中部国際空港開港記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
中部国際空港開港記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

中部国際空港開港記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【中部国際空港開港記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の中部国際空港開港記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、中部国際空港開港記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

中部国際空港開港記念硬貨について

中部国際空港開港記念硬貨について

中部国際空港開港記念硬貨は、その名の通り2005年の中部国際空港の開港を記念して発行された記念硬貨です。

中部国際空港開港記念硬貨は額面が500円の1種類だけ発行されており、発行枚数は5万枚と非常少ない記念硬貨です。 中部国際空港開港記念硬貨は、記念硬貨の製造に額面以上の費用が掛かってしまうため、あらかじめ額面以上の価格で販売する”プレミアム型記念硬貨”として発行されました。 そのため、全ての中部国際空港開港記念硬貨にはプルーフ加工が施され、さらに素材には銀が使用されるなど非常にリッチな仕様になっています。

銀としての素材価値があるうえに発行数も少なく、希少性も高い事から、中部国際空港開港記念硬貨の買取相場は基本的には額面以上の買取価格になります。

それでは、額面別に中部国際空港開港記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

中部国際空港開港500円銀貨幣について(買取情報等)

中部国際空港開港記念硬貨表面
中部国際空港開港記念硬貨裏面
発行年度:2005年(平成17年)
発行枚数:50000枚
量目:15.6g
サイズ:28mm
素材品位:銀1000
中部国際空港開港記念500円銀貨の表面には、機内から見た中部国際空港の姿が描かれており、旅客機からの風景を表現する主翼と、航跡の線も描かれています。裏面には飛行機と中部地方が描かれており、祝福を意味するリボンで囲まれています。

中部国際空港開港記念500円銀貨の買取相場は、1枚辺り大体1000円前後と、額面以上の買取価格がつく記念硬貨です。 銀行での換金となると額面の500円以上の価値はつきませんので、記念硬貨買取業者(古銭買取業者)での買取がおすすめの記念硬貨です。

中部国際空港について

内閣制度とは?

中部国際空港とは、2005年2月に愛知県で開港した国際空港です。 開港してからまだ十数年と歴史は短いものの、人々からはセントレア空港という呼び名が付けられるなど、非常に親しまれています。

元々愛知県の名古屋には、名古屋空港つまり小牧しかありませんでした。 しかし時代と共に、仕事や旅行で飛行機を利用する人達が増え始めると、名古屋空港だけでは耐え切ることが出来なくなるだろうという見解が出始めるようになります。

そこで新しい空港の建設の話が出てくるのですが、新しく建設するならば、利用客の増加と国際化の二点に上手く対応した空港を造る必要があるとして話がまとまり、1985年から土地の調査が本格的に始まるようになりました。 また国際化に対応するならば、世界各国からやってくる人達全ての時間に合わせる、つまり24時間営業を根本として運営していくべきだという方針でまとまり、現在のような世界各国から人が集まる非常に国際色豊かな空港となったのです。

実際に、中部国際空港を利用する人は年間約一千万人ほどいるのですが、国内便で利用する人はその内約550万人、国際便で利用する人は約500万人と、両者にはほとんど差異が見られません。

利用客が多い要因として、昼夜関係なく発着便が豊かであることが挙げられますが、やはり人々を集める一番の要因はそのサービスの高さにあるでしょう。 世界の空港の格付けを行なっている会社によると、中部国際空港は空港内の設備や、スタッフによる対応力の高さは、最高の5つ星と認定されています。 働いている人達の努力も、セントレア空港が愛される理由の一つなんですね。

ページ上部へスクロール