイルですが、今のところ図柄ごとの価値は同一で買取価格にも変動はありません。未使用のプルーフ貨幣であれば価値は少し高くなりますが、一般的に流通していた物であれば価値は額面通りか、もしくは額面よりも若干上回るくらいの買取価格に留まります。

「天皇陛下御在位10年記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位10年記念硬貨(500円)
発行年度:1999年(平成11年)
発行枚数:1500万0000枚
今上天皇のご即位10周年を記念して発行されたのが「天皇陛下御在位10年記念硬貨」で、500円白銅貨の他に1万円金貨も発行されました。500円の方は地金価値も薄く、また近年発行の記念硬貨のためプレミア価値はついておらず、500円~600円程度の買取価格に留まります。ですがコレクター品として販売された500円白銅貨・1万円金貨2種のプルーフ貨幣セットであれば価値は極めて高くなり、合わせて10万円ほどの買取価格になるケースも多いです。

「2002 FIFAワールドカップ記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

2002 FIFAワールドカップ記念硬貨(500円)
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:1000万0000枚
2002年に開催されたFIFAワールドカップを記念して、こちらの500円黄銅貨の他、1000円銀貨と1万円金貨も発行されました。500円硬貨は素材のほとんどが銅とニッケルですので地金価値が薄く、また2002年と比較的近年に発行された記念硬貨のため、希少価値の面でもプレミアはついていません。これまでの記念硬貨の発行枚数と比べれば1000万枚発行は少ない方ですが、収集家が減っているため記念硬貨自体の需要が薄くなってしまっているという側面もあります。500円硬貨の買取価格は大半が額面通りですが、美品であれば700円前後になる可能性もあります。

「2005年日本国際博覧会記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

2005年日本国際博覧会記念硬貨(500円)
発行年度:2004年(平成16年)
発行枚数:824万1000枚
2005年に愛知県で開かれた国際博覧会を記念して発行されたのが「2005年日本国際博覧会記念硬貨」で、500円硬貨の他に1万円金貨と1000円銀貨も発行されました。500円硬貨の買取価格は大体額面程度か、未使用美品で700円前後となります。発行数が多いため希少性は薄く、500円以上の買取価格がつくことは極めて稀です。ですが1000円銀貨と1万円金貨は地金価値が高いので額面以上で売ることが出来ますし、3点セットかつ美品状態での買取となるとコレクション的価値が付随する可能性もありますので、3点とも所持しておられるのであればまとめての買取をおすすめしています。

「南極地域観測50周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

南極地域観測50周年記念硬貨
発行年度:2007年(平成19年)
発行枚数:660万0000枚
2007年に南極地域観測50周年を迎え、記念硬貨として発行されたのが「南極地域観測50周年記念硬貨」です。こうした類の記念硬貨は基本的に大量発行のため希少価値が付き辛いのですが、南極地域観測50周年記念硬貨も例外ではなく、660万枚が発行されました。ですがそのうちの18万枚はプルーフ貨幣として発行されており、若干希少性が上がります。買取価格は主に額面ベースとなり、額面通りの500円の価値に留まることが大半です。プルーフ貨幣のセットもそれほど高値はついていませんが、他の記念硬貨や記念コイン類とまとめて買取を依頼することで、若干買取価格が上がる可能性もあります。

「日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨
発行年度:2008年(平成20年)
発行枚数:480万0000枚
2008年に発行された記念硬貨「日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨」は、別名"日伯交流年・移住百年記念硬貨"とも呼ばれています。"日伯メダル"と呼ばれる記念硬貨はこの500円硬貨でなく、純銀製の記念メダルを指すことが多いです。500円記念硬貨は発行数が480万枚で、希少価値が薄いために大半は額面通りの価値になることが多いです。

「天皇陛下御在位20年記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位20年記念硬貨(500円)
発行年度:2009年(平成21年)
発行枚数:1000万0000枚
2009年に発行された「天皇陛下御在位20年記念硬貨」は、1万円金貨と500円記念硬貨の2種類が存在しています。天皇陛下御在位20年記念硬貨の500円硬貨は地金価値が薄く、かつ1000万枚もの発行数があり、未使用美品の場合で500円の価値を少し上回るくらいです。表面には二輪の菊花が、裏面には菊花紋章が描かれており、2009年11月12日に金融機関での引き換えが行われました。

「中部国際空港開港記念硬貨」の買取・価値・概要情報

中部国際空港開港記念硬貨
発行年度:2005年(平成17年)
発行枚数:5万0000枚
平成17年に発行された「中部国際空港開港記念硬貨」ですが、こちらは純銀製の記念硬貨のため額面よりもかなり高値で売ることが出来ます。貨幣としては額面通りの500円の価値しか持ちませんが、製造面と地金価値で見ると500円を大幅に上回る価値を持っているということです。買取価格はその時々の銀相場によっても変わってきますが、大体1000円~1500円程の買取価格がつくケースが多いです。

「天皇陛下御在位30年記念硬貨(500円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位30年記念硬貨(500円)
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:500万枚
2019年(平成31年)に発行される「天皇陛下御在位30年記念硬貨」のデザインが発表され、世間を大きく賑わせました。天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円は、表面には儀装馬車、裏面には菊花紋章が採用されています。天皇陛下御在位30年500円記念硬貨は、発行数が500万枚と非常に多いため、将来的なプレミア価値はあまり期待できません。ですが、発行後すぐに品切れになってしまう可能性もあり、記念すべき節目と合わせて注目が集まっている記念硬貨です。

「東京オリンピック記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

東京オリンピック記念硬貨
発行年度:1964年(昭和39年)
発行枚数:1500万1516枚
1964年に発行された「東京オリンピック記念硬貨」は、100円硬貨と1000円硬貨の2種類が発行されました。東京オリンピック記念硬貨は日本で初めて発行された記念貨幣で、伴って収集ブームが始まりました。そのため以前は買取相場も極めて高く、1970年代には1~2万円にまで跳ね上がりましたが、今は記念硬貨自体の需要が薄く、買取価格も額面通りの1000円程に留まるケースがほとんどです。ですが2020年の東京オリンピックを控え、僅かではありますが以前よりも買取相場が上昇傾向にあります。

「2002 FIFAワールドカップ記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

2002 FIFAワールドカップ記念硬貨(1000円)
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:10万0000枚
2002年に開催されたFIFAワールドカップを記念して、1万円金貨と500円黄銅貨、そして1000円の記念硬貨が発行されました。こちらの1000円記念貨幣は実は銀で作られているため地金価値が高く、額面以上で買取される記念硬貨のひとつです。その時々の銀の相場によっても買取価格は変わってきますが、現時点では2000円越えの買取価格となるケースが多く、積極的な買取をおすすめしたい記念硬貨となっています。

「第5回アジア冬季競技大会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨
発行年度:2003年(平成15年)
発行枚数:5万0000枚
日本で初めてのカラー銀貨幣となったのが「第5回アジア冬季競技大会記念硬貨」で、第5回アジア冬季競技大会を記念して5万枚が発行されました。裏面には青森県の津軽りんごが、表にはスキーとスケートの選手が描かれており、素材には銀が使用されています。地金価値もありますが、プレミアによってそれ以上の買取価格になる記念硬貨で、現在の相場であれば大体1万円以上の買取価格となります。

「奄美群島復帰50周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

奄美群島復帰50周年記念硬貨
発行年度:2003年(平成15年)
発行枚数:5万0000枚
2003年に発行された「奄美群島復帰50周年記念貨幣」は、額面は1000円ですが素材の価値・製造費用ともに額面を上回ってしまうため、額面よりも高い値段で発売される、いわゆる"プレミアム型記念硬貨"として作られました。表面には奄美群島のルリカケスとテッポウユリ、裏には奄美群島が描かれています。発行数が5万枚と少ないうえ素材には銀が使われており、今でも額面以上の価値で買取してもらうことが出来ます。現在の相場であれば大体3000円程の買取価格となり、箱などの付属品が全て揃っていれば更に価値が上がる可能性があります。

「2005年日本国際博覧会記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

2005年日本国際博覧会記念硬貨(1000円)
発行年度:2004年(平成16年)
発行枚数:7万0000枚
愛知県での日本国際博覧会の開催を記念して、「2005年日本国際博覧会記念硬貨」が作られ、1万円金貨と千円銀貨、そして500円記念硬貨の3種類が発行されました。1000円記念硬貨は純銀製の記念硬貨で、7万枚が発行されました。地金価値があるため買取価格は額面よりも高く、今の相場であれば5000円程の買取価格が期待できます。高い買取価格の業者と安い業者では最大で2000円程の開きが出てきていますので、なるべく高く売れそうな買取業者を選ぶことも高価買取のコツです。

「国際連合加盟50周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

国際連合加盟50周年記念硬貨
発行年度:2006年(平成18年)
発行枚数:7万0000枚
国際連合加盟の50周年を記念して、2006年に「国際連合加盟50周年記念硬貨」が発行されました。千円銀貨幣の他、額面表記のない"記念メダル"も発行されています。1000円記念硬貨の品位は銀が1000で、額面よりも遥かに高い価値を持っています。買取価格は現時点で大体3000円程となっていますが相場によっても大きく変動しますので、売る際には事前に査定員に相談を行うことをおすすめしています。

「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨
発行年度:2007年(平成19年)
発行枚数:8万0000枚
「ユニバーサル技能五輪国際大会」1000円記念硬貨は、2007年に静岡県にてユニバーサル技能五輪国際大会が開催されたことを記念して発行されました。素材に銀が使用されているため額面以上で売ることが出来る記念硬貨で、今の相場では大体2000円前後の買取価格がつきます。彩色のある記念硬貨(カラーコイン)で、プルーフ加工が施されており収集家からも高い人気を誇ります。

「第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会・東京開催記念硬貨」の買取・価値・概要情報

第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会・東京開催記念硬貨
発行年度:2012年(平成24年)
発行枚数:5万0000枚
「第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会・東京開催記念硬貨」は2012年に発行された記念硬貨で、額面は1000円の銀貨です。表面が虹色に輝く"虹色発色技術"を使っていますが、この技術を使うにあたり素材が純銀では難しいため、この記念硬貨は銀合金にて発行されました(品位は銀925・銅75)。ですが決して安い買取価格というわけではなく、今現在の相場であれば6000円前後の高価買取が期待できます。

「新幹線鉄道開業50周年記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨(1000円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:5万0000枚
新幹線の開業50周年を記念して発行されたのが「新幹線鉄道開業50周年記念硬貨」で、1000円銀貨と100円硬貨が発行されました。新幹線鉄道開業50周年記念硬貨の1000円銀貨は純銀製の記念硬貨で地金価値があるうえ、額面よりも販売価格の方が高く設定されている"プレミアム貨幣"として発行されました。そのため買取価格も高く、現在でいえば大体2万円ほどの買取相場となります。

「東日本大震災復興事業記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

東日本大震災復興事業記念硬貨(1000円)
発行年度:2015年(平成27年)
発行枚数:各40000枚~60000枚
東日本大震災復興事業記念硬貨の1000円記念硬貨には、造幣局が図柄を担当した第一次、公募にてデザインが募集された第二次・第三次・第四次が発行されており、計4種類の1000円記念銀貨が存在します。片面がカラー印刷となった純銀製の記念硬貨で、それぞれが違う図柄にて発行されました(裏面は共通図柄)。 東日本大震災復興事業記念硬貨の1000円記念硬貨の買取相場は、種類によって若干違いはあるものの、大体6000円~8000円前後の買取価格が期待できます。

「2020年東京オリンピック競技大会開催引継記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

2020年東京オリンピック競技大会開催引継記念硬貨(1000円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:50000枚
2020年、東京でオリンピックが開催されることが決定し、開催地の引き継ぎを記念して発行されたのが「2020年東京オリンピック競技大会開催引継記念硬貨」です。両面カラーコイン、さらに純銀製で発行された豪華な記念硬貨で、図柄は前回オリンピック開催地のブラジルの国花「イペー・アマレーロ」と、日本の桜が描かれています。2020年東京オリンピック競技大会開催引継記念硬貨の買取相場は、現時点だと1万円以上の買取価格は十分期待できます。

「2020年東京パラリンピック競技大会開催引継記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

2020年東京パラリンピック競技大会開催引継記念硬貨(1000円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:50000枚
2020年、パラリンピックの開催地が「前開催地のブラジル・リオから、日本の東京へ引継がれる」記念として発行されたのが、「2020年東京パラリンピック競技大会開催引継記念硬貨」です。こちらも両面にカラー印刷が施された豪華な記念硬貨で、表面にはパラリンピックの旗、裏面にはパラリンピック大会のエンブレムがデザインされています。2020年東京パラリンピック競技大会開催引継記念硬貨の買取相場は、現在の買取相場だと大体1万円~15000円前後までが期待できます。

「小笠原諸島復帰50周年記念硬貨(1000円)」の買取・価値・概要情報

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨(1000円)
発行年度:2018年(平成30年)
発行枚数:50000枚
2018年(平成30年)、小笠原諸島が日本へ復帰してから50周年を記念し「小笠原諸島復帰50周年記念硬貨」が発行されました。表面には小笠原諸島の固有種の「ハハジマメグロ」「ムニンヒメツバキ」、背景には南島扇池がカラー印刷で美しく描かれました。 小笠原諸島復帰50周年記念硬貨は、まだ発行されて間もない記念硬貨のため、買取価値は未だ未知数です。しばらくしたら中古市場にも流通し、相場が定まってくるかと思いますが、しばらくは販売時定価の9000円をベースとした買取価値が期待できそうです。

「東京2020オリンピック競技大会記念硬貨・第一次(1000円)」の買取・価値情報

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨(1000円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:100000枚
東京2020オリンピック競技大会記念貨幣(第一次)は、平成30年2月に発行概要が発表された新しい記念硬貨で、1万円金貨・1000円銀貨・100円クラッド貨幣の3種類の発行が予定されています。その中の1000円銀貨は、表面が水泳をする選手、裏面には2020年東京オリンピックの大会エンブレムがカラー印刷で、そしてソメイヨシノとイチョウの葉がデザインされています。まだ流通していない記念硬貨であるため価値は未知数ですが、しばらくは販売価格の9500円をベースにした買取価値が期待できそうです。

「東京2020パラリンピック大会競技大会記念硬貨・第一次(1000円)」の買取・価値情報

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(1000円)
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:100000枚
東京2020パラリンピック大会競技大会記念硬貨・第一次の1000円記念硬貨は、表面にはパラリンピック種目である柔道が、裏面にはパラリンピック大会のエンブレムがカラー印刷で描かれており、さらに左半分にはソメイヨシノとイチョウの葉もデザインされています。東京2020パラリンピック大会競技大会記念硬貨・第一次の1000円銀貨幣も、まだ流通していない記念硬貨のため価値は未知数ですが、しばらくは販売価格の9500円をベースにした買取価値が期待できそうです。

「明治150年記念硬貨(1000円)」の買取・価値情報

明治150年記念硬貨(1000円)
発行年度:2018年(平成30年)
発行枚数:50000枚
明治150年記念硬貨は、”明治150年”関連施策のひとつとして発行された記念硬貨で、額面は1000円の片面カラーコイン、純銀製にての発行が決定しています。記念硬貨のカラー面の図柄は、歌川広重の錦絵「東京汐留鉄道舘蒸汽車待合之図」が基になっています。まだ流通していない記念硬貨のため価値は未知数ではありますが、発行後しばらくは販売価格の9000円をベースにした買取価値が期待できそうです。

「国際花と緑の博覧会記念硬貨」の買取・価値・概要情報

国際花と緑の博覧会記念硬貨
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:1000万0000枚
「国際花と緑の博覧会記念硬貨」は、大阪にて行われた"国際花と緑の博覧会"を記念して発行された硬貨で、5000円と大きな額面の記念硬貨です。品位は銀・925に銅・75で、今現在の相場でいえば額面よりも地金の価値の方が僅かに下回ります。平均的な買取価格は大体3000円~4000円前後で落ち着いていますので、額面以下の買取金額になる場合は銀行で両替するのも手ではあります。ですが正確な買取価格は業者によって異なりますし、他の品とまとめて査定に出すことで買取価格が上がるキャンペーンを行っている業者もありますので、銀行での両替・買取業者利用のどちらが得かはその時々によります。

「裁判所制度100周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

裁判所制度100周年記念硬貨
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:500万0000枚
1990年に発行された「裁判所制度100周年記念硬貨」は、銀・925に銅・75にて発行された合金の記念硬貨で、こちらも大体額面程度の買取相場となっています。おおよそ4000円~6000円の内で買取られることが多く、額面を上回るか下回るかは買取業者の判断によって変わります。額面以下の買取価格となれば銀行での両替も可能ですので、査定額によって選ぶのが良いかと思います。

「議会開設100周年記念硬貨」の買取・価値・概要情報

議会開設100周年記念硬貨
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:500万0000枚
日本で議会が開設されてから100周年の記念として発行された「議会開設100周年記念硬貨」は、額面5000円にて500万枚が発行されました。希少性自体はあまり高くないためプレミアム価値は薄い記念硬貨ではありますが、最低でも5000円の額面価値があるため粗末に扱うのはお勧めしません。買取価格は大体4000円~6000円前後となる場合が多く、こちらも買取業者の力量によって額面を上回るか下回るか、といったところです。ミントセットであれば1万円を超える買取価格となる場合もありますので、メール査定から始めることをおすすめします。

「皇太子殿下御成婚記念硬貨(5000円)」の買取・価値・概要情報

皇太子殿下御成婚記念硬貨(5000円)
発行年度:1993年(平成5年)
発行枚数:500万0000枚
「皇太子殿下御成婚記念硬貨」には額面が5万円・5000円・500円の3種類が存在し、5000円硬貨は純銀製にて作られており、500万枚が発行されました。表面には瑞鳥の鶴、裏面には菊花紋章が描かれた大変おめでたい図柄で、単品での販売 の他、記念硬貨3点セットや2点セットなども販売されました。5000円銀貨単品での買取価格は大体額面ほどに留まる傾向にありますが、セット品であればこの限りではありません。

「長野オリンピック記念硬貨(5000円)」の買取・価値・概要情報

長野オリンピック記念硬貨(5000円)
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:500万0000枚
「長野オリンピック記念硬貨」とは、1998年に行われた長野オリンピックを記念して、1万円・5000円・500円の3つの額面にて発行された記念硬貨です。1次・2次・3次と3種類の図柄に分かれていますが、今のところ図柄によって買取相場が変わることはありません。5000円硬貨は銀合金で出来ており、量目は15gになります。買取価格は完全未使用の場合であれば6000~7000円前後と額面価格を上回りますが、付属品が欠けていたり状態が劣ってしまうと額面以下の買取価格となります。ですので、査定結果が額面を下回っていた場合は銀行にての両替をおすすめします。

「天皇陛下御在位60年記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位60年記念硬貨(1万円)
発行年度:1986年(昭和61年)
発行枚数:1000万0000枚
「天皇陛下御在位60年記念硬貨」とは、昭和天皇のご在位60年を記念して、1986年に発行された記念硬貨です。額面は10万円・1万円・500円の3種にて発行され、1万円硬貨には純銀が20g使用されています。1万円銀貨の買取価格は並品で大体額面と同程度、新品未使用品でコレクション価値のある物であれば12000円の買取価格になります。買取業者の力量によって額面を上回るか下回るかの瀬戸際、といったところですので、買取申込みの前に一度問い合わせにて買取価格を確認されることをおすすめします。

「天皇陛下御在位10年記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位10年記念硬貨(1万円)
発行年度:1999年(平成11年)
発行枚数:20万0000枚
「天皇陛下御在位10年記念硬貨」とは、平成11年に天皇陛下のご即位10年を記念して発行された記念硬貨で、1万円金貨と500円硬貨の2種類が発行されました。こちらの1万円金貨は買取価値が額面を遥かに上回りますので、積極的な買取をおすすめしたい記念硬貨の一種です。素材が24金で出来た記念硬貨ですので、その時々の金相場によっても買取価格は変わってきますが、一枚辺り大体8万円前後の買取価格になります。

「長野オリンピック記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

長野オリンピック記念硬貨(1万円)
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:5万5000枚
「長野オリンピック記念硬貨」とは、1998年に開催された長野オリンピックを記念して発行された記念硬貨です。1万円金貨・5000円銀貨、500円硬貨の3種類の額面にて発行されましたが、デザインは1次・2次・3次と3種類が存在します。こちらの1万円金貨の買取価格は平均5万円以上で、買取業者によっては6~7万円の買取価格も期待できるなど、額面を遥かに上回る高価買取が期待できます。デザインによって買取価格に差が生まれることは今のところありませんので、一度査定してもらうことをおすすめしています。

「2002FIFAワールドカップ記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

2002FIFAワールドカップ記念硬貨(1万円)
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:10万0000枚
2002年に開催されたFIFAワールドカップを記念して、1万円金貨・1000円銀貨・500円硬貨の3種類の記念硬貨が発行されました。1万円金貨の買取価値は極めて高く、1枚辺り6万円以上の買取価格がつきます。素材は24金で作られており、発行数は10万枚、平成14年5月8日に発行されました。全てがプルーフ貨幣(鏡面のような美しい加工)にて作られた、プレミアム型の記念硬貨です。

「2005年日本国際博覧会記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

2005年日本国際博覧会記念硬貨(1万円)
発行年度:2004年(平成16年)
発行枚数:7万0000枚
2005年の日本国際博覧会(愛知万博)を記念して発行されたのが「日本国際博覧会記念硬貨」で、1万円金貨・1000円銀貨・500円硬貨の3種類が存在しています。1万円金貨は純金製で、7万枚が発行されました。額面よりも買取価値が高く、さらに現在は金の相場も高騰しているため、買取価格は1枚辺り7万円ほどになります。売却を検討されているなら、金相場の高いうちを強くおすすめしています。

「天皇陛下御在位20年記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位20年記念硬貨(1万円)
発行年度:2009年(平成21年)
発行枚数:10万0000枚
天皇陛下御在位20年記念硬貨は、2009年に天皇陛下の御在位20年となったことを記念して作られた記念硬貨で、1万円金貨と500円硬貨の2種類が存在しています。1万円金貨は純金で出来た記念硬貨で、表には鳳凰と瑞雲、そして皇居の二重橋が描かれています。500円硬貨は金融機関窓口での引き換えにて入手することが出来ましたが、1万円金貨は貨幣セットとして販売された品のみに留まります。天皇陛下御在位20年記念の1万円金貨の価値は額面以上で、今の相場でいえば8万円前後の買取価格になります。換金にあたっては銀行での両替ではなく、是非とも買取業者を利用することをおすすめします。

「東日本大震災復興事業記念硬貨(1万円)」の買取・価値・概要情報

東日本大震災復興事業記念硬貨(1万円)
発行年度:2015年(平成27年)
発行枚数:各11000枚~14000枚
東日本大震災復興事業記念硬貨の1万円金貨幣は、造幣局が図柄を担当した第一次、公募にてデザインが募集された第二次・第三次・第四次があり、それぞれで図柄が大きく異なっています(裏面は共通図柄)。東日本大震災復興事業記念硬貨の1万円金貨の買取相場は極めて高く、一枚あたり大体7万円前後の買取価格が期待できます。 また、「一般販売分」「贈呈分」でも買取相場は異なりますので、双方の違いについては、詳細ページをご覧ください。

「東京2020オリンピック競技大会記念硬貨・第一次(1万円)」の買取・価値情報

東京2020オリンピック競技大会記念貨幣・第一次(1万円)
発行年度:2015年(平成27年)
発行枚数:各40000枚
東京2020オリンピック競技大会記念貨幣の第一次は、平成30年に概要やデザインが発表されました。1万円金貨の図柄は、日本の伝統騎射の「流鏑馬(やぶさめ)」、そして”心技体”の文字が記されています。東京2020オリンピック競技大会記念貨幣・第一次の定価は12万円で、まだ流通していないため買取価値は未知数です。ですが、発行後しばらくは販売時価格を基準とした価値も十分期待できそうです。

「天皇陛下御在位30年記念硬貨(1万円)」の買取・価値情報

天皇陛下御在位30年記念硬貨(1万円)
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:50000枚
天皇陛下御在位30年記念硬貨は、2019年(平成31年)2月頃、1万円金貨と500円記念硬貨の発行が予定されています。こちらの天皇陛下御在位30年1万円記念硬貨は、表面には鳳凰、裏面には菊花紋章がデザインされています。発行枚数が限られていること、そして額面以上の定価で販売される「プレミアム型記念硬貨」として発行されるため、プレミア価値がつく可能性もあります。まだ発行されていない記念硬貨のため将来的な価値は不明ですが、しばらくは定価の138,000円をベースにした買取価値も期待できそうです。

「皇太子殿下御成婚記念硬貨(5万円)」の買取・価値・概要情報

皇太子殿下御成婚記念硬貨(5万円)
発行年度:1993年(平成5年)
発行枚数:200万0000枚
平成5年、皇太子殿下の御成婚を記念して3種類の記念硬貨が発行されました。5万円金貨、5000円銀貨、500円白銅貨が発行されましたが、この3種の中で最も買取がおすすめ出来るのは5万円金貨です。5万円金貨の買取価格は、現時点では7万円以上になっており、更にケース入りの状態であれば8万円近くの買取価格にまで上昇する可能性もあります。金相場によっても買取価格は変わってきますので、買取に出されるのであれば相場の高いうちがベストでしょう。

「天皇陛下御在位60年記念硬貨(10万円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御在位60年記念硬貨(10万円)
発行年度:1986年(昭和61年)
発行枚数:1000万0000枚
1986年、日本で初めての記念金貨が発行されました。それが「天皇陛下御在位60年記念硬貨」で、臨時補助貨幣発行の法律も定められました。10万円金貨は純金が20gで出来ており、今の相場でいえば一枚辺り大体8~9万円の買取価格になります。 昭和61年が初発行、昭和62年に追加発行が行われましたが、その際一部が収集用のプルーフ貨幣として発行されました。プルーフにより買取価格が大きく変動することはありませんが、業者によっては考慮してくれるかも知れません。

「天皇陛下御即位記念硬貨(10万円)」の買取・価値・概要情報

天皇陛下御即位記念硬貨(10万円)
発行年度:1991年(平成3年)
発行枚数:200万0000枚
天皇陛下に関連する10万円金貨は、上記の1986年発行の物、こちらの1991年発行の物と2種類がありますが、それぞれで使われている金の量が違うために買取価格も大きく変わってきます。こちらの1991年発行の10万円金貨は純金が30gと多く使われているため、金の価値が額面を上回ります。そのため買取価格は高額で、今の相場でいえば1枚辺り大体13万円前後の買取価格がつきます。換金の際は銀行で両替するよりも、買取業者を利用した方が3万円程お得になります。
ページ上部へスクロール