関西国際空港開港記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
関西国際空港開港記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

関西国際空港開港記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【関西国際空港開港記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の関西国際空港開港記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、関西国際空港開港記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

関西国際空港開港記念硬貨について

関西国際空港開港記念硬貨について

関西国際空港開港記念硬貨は、その名の通り1994年の関西国際空港開港を記念して発行された記念硬貨です。

関西国際空港開港記念硬貨は額面が500円の1種類だけ発行されており、発行枚数は2000万枚と、多くの数が発行されました。 希少性もそこまで高くなく、現存している数も多い事から、関西国際空港開港記念硬貨の買取相場は基本的には額面である500円に近い金額となる事が多く、美品やプルーフセットであったとしても、高値での買取は期待しづらい記念硬貨です。
ですが、銀行での換金であれば額面の500円以上にはならない為、買取業者へ一度問い合わせてみることをお勧めします。

それでは、額面別に関西国際空港開港記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

関西国際空港開港記念500円白銅貨幣について(買取情報等)

関西国際空港開港記念硬貨表面
関西国際空港開港記念硬貨裏面
発行年度:1994年(平成6年)
発行枚数:2000万枚
量目:7.2g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅750.ニッケル250
関西国際空港開港記念500円は、表面に関西国際空港の俯瞰図と飛行機、裏面には地図が描かれ、祝意を表すリボンで囲まれています。
発行枚数が2000万枚と極めて多いためプレミア価値はついておらず、買取相場は額面通りの500円前後にて落ち着いています。 10万部が発行された”プルーフ貨幣のセット”も、かつては希少性の高さから注目され、額面以上での買取が可能でしたが、現在では記念硬貨収集人口の低下、そして通常版が簡単に入手できることから人気が下がり、こちらも額面程度の買取相場に落ち着いています。

関西国際空港開港について

内閣制度とは?

西の玄関口でもある関西国際空港は、今から24年前の1994年9月4日に、大阪で開港しました。 1960年代から大まかな計画がなされていたため、約30年越しの開港となります。 長い計画期間であったため、行政は記念硬貨や記念切手を作るなどして大々的に開港をお祝いするのですが、人々の期待とは裏腹に、開港当初はそれほど利用客が集まらないのが現状でした。 その大きな理由として、大阪国際空港の存在が挙げられます。

大阪国際空港、通称伊丹空港は、関西国際空港が開港されるずっと以前の、1939年から稼働している空港です。 主に国内線けの便を運行している空港なのですが、やはり長い歴史と信頼があるためか、関西国際空港は国内線において、伊丹空港と肩を並べることがなかなか出来ずにいました。

長い信頼という点において、もちろん多少のハンデがあることは十分に想定していたと思いますが、予想を上回る利用客の停滞という現状に直面した関西国際空港。 その対策として利用料金の値下げや、運行便の増加など消費者のニーズに応えたあらゆる対応を取るようになります。 これが功を奏し、時間はかかったものの現状を良い方向へと回復することに成功しました。 このような出来事を経て、現在の関西国際空港の姿になっているのですが、開港当時の期待とは裏腹に当初はなかなか経営が上手くいっていなかったのですね。

飛行機を利用する人が増えることを見通しての開港だった関西国際空港も、その根本的とも言える利用客のニーズを捉えることに成功したので、現在国内のみならず海外の人までから愛される空港になっています。

ページ上部へスクロール