国際科学技術博覧会記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
国際科学技術博覧会記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

国際科学技術博覧会記念硬貨買取
価値や詳細情報についてご紹介

このページでは【国際科学技術博覧会記念硬貨(1985年)】について詳しくご説明します。各種額面の国際科学技術博覧会記念硬貨の買取価格をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、国際科学技術博覧会記念硬貨に関する情報を詳しくまとめてご紹介します。

国際科学技術博覧会記念硬貨について

国際科学技術博覧会記念硬貨について

国際科学技術博覧会記念硬貨は、1985年に開催された「国際科学技術博覧会(つくば科学万博)」を記念して発行された記念硬貨です。 そのため「つくば国際科学技術博覧会記念硬貨」との名称もありますが、どちらも同じ記念硬貨のことを指します。
つくば博は大阪万博・沖縄海洋博に続き、日本で開催された3回目の国際博覧会であり、茨城県の筑波の名が広く知れ渡るきっかけにもなりました。

国際科学技術博覧会記念硬貨の発行数は7000万枚と、日本の記念硬貨の中でもかなり多い部類に入ります。 そのためお持ちの方も多く、かつ現行貨幣のため現在も通常に使用できます。ですが、30mmと大きめの記念硬貨のため自販機では認識されず、使用をためらわれる方も少なくないようです。 通常の500円硬貨の大きさが26.5mmですので、隣に並べてみると大きさの違いがよく分かります。

価値は現在は高騰していませんが、ミントセットなど額面を上回る価値を持っている国際科学技術博覧会記念硬貨もありますので、お手持ちの品と比べてみて頂ければ幸いです。
それでは、額面別に国際科学技術博覧会記念硬貨の買取価格や詳細をご紹介します。

国際科学技術博覧会100円記念硬貨について(買取情報等)

国際科学技術博覧会100円記念硬貨表面
国際科学技術博覧会100円記念硬貨裏面
発行年度:1985年(昭和60年)
発行枚数:7000万枚
量目:13g
サイズ:30mm
素材品位:銅75%.ニッケル25%
「国際科学技術博覧会記念硬貨」のデザインには茨城県のシンボルである「筑波山」、そして茨城県の県花である「梅」がが採用されています。 裏面には図案化した梅の花、中央につくば万博のシンボルマークが描かれ、レタリングは英語で「TSUKUBA EXPO '85 ◆」と表記があります。

国際科学技術博覧会記念硬貨は、発行枚数が7000万枚と多く、かつ比較的近年に発行された記念硬貨のため、価値としては500円のままです。 そのため買取業者でも額面通りの買取価格、もし未使用美品であれば600円前後の買取価格がつく可能性もある、といったところです。

ですが国際科学技術博覧会記念硬貨の"ミントセット"であれば、美品で1500円前後の買取価格が期待できます。 このミントセットはつくば博の会場限定で発売され、かつ発行数は10万部とあまり多くないため、額面以上の買取価格がつく可能性も高くなっているのです。
そして上記以外にも、NGC社・PCGS社など鑑定機関の鑑定済み、かつグレードの非常に高い品であれば、買取価格はこの限りではありません。 極めてグレードの高い国際科学技術博覧会記念硬貨であれば、大体5000円前後の買取価格も期待できますが、とても希少な品になっています。

国際科学技術博覧会記念硬貨は、現行貨幣のため通常に使用することも出来ますが、サイズが大きいため機械での支払いには対応できず、かつ見た目も通常貨幣と異なることから使用をためらわれる方も多いです。 買取業者であれば額面以上の価値がつく可能性もありますので、一度買取業者でのメール査定を挟み、買取業者の方が高額であれば売却、買取価格が低ければ銀行での両替をおすすめ致します。

(メール査定は、WEBサイトのフォーマットに入力するだけで簡単に買取価格を質問することが出来るので、5分もあれば買取価値を問い合わせることが可能です。 国際科学技術博覧会記念硬貨の買取価値は残念ながら額面ベースですが、その他の記念硬貨は額面以上の価値がついている物も沢山あります。 他の記念硬貨を収集するにあたっても、細かな価値や買取相場はその時々で上下しますので、正しい買取価値を知るためにも買取業者の無料査定をおすすめ致します。 )

1985年開催の国際科学技術博覧会について

国際科学技術博覧会記念硬貨とは?

1985年に開催された「国際科学技術博覧会」は、茨城県のつくばで開催された為に"つくば博"とも呼ばれる、科学技術研究と国民とを結ぶために開催された特別博です。 開催期間は1985年3月17日から9月16日までの計184日間であり、科学技術を題材として掲げた万博のため、マスコットキャラクター「コスモ星丸」や立体映像展示の数々など、近未来をイメージした品が並ぶ万博となりました。
国際科学技術博覧会は、日本を含む48ヵ国と37の国際機関が参加した大規模なものとなり、入場者数も2033万余りと、当時の特別博覧会史上において最高入場者数を記録しています。

記念硬貨にも描かれている国際科学技術博覧会のシンボルマークは、三角の頂点がつくばの山々を意味し、3つの角は人間・居住・環境を意味しています。 白い丸は太陽を、そして2つの輪は人間と科学を意味し、博覧会のテーマである”人間・居住・環境と科学技術”に沿うものとなっています。

国際科学技術博覧会の開催に伴って、仮設臨時駅として万博中央駅が設けられた他、臨時快速列車「エキスポライナー」、寝台列車「エキスポドリーム号」の設置なども行われました。 また、観光客に向けての宿泊施設の建設や医療拠点の確保など、筑波の地は急速に整備され、一大都市として急速に発展していったのです。

ページ上部へスクロール