国際花と緑の博覧会記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
国際花と緑の博覧会記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

国際花と緑の博覧会記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【国際花と緑の博覧会記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、国際花と緑の博覧会記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

国際花と緑の博覧会記念硬貨について

国際花と緑の博覧会記念硬貨について

国際花と緑の博覧会記念硬貨とは、1990年(平成2年)に大阪で「「国際花と緑の博覧会」が開かれたことを記念して発行された記念硬貨です。

国際花と緑の博覧会記念硬貨は額面が5000円の1種類だけ発行されており、発行枚数は1000万枚と、額面で見れば発行枚数が多く、目立ったプレミア価値はついていません。(日本の記念硬貨にあたっては、例えば500円記念硬貨などの小額面であれば大量発行される傾向にあり、5000円記念硬貨で1000万枚発行はかなり多い方です。)

ですが、国際花と緑の博覧会記念硬貨は5000円という高い額面価値を持っていますし、素材も銀が使われているので地金の価値もあり、買取に出せばそれなりの臨時収入は期待できる記念硬貨になります。古銭買取や記念硬貨買取においても十分な買取価格が期待できる一枚ですので、もしご不要であれば買取業者の利用、あるいは銀行での両替をおすすめ致します。

それでは、額面は5000円と1種類のみではありますが、国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取相場や詳細を一覧形式でご紹介します。

国際花と緑の博覧会記念5000円銀貨について(買取情報等)

国際花と緑の博覧会記念硬貨表面
国際花と緑の博覧会記念硬貨裏面
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:1000万枚
量目:15g
サイズ:30mm
素材品位:銀925、銅75
国際花と緑の博覧会記念5000円銀貨には、表面には花冠をかぶった少女が、裏面には花と緑の博覧会のシンボルマークと額面表記の「5000」、上部には「OSAKA EXPO'90」の文字がデザインされています。表面に描かれている少女は”人の生活と自然・植物の世界との調和”を意味したデザインとなっています。 国際花と緑の博覧会記念5000円銀貨の買取相場は、平均的な買取価格は大体3000円~4000円前後で落ち着いています。ですが、貨幣として5000円分の価値は必ずありますので、買取業者へ問い合わせてみて額面以下の買取価格になった場合、銀行での両替を検討するのも手でしょう。

国際花と緑の博覧会について

国際花と緑の博覧会とは?

国際花と緑の博覧会とは、1990年4月1日から9月30日に渡って行われた国際博覧会です。 大阪府の都市公園である鶴見緑地が会場となり、83ヶ国の国々と合わせて260以上にも上る国際機関や団体がそれぞれに出展。 来場者数も2000万人を超えるなど、大変な賑わいを見せました。

名称からも分かる通り、この国際博覧会は植物と人間との関わり方をテーマとしたものになります。 そのため、会場内も街・野原・山の三つのエリアに分けられ、それぞれのテーマに沿った催し物が行われました。 山のエリアでは国ごとの庭園様式を見ることが出来たようで、聞くだけでも大変美しかったのだろうと想像することが出来ますよね。

テーマであった植物と人間の関わり方とは、つまり日々テクノロジーが進歩しているこれからの時代、我々人間が木々や花などの自然とどう共生していくべきか、ということを表しています。 自然と隣合わせだった昔とは違い、現代は日常生活で自然は感じつつも、植物との共生という視点は日々薄れてきていますよね。 その点を私達にもう一度問いかけるという意味において、国際花と緑の博覧会は非常に重要な役割を担っていたと言えるでしょう。

同博覧会の影響は日本各地に及び、NHKの連続テレビ小説やサザエさん、さらには小説や映画など、あらゆる方面で国際花と緑の博覧会をモチーフとした作品が作られました。 科学などに比べ植物は少しマイナーな気がしますが、そのイメージを吹き飛ばすくらいの、世間からの認知度の高さを伺い知ることが出来るようです。

ページ上部へスクロール