内閣制度創始100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
内閣制度創始100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

内閣制度創始100周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【内閣制度創始100周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の内閣制度創始100周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、内閣制度創始100周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

内閣制度創始100周年記念硬貨について

内閣制度創始100周年記念硬貨について

内閣制度創始100周年記念硬貨はその名の通り1885年に内閣制度が始まってから100周年を記念して発行された記念硬貨です。

内閣制度創始100周年記念硬貨は額面が500円の1種類だけ発行されており、発行枚数は7000万枚と非常に多くの枚数が発行されています。現存数が多く、希少性もそこまで高くない事から内閣制度創始100周年記念硬貨の買取相場は基本的には額面である500円に近い金額となる事が多く、ミントセットや完美品であったとしても高価買取は期待しづらい記念硬貨です。

それでは、額面別に内閣制度創始100周年記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

内閣制度創始100周年記念500円白銅貨について(買取情報等)

内閣制度創始100周年記念硬貨表面
内閣制度創始100周年記念硬貨裏面
発行年度:1985年(昭和60年)
発行枚数:7000万枚
量目:13g
サイズ:30mm
素材品位:銅750.ニッケル250
内閣制度創始100周年記念500円白銅貨は表面に内閣総理大臣の官邸が描かれ、裏面には内閣の印と額面が算用数字の500が描かれています。発行枚数が7000万枚と多い事から、内閣制度創始100周年記念硬貨の買取相場はほとんどの場合が額面通りの500円が買取価格と考え、極美品であっても良くて800円位が内閣制度創始100周年記念硬貨の買取相場です。
内閣制度創始100周年記念硬貨を単体で買取依頼をするのであれば、極美品以外は買取価格が額面を超えないのでスーパーやコンビニで使用しても特に問題なく、古銭の買取依頼をする場合は他の品物とまとめて買取依頼するとよいでしょう。

内閣制度発足について

内閣制度とは?

内閣制度が発足したのは、今から約133年前の1885年12月22日のことになります。明治維新が起こり江戸から明治へと時代が変わると、それにより日本を取り巻くあらゆる環境が大幅に変化するようになりますが、法令の形は右大臣や左大臣を受け継ぐような太政官布告と呼ばれるものでした。

そんな中、ヨーロッパの進んだ政治制度を目の当たりにした板垣退助らを含む他数人が、政治に対する同じ目的を持った人達で構成する「政党」を作りあげて政治を執行していくべきだ、という民撰議院設立建白書を明治政治に提出します。これらの動きに感化され、一般市民も自由民権運動という形で自らの意思を示していくわけですが、政党を作りあげるには国の最高機関であり国民の代表機関でもあるような国会を作る必要がありました。

しかしこの国家を作るにもまた、憲法や権利・義務などの様々なものを作りあげる必要があったため、明治天皇は元々英語が堪能だった伊藤博文をイギリスへと留学させ、ヨーロッパの法令や行政制度について学ばせます。留学からの帰国後、伊藤は早速大日本帝国憲法の起草に着手。そして1885年に、内閣制度を発足させることになるのです。

それまでの日本の政治体制とは全く違ったものであったため、第一次伊藤内閣はまずはこの体制の基盤を固めることに力を尽くしました。しかし内閣のバランスを取るために、同じ思想を持つ薩摩や長州藩の人物で中を固めたため、いわゆる藩閥政府と呼ばれる形を取るようになります。それがまた国民からの強い反発を呼ぶ事となり、内閣制度を発足してからも理想とする国にするまでには多くの困難を要しました。

ページ上部へスクロール