東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。
なお、今後発行予定の「東京2020パラリンピック競技大会記念貨幣(第1次~第4次)」につきましては、別ページでご紹介していく予定です。

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨について

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨について

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨とは、2020年に日本・東京でパラリンピックの開催が決定し、「パラリンピック開催地が、前開催地のブラジルのリオから東京へ引き継がれる」ことを記念して発行される記念硬貨です。

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨は、額面が1000円の1種類ではありますが、両面にカラー印刷で彩色が施されている、極めて豪華な記念硬貨です。もちろん、製造には額面以上(1000円以上)の費用が掛かってしまうことから、あらかじめ額面以上の定価を設定して販売される「プレミアム型記念硬貨」として発行されました。

それでは、東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

2020年パラリンピック競技大会開催引継記念1000円銀貨幣について(買取情報等)

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨表面
東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨裏面
発行年度:2016年(平成28年)
発行枚数:50000枚
量目:31.1g
サイズ:40mm
素材品位:銀1000
2020年オリンピック競技大会開催引継記念1000円銀貨幣は、表面には桜の花と”イペー・アマレーロ”、そしてパラリンピックの旗がデザインされています。記念硬貨裏面の図柄にはパラリンピック大会のエンブレムが採用されました。旗に描かれたパラリンピックのマークは、2004年から使用されている3代目のシンボルマークです。
2020年オリンピック競技大会開催引継記念1000円銀貨幣の買取相場は、一枚あたり大体15000円前後の買取価格が期待できます。額面は1000円ですが、その価値を大きく上回る買取価格になりますので、ぜひとも買取業者の利用をおすすめしたい記念硬貨の一つです。

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨について

2007年2020年オリンピック競技大会開催引継記念とは?

2020年、東京都でオリンピック・パラリンピック競技大会が開催されることが決定しました。 2020年の大会開催に向けて、パラリンピック関連の記念硬貨も順次発行されていく予定で、その一回目として「パラリンピック開催地が前開催地のブラジルのリオから、東京へと引き継がれる」ことを記念したカラーコインが発行されました。 それが今回ご紹介の「東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨」で、2016年(平成28年)に発行されました。

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨の表面には、桜の花と「イペー・アマレーロ」という、黄色い花が彩色ゆたかに描かれています。 イペー・アマレーロとはブラジルに咲く黄色い花で、”ブラジルに咲く黄色い桜”とも呼ばれています。ブラジルの国花にも定められている有名な花で、大きな木だと高さが30m以上にも上るそうです。
東京2020パラリンピック競技大会”引継”記念硬貨とある通り、こちらの記念硬貨は開催地の引継を記念したものになります。カラーコインの鮮やかさも意匠の美しさも、そして前開催地のブラジル・リオとの繋がりも、上手に表現した記念硬貨ではないでしょうか。 「両面がカラー印刷で発行された記念硬貨」は、これまで日本で発行されてきたものを見てもなかなかなく、パラリンピック開催に向けて豪華に飾ったことが覗えます。

記念硬貨の打初め式はオリンピック競技大会引継記念硬貨・パラリンピック競技大会引継記念硬貨合同で行われ、2016年(平成28年)9月28日に実施されました。 記念硬貨の打初め者には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長や、リオオリンピック大会のメダリストが参加し、華やかな空気の中で進行していきました。

東京2020パラリンピック競技大会引継記念硬貨は、発行数以上の応募があったため、購入にあたっては抽選形式が取られました。 当選者への発送は、2016年(平成28年)12月頃に行われましたが、すぐにオークション等に出回り、額面以上の価値にて取引されました。

ページ上部へスクロール