長野オリンピック記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
長野オリンピック記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

長野オリンピック記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【長野オリンピック記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の長野オリンピック記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、長野オリンピック記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

長野オリンピック記念硬貨について

長野オリンピック記念硬貨について

長野オリンピック記念硬貨は、1998年に長野県で冬季オリンピックが行われたことを記念して発行された記念硬貨です。

長野オリンピック記念硬貨は、素材に金が使われている1万円記念硬貨、銀が使われている5000円記念硬貨、そして500円の白銅貨幣と、3種の異なる額面・素材にて発行されました。 さらに各記念硬貨には第一次から第三次までが存在し、それぞれで図柄が異なります。つまり、長野オリンピック記念硬貨には9種もの種類があるということです。
長野オリンピック記念硬貨の買取相場は最低でも500円から、最高では6~7万円前後の買取価格が期待できるものも存在し、それぞれの額面で大きく異なります。

それでは、額面別に長野オリンピック記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第一次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第一次)表面
長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第一次)裏面
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:1986万7000枚
量目:7.2g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅750、ニッケル250
1997年(平成9年)に発行された長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第一次)の図柄は、表面にスノーボード、裏面は共通図柄のライチョウが描かれています。 長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第一次)の買取価格は、大体額面ベースからの買取価格が期待でき、状態が良く美品査定となれば600円前後の買取価格になる可能性もあります。また、133,000万枚ずつ発行されたプルーフ貨幣(鏡面仕上げ)であれば、買取価格も800円前後まで期待できます。 発行枚数が多いため希少価値が薄く、単体での買取価格はあまり期待できませんが、他の記念硬貨の査定の際に一緒に提出すると、買取価格が上がる可能性もあります。

長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第二次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第二次)表面
長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第二次)裏面
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:1986万7000枚
量目:7.2g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅750、ニッケル250
長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第二次)も、発行枚数が約2000万枚と非常に多いためプレミア価値はついておらず、買取相場はこちらも額面ベースからが期待できます。 長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第二次)の図柄は、オリンピック競技のボブスレー、裏面には500円記念硬貨共通図柄のライチョウが採用され、オリンピック開催前年の1997年(平成9年)に発行されました。 第二次の長野オリンピック500円記念硬貨に至っても、第一次と同じくプルーフ貨幣が133,000万枚発行されており、こちらであれば買取価値に数百円の上乗せも期待できます。

長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第三次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第三次)表面
長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第三次)裏面
発行年度:1998年(平成10年)
発行枚数:1986万7000枚
量目:7.2g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅750、ニッケル250
長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第三次)の図柄は、競技のフリースタイルスキー(モーグル)が採用されています。長野オリンピック記念硬貨は第一次から順次発行されていった為、第三次の500円記念硬貨の発行年は1998年(平成10年)と、オリンピック開催が目前に迫った中での発行となりました。 長野オリンピック記念500円白銅貨幣(第三次)の買取相場は、こちらも発行数が多いため、額面通りの500円前後が期待できるようになっています。銀行での両替であれば額面以上の価値はつきませんので、もし少しでも高価買取を狙うのであれば、他の記念硬貨と合わせて買取査定に出してみるのもおすすめです。

長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第一次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第一次)表面
長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第一次)裏面
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:486万7000枚
量目:15.0g
サイズ:30.0mm
素材品位:銀925、銅75
長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第一次)の図柄は、競技のアイスホッケーが採用されており、裏面には長野オリンピック記念5000円銀貨幣の共通図柄のカモシカが描かれています。 長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第一次)の買取相場は、1枚辺り大体5000~6000円前後の買取価格が期待できるようになっています。長野オリンピック記念5000円銀貨幣は第一次~第三次まであり、それぞれ500万枚ずつの発行と、5000円記念硬貨の中ではかなり多い方です。残念ながらプレミアム価値は薄いままに留まっていますが、貨幣セットであればコレクション的な観点で価値が高い場合もあります。

長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第二次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第二次)表面
長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第二次)裏面
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:486万7000枚
量目:15.0g
サイズ:30.0mm
素材品位:銀925、銅75
長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第二次)の買取相場は、こちらも単品であれば額面通り~6000円前後の買取価格が期待できます。長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第二次)の図柄にはバイアスロンの様子が描かれており、裏面には長野県の県獣であるカモシカの姿が描かれています。ですが、133,000枚発行されたプルーフ貨幣(鏡面仕上げ)の買取価格は通常よりも高く、7000円前後の買取価格も期待することが出来ます。
また、貨幣セットであればコレクションとしての価値が付随する場合があり、買取価格も期待できるものになります。

長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第三次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第三次)表面
長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第三次)裏面
発行年度:1998年(平成10年)
発行枚数:486万7000枚
量目:15.0g
サイズ:30.0mm
素材品位:銀925、銅75
長野オリンピック記念5000円銀貨幣(第三次)は、表面にはアルペンスキー(パラリンピック)の図柄が、裏面は第一次~第三次まで共通のカモシカ図柄になっています。第三次の長野オリンピック記念5000円銀貨幣の買取相場は、5000円~6000円前後の買取価格が期待できます。こちらも通常品とともに133,000枚のプルーフ貨幣(鏡面仕上げ)が発行されており、買取相場が7000円程まで上昇する可能性があります。 長野オリンピックの記念硬貨はそれぞれ第一次から第三次まで順次発行され、最終の第三次に至っては1998年2月2日発行と、オリンピック開催日(1998年2月7日)の直前に発行されました。

長野オリンピック記念10000円金貨幣(第一次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念10000円金貨幣(第一次)表面
長野オリンピック記念10000円金貨幣(第一次)裏面
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:55000枚
量目:15.6g
サイズ:26.0mm
素材品位:純金
長野オリンピック記念10000円金貨幣(第一次)の図柄には、スキー選手のジャンプの姿が、裏面には長野県の県花であるリンドウが採用されており、第一次~第三次までの長野オリンピック金貨の共通図柄になっています。長野オリンピック記念10000円金貨幣(第一次)の買取相場は極めて高く、5万円以上の買取価格になることもあります。また、33000部が発行された1万円金貨と5000円銀貨、そして500円記念硬貨のプルーフ貨幣3点セットであれば、6~7万円の買取価格も期待できますので、3点合わせてお持ちであれば、是非とも3点セットでの買取査定をおすすめ致します。

長野オリンピック記念10000円金貨幣(第二次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念10000円金貨幣(第二次)表面
長野オリンピック記念10000円金貨幣(第二次)裏面
発行年度:1997年(平成9年)
発行枚数:55000枚
量目:15.6g
サイズ:26.0mm
素材品位:純金
長野オリンピック記念10000円金貨幣(第二次)の買取相場は、こちらも約5万円以上の買取価格が期待できます。また、22000枚が発行されたプルーフ貨幣の金貨同じく高価買取が期待でき、ケース等の付属品が全て揃い、かつ美品状態であれば6万円前後の買取価格が期待できるようになっています。長野オリンピック記念10000円金貨幣(第二次)の図柄はフィギュアスケートが採用されており、裏面には共通図柄のりんどうの花が描かれています。
こちらも、金貨と銀貨、500円記念硬貨のプルーフ貨幣3点セットであれば6万円前後の買取価格も期待できます。

長野オリンピック記念10000円金貨幣(第三次)について(買取情報等)

長野オリンピック記念10000円金貨幣(第三次)表面
長野オリンピック記念10000円金貨幣(第三次)裏面
発行年度:1998年(平成10年)
発行枚数:55000枚
量目:15.6g
サイズ:26.0mm
素材品位:純金
長野オリンピック記念10000円金貨幣(第三次)の図柄表面にはスピードスケートの様子が、裏面は共通図柄のりんどうの花が採用されています。発行年度は第三次のみ1998年(平成10年)です。長野オリンピック記念10000円金貨幣(第三次)の買取相場も、第一次、第二次記念金貨と同じく、5万円以上の買取価格も期待できます。買取業者によっては6万円前後の買取価格も十分期待できる記念硬貨ですので、是非とも買取の際は、複数の買取業者を利用しての相見積もりをおすすめ致します。(ちなみに図柄によってのプレミア価値はついていないため、第一次~第三次記念金貨の買取相場は全て共通になります。)

1998年長野オリンピックについて

長野オリンピックとは?

20世紀最後の冬季オリンピックとして1998年に開催された、長野オリンピック。 2月7日から約二週間に渡って行われ、多くの賑わいを見せます。

長野県の他、オリンピックの候補地として挙げられていたのは、アメリカやイタリア、スウェーデン、スペインです。 長野県はオリンピック開催候補地の中でも、最も南に位置する国であったため、もしかしたら少しだけ不利になるかもという予想がなされていました。 しかし5回あった投票のうち4回も一番の投票数を獲得し、めでたく長野県はオリンピックの開催地として決定されることになります。

オリンピックの開会式というと夜のイメージが強いですが、長野のオリンピックの開会式は昼間に行われました。 それまでに活躍したスポーツ選手や著名人が開会式を盛り上げる中、やはり一番の見せ所は”善光寺の鐘の音”でしょう。 善光寺とは、長野県長野市に所在しており、江戸時代には”一生に一度は善光寺詣り”と言われ、多数の参拝客が訪れた寺院です。 正確に言うと、長野オリンピックの様々な催し物を出す合図としてこの善光寺の鐘の音が鳴らされたのですが、それでも開会式でお寺の鐘を鳴らすというのは、まさに日本ならではの風情の出し方ですよね。

1997年2月7日に華々しく開会式を迎え、その後オリンピック競技が始まると、各国は白熱した戦いを見せます。 長野オリンピックでは、それまでの既存競技に加えて74年ぶり以来となるカーリング、プロ選手の参加が認められたアイスホッケーなど、多種多様なスポーツが行われました。 気になる結果としては、メダル獲得数で見てみると一位がドイツ、二位がスウェーデンと上位をヨーロッパ勢が占めます。

肝心の日本は、第七位と大健闘でした。やはりメダルの数も大事ですが、20世紀最後の冬季オリンピックとして長野が選ばれたこと、そしてオリンピックを通してスポーツの素晴らしさを改めて確認出来たことこそ、この大会最大の功績でしょう。

ページ上部へスクロール