奄美群島復帰50周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
奄美群島復帰50周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

奄美群島復帰50周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【奄美群島復帰50周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の奄美群島復帰50周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、奄美群島復帰50周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

奄美群島復帰50周年記念硬貨について

奄美群島復帰50周年記念硬貨について

奄美群島復帰50周年記念硬貨とは、平成15年に奄美諸島が日本へ復帰してから50周年を迎えたことを記念して発行された記念硬貨です。

奄美群島復帰50周年記念硬貨は額面が1000円の1種類だけ発行されており、発行枚数は50000枚と、これまで発行された記念硬貨の中では非常に少ないものになります。 これは、製造するにあたって額面以上の費用が掛かってしまうため、あらかじめ額面以上の価格で販売される”プレミアム型記念硬貨”で、定価は6000円に設定されました。

カラー印刷が美しい記念硬貨で、その図柄の美しさから人気があるため、額面を上回る価値で取引されており、古銭買取や記念硬貨買取においても十分な買取価格が期待できる一枚です。

それでは、額面別に奄美群島復帰50周年記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

奄美群島復帰50周年1000円銀貨幣について(買取情報等)

奄美群島復帰50周年記念硬貨表面
奄美群島復帰50周年記念硬貨裏面
発行年度:1985年(平成15年)
発行枚数:50000枚
量目:31.1g
サイズ:40mm
素材品位:銀1000
奄美群島復帰50周年1000円銀貨幣は、記念硬貨表面には「ルリカケス」と「テッポウユリ」、裏面には奄美群島の地図と”奄美群島復帰五十年”の印字があります。
奄美群島復帰50周年記念硬貨は、その意匠の美しさから高い人気があり、現在の買取相場は大体3000円前後の買取価格が期待できます。
大体3000円から、高くて5000円程の買取価格まで見込めるため、もし処分や換金を検討しておられるのであれば、積極的な買取をおすすめしたい記念硬貨の一枚です。 銀行での換金であれば額面通りの価格になってしまうため、記念硬貨の買取業者(古銭買取業者)を利用するのがおすすめです。

奄美群島復帰について

奄美群島復帰とは?

豊かな景観と、珍しい生き物の宝庫である奄美群島が日本に復帰したのは、戦後間もない1953年12月25日のことです。
日本が戦争で降伏を示した後、アメリカのGHQは様々な要求を日本へ提示します。 奄美群島を含む五つの島々の領有権の変更もその一つで、日本は敗戦したという状況から、この条件を承諾せざるを得ませんでした。

その後、1952年に日本と戦時中に対立したいわゆる連合国の間で、戦争が終わってもなお続く緊張状態を解決すべく、サンフランシスコ講和条約が結ばれることになります。
その発行を経て、1952年4月28日に正式に日本への返還が決定されるのですが、サンフランシスコ講和条件が締結されるまでには、奄美群島で人々による大きな運動が行われることになります。

GHQの支配下に置かれた後の奄美群島は、戦争が終わってもなお非常に過酷な環境が続いていました。 日本の指揮下から外れるということは、物や食べ物も簡単に輸送することすら出来ないということ。 そのため、餓死寸前の人々が後をたたず、また沖縄戦で大きな被害を受けた沖縄の回復を図るために多額の資金が使われた背景もあり、お金・食料共に困窮しているというまさに非常自体に陥ってしまうのです。

もちろんこんな状況の中で人々が暮らしていけるわけがなく、幅広い世代の人々が本土復帰を願って、署名活動等の民間運動を起こすようなります。 まさに、人々の意識が高まっていた中での返還の決定だったので、奄美群島を始め日本全島が湧き上がりました。

ページ上部へスクロール