南極地域観測50周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
南極地域観測50周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

南極地域観測50周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【南極地域観測50周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、南極地域観測50周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

南極地域観測50周年記念硬貨について

南極地域観測50周年記念硬貨について

南極地域観測50周年記念硬貨は、その名の通り日本が南極地域を観測してから50周年を迎えることを記念して発行された記念硬貨です。

南極地域観測50周年記念硬貨は額面が500円の1種類だけ発行されており、発行枚数は660万枚と多くの枚数が発行されています。また、そのうち18万枚は平成19年銘の通常貨幣6種(500円・100円・50円・10円・5円・1円)を含むミントセットとして販売されました。
現存数が多く、希少性もそこまで高くない事から南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場は基本的には額面である500円に近い金額となる事が多く、ミントセットや完美品であったとしても高価買取は期待しづらい記念硬貨です。

それでは、額面別に南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

南極地域観測50周年記念500円黄銅貨について(買取情報等)

南極地域観測50周年記念硬貨表面
南極地域観測50周年記念硬貨裏面
発行年度:2007年(平成19年)
発行枚数:660万枚
量目:7g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅750.亜鉛200.ニッケル80
南極地域観測50周年記念500円黄銅貨は、表面には樺太犬の”タロ”と”ジロ”、そして初代の南極観測船の”宗谷”が図柄となっており、裏面には南極大陸の地図が描かれています。裏面地図についている×印は、南極観測基地の場所を示しています。
発行枚数は660万枚と、80年代などに発行されていた記念硬貨より数は落ち着いているものの、まだ希少性がつく数とはいえず、平成19年と近年に発行されていることから、南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場はほとんどの場合が額面通りの500円が買取価格と考え、極美品であっても良くて800円位が南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場です。
また、ミントセットも同年に発行されましたが、こちらもプレミア価値はついていない為、買取に出されるとすれば額面通り~数百円の上乗せでの買取価格が期待できます。
南極地域観測50周年記念500円黄銅貨自体に希少価値はついていませんが、他の記念硬貨や記念コイン類とまとめて買取を依頼することで、若干買取価格が上がる可能性もあります。

日本の南極地域観測について

南極地域観測とは?

日本の初南極観測が行われたのは、今から約108年前の1910年のこと。 それから時を経て1956年には本格的な探検隊が結成され、それを契機に現在に至るまでの継続的な南極観測が行われることになります。

1910年の12月に東京から出航した南極への船は、年をまたいだ翌年2月に氷海に到着します。 そこからまた、南極南部にあるロス海へと船を進めることになるのですが、南半球にある南極大陸は夏の季節が過ぎようとしていました。 夏でさえ十分な寒さがある南極は、冬になれば到底人が居られる環境ではありません。 そこで止むを得ず船を引き返し、冬が終わるまでオーストラリアで待機することになります。

そして、冬が過ぎた同年11月26日に船を再出航。約一年の時を経て、ようやく日本船が南極大陸へと上陸することになるのです。 隊は上陸したその地点を「開南湾」と名付け、探検した辺り一帯を「大和雪原」と命名しました。 また隊長であった白瀬矗から名前を取り、白瀬海岸と呼ばれる地を作るなど、この探検で日本は南極大陸にいくつもの足跡を残してきます。

そして、1912年6月20日に第一回目の南極探検を終えることになり、第二次世界大戦を挟んで1956年から、第二回目の南極探検が再開されました。 第二回目では皆さんご存知の昭和基地が開設されたりと、より確固とした日本の拠点基地が定められることになるのですが、この拠点基地の決定により、現在の日本の南極観測の基礎が築き上げられるのです。

ページ上部へスクロール