2002年FIFAワールドカップ記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
2002年FIFAワールドカップ記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

2002年FIFAワールドカップ記念硬貨買取
価値や詳細情報についてご紹介

このページでは【FIFAワールドカップ記念硬貨(2002年)】について詳しくご説明します。各種額面のFIFAワールドカップ記念硬貨の買取価格をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、FIFAワールドカップ記念硬貨に関する情報を詳しくまとめてご紹介します。

2002年FIFAワールドカップ記念硬貨について

FIFAワールドカップ記念硬貨について

まずは「FIFAワールドカップ記念硬貨」についてご紹介します。 FIFAワールドカップ記念硬貨とは、2002年に開催されたFIFAワールドカップを記念して発行された記念硬貨です。

種類は1万円金貨、1000円銀貨、500円ニッケル黄銅貨と3つの額面があり、さらに500円ニッケル黄銅貨に至っては3種類の図柄がありますので、2002年FIFAワールドカップ記念硬貨には合計5種類が存在することになります。 種類によって買取価格に大きく差があり、発行枚数が多いものにはプレミア価値はついていませんが、中には5~6万円程の買取価格がつく記念硬貨もあります。

それでは、FIFAワールドカップ記念硬貨の500円記念貨幣、1000円銀貨、1万円金貨の順で、価値や買取価格、詳細を一覧でご紹介します。

FIFAワールドカップ500円記念硬貨「ユーラシア・アフリカ」

FIFAワールドカップ500円記念硬貨「ユーラシア・アフリカ」表面
FIFAワールドカップ500円記念硬貨「ユーラシア・アフリカ」裏面
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:1000万枚
量目:7g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅72%.亜鉛20%.ニッケル8%
FIFAワールドカップ500円記念硬貨には図柄が3種類あり、そのうちの一枚が「ユーラシア・アフリカ」です。 表面にはユーラシアとアフリカの地図と選手のシルエットが描かれており、裏面には大会エンブレムと、試合時間の45分間を表現した装飾が描かれています。(裏面は500円記念硬貨3種共通図柄)
FIFAワールドカップ500円記念硬貨「ユーラシア・アフリカ」の買取相場は、発行枚数が1000万枚と極めて多いためプレミア価値はついておらず、額面どおりの500円前後からの買取価格が期待できます。

FIFAワールドカップ500円記念硬貨「アジア・オセアニア」

FIFAワールドカップ500円記念硬貨「アジア・オセアニア」表面
FIFAワールドカップ500円記念硬貨「アジア・オセアニア」裏面
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:1000万枚
量目:7g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅72%.亜鉛20%.ニッケル8%
FIFAワールドカップ500円記念硬貨には図柄が3種類ありますが、こちらの図柄は「アジア・オセアニア」です。 記念硬貨表面にはアジアとオセアニアの地図と選手のシルエット、裏面は他の500円記念硬貨2種と同様に、大会エンブレムと試合時間の45分間を表現した装飾が施されています。 FIFAワールドカップ500円記念硬貨「アジア・オセアニア」の買取相場は、こちらも発行枚数が1000万枚と多いため、大体額面通りの500円からに留まります。もし状態が美しく、未使用品だと査定結果が出た場合は、700円前後の買取価格にまで伸びるケースもあります。

FIFAワールドカップ500円記念硬貨「南北アメリカ」

FIFAワールドカップ500円記念硬貨「南北アメリカ」表面
FIFAワールドカップ500円記念硬貨「南北アメリカ」裏面
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:1000万枚
量目:7g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅72%.亜鉛20%.ニッケル8%
FIFAワールドカップ500円記念硬貨「南北アメリカ」には、表面にアメリカ地図と選手のシルエット、裏面には大会エンブレムと試合時間の45分間を表現した装飾がデザインされています(裏面は500円3種共通図柄)。 買取相場は、こちらも発行枚数が1000万枚と極めて多いためプレミア価値はついておらず、買取価格は大体額面通りの500円からになるケースが多いです。 当時は、上記の500円記念硬貨を3種集めた記念貨貨幣セットも20万部販売されており、そちらであればコレクション品としての価値が付き、買取価格も若干上がる可能性もあります。

2002年FIFAワールドカップ記念1000円銀貨について(価値や買取情報等)

2002年FIFAワールドカップ記念1000円銀貨表面
2002年FIFAワールドカップ記念1000円銀貨裏面
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:10万枚
量目:31.1g
サイズ:40mm
素材品位:純銀
2002年FIFAワールドカップ記念1000円銀貨は、額面よりも高い価格で販売される”プレミアム貨幣”として発行された記念硬貨で、当時の造幣局定価は6000円でした。 全て特製ケース入りの記念貨セットとして販売され、金貨と銀貨2点のセットが5万部、銀貨単独セットも5万部が発行されました。図柄表面にはワールドカップトロフィーと、桜とムクゲの花が描かれており、裏面には大会エンブレムと選手の姿がデザインされています。 2002年FIFAワールドカップ記念1000円銀貨の買取相場は一枚辺り2000円前後が期待でき、今でも額面以上の価値で買取される記念硬貨のひとつです。

2002年FIFAワールドカップ記念1万円金貨について(価値や買取情報等)

2002年FIFAワールドカップ記念1万円金貨表面
2002年FIFAワールドカップ記念1万円金貨裏面
発行年度:2002年(平成14年)
発行枚数:10万枚
量目:15.6g
サイズ:26mm
素材品位:純金
2002年FIFAワールドカップ記念1万円金貨の買取相場は、一枚あたり6万円以上の買取価格も期待でき、プレミア記念硬貨として重宝されています。 特に今は金相場が高騰しているため、地金として有している価値も高くなっています。 2002年FIFAワールドカップ記念1万円金貨の図柄は、表面には二人の選手の姿が、裏面には大会エンブレムとボール、装飾として桜と虹も描かれています。鏡面のように美しく加工された記念金貨で、こちらも記念銀貨と同様、すべて特製ケース入りの記念貨セットとして販売され、 全体の発行枚数は10万枚、そのうち金貨単独のセットが5万部、金貨・銀貨の2点セットが5万部発行されました。

2002年開催のFIFAワールドカップについて

FIFAワールドカップ記念硬貨とは?

2002年に開催された、サッカーの国際大会である2002FIFAワールドカップ。 5月31日から一ヶ月間かけて行われ、現在まで続くサッカー人気の先駆けとなります。

日本、そしてお隣韓国との共同開催であった、2002年のFIFAワールドカップ。 共同開催に至るまでは両国の様々な実情や想いが飛び交うのですが、元々日本はこのFIFAワールドカップを「平和の祭典」として位置付けるなど、平和や自由をある種のメッセージとして掲げていました。 その点から見ても、共同開催の決定は当初予定していた形とは多少の違いがあるものの、日本の思いに沿った形であったと言えるでしょう。

今でこそ国民の二大人気スポーツとも言えるサッカーですが、2002 FIFAワールドカップが始まる以前は、それほど人気は高くないというのが現実でした。 しかし4年に一度の大会であること、一ヶ月という長期間に渡ってサッカーの試合を楽しめること、そして何よりも今大会がアジア初であったことから人々の関心を呼び、サッカーブームが沸き起こることになります。 ブームの熱は収まらず、大会中はもちろんのこと、大会が終わって数年経ってもその影響は多方面に渡って及んでいたそうです。

また、ベッカム人気が起こったのもこの2002 FIFAワールドカップからでした。 今の若い世代でさえ、ベッカムが日本で話題を呼んだことを知っている人は多いですよね。

様々な国がサッカーを通じて真剣に向かい合う姿は多くの人に感動を与え、人々の活動の原動力となりました。 若い世代がスポーツに興味を持つきっかけとしても作用した本大会の影響は、簡単には計り知ることは出来ません。

ページ上部へスクロール