議会開設100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
議会開設100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

議会開設100周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【議会開設100周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。
各種額面の議会開設100周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、議会開設100周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

議会開設100周年記念硬貨について

議会開設100周年記念硬貨について

議会開設100周年記念硬貨は、1990年(平成2年)に議会開設100周年を迎えたことを記念して発行された記念硬貨です。

議会開設100周年記念硬貨は額面が5000円の1種類だけ発行されており、発行枚数は500万枚と、高額面の記念硬貨にしては非常に多くの枚数が発行されています。 ですが、額面が5000円と高額なことと、素材に銀が使用されており、一応は地金の価値もありますので、買取に出してみる価値は十分にあるといえるでしょう。
それでは、額面別に議会開設100周年記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

議会開設100周年記念5000円銀貨幣について(買取情報等)

議会開設100周年記念硬貨表面
議会開設100周年記念硬貨裏面
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:500万枚
量目:15g
サイズ:30mm
素材品位:銀925.銅75
議会開設100周年記念5000円銀貨幣は、表面には国会議事堂、裏面には有翼の獅子が描かれています。有翼の獅子は、百獣の王であるライオンに神聖の象徴である翼を生やしたもので、ベネチアのサン・マルコ広場の有翼の獅子像が有名です。 議会開設100周年記念5000円銀貨幣の買取相場は、大体4000円~6000円前後となる場合が多く、こちらも買取業者の力量によって買取価格が額面を上回るか下回るか、といったところです。 額面が5000円という高額面ですし、もしご不要であれば金融機関で額面通りの5000円に換金することも出来ますので、一度買取業者へ問い合わせてみて、もし額面以下の買取価格になるようであれば金融機関での交換、といった形を取るのも良いかと思います。

日本の帝国議会について

日本の帝国議会について

帝国議会とは、1889年から1947年の間に設置されていた議会です。 現在の日本国憲法になるまでの、つまり大日本帝国憲法の下にあった議会で、衆議院と貴族院で構成されています。

貴族院は現代人にとってはなかなか聞きなれないですが、いわゆる皇族中心の議院のこと。 さらに深く見ていけば、身分が高い人の集まりであったと言えますが、この貴族院には議員に選ばれるための選挙や議院自体の解散もなく、選ばれた人は一生涯議員であり続けなければならない形をとっていました。

議会が設置された当初、衆議院は藩閥中心に構成されていた内閣と、対立関係にありました。 その後一時期は政府との関係が良好になるものの、軍部の力が強かったその当時、次第に軍の圧力を受けるようになります。 そして終戦間際の1940年、大政翼賛会の設立により、ただ軍や政府の指揮に従うだけの議会へと変化していくのです。

そんな中で平等かつ公正な活動が出来るわけもなく、新しい日本国憲法の施行により1947年3月31日をもって衆議院は解散、貴族院は存在自体が無くなり、新たに参議院という形で生まれ変わります。 また帝国議会も国会へと移動し、現在のような形になるのです。

予算案の可否の権限が無かったり、天皇に関わる予算の決定には政府の許可が必要であったりと、決して独立したある一定の立場をとっていたとは言いにくい帝国議会ですが、それでも現在の国会を形作る上での基礎になったことは、間違いありませんね。

ページ上部へスクロール