日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。 (※正式名称が非常に長く、簡略名として「日伯交流年・移住百年記念硬貨」や「日伯記念貨幣」とも呼ばれている記念硬貨です。)

各種額面の日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨について

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨について

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨は、 2008年の”日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年”を記念して発行された記念硬貨です。

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨は額面が500円の1種類だけ発行されており、発行枚数は480万枚と非常に多くの枚数が発行されています。 現存数が多く希少性もあまり高くない事から、日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨の買取相場は、基本的には額面である500円に近い金額となる事が多く、ミントセットや完美品であったとしても高価買取は期待しづらい記念硬貨です。

それでは、額面別に日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念500円ニッケル黄銅貨幣について(買取情報等)

日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨表面
日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念硬貨裏面
発行年度:2008年(平成20年)
発行枚数:480万枚
量目:7g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅720.亜鉛200.ニッケル80
日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念500円ニッケル黄銅貨幣には、表面には笠戸丸とブラジル地図、裏面には桜とコーヒーが描かれています。
発行数が480万枚と多く、かつ貨幣セットに至っても142,000セットが販売されたことから希少性は高くなく、日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念500円ニッケル黄銅貨幣の買取相場はほとんど額面通りの500円前後に留まります。
美品であっても600円前後の買取価格にしか伸びませんが、銀行で換金すると額面以上の買取価格にはならないため、少しでも高価買取を行うのであれば、記念硬貨の買取業者に買取可能か尋ねてみる価値はあるでしょう。

当時の日本とブラジルの関係について

当時の日本とブラジルの関係について

日本とブラジルの関係はとても古く、両国が正式に外交関係を結んだのは、今から約123年前の1895年です。 20世紀に入る前に国交を結んだため、わずか13年後の1908年には、すでに日本人は移民として、遠く離れたブラジルの地へと足を踏み入れいれます。

当時のブラジルは労働者が不足していたため、世界各国から移民を受け入れていました。 また日本も、アメリカやオーストラリアなどの日本人移民の受け入れの制限により移民先が減少し、新たな場所を探していました。 移民を受け入れたい側と送りたい側、希望が一致した両国は1907年に契約し、翌年の1908年には日本人は家族単位でブラジルへ渡ることになるのです。 移民先での暮らしは決して良いものとは言えなかったものの、日本人は自国から持ち込んだ農作物を栽培したり、お店を開いたりまたは医師として開業するなど、自らの手で生活環境を切り開いて、豊かな生活を手に入れます。

ブラジルへの移民で成功する人がいる一方、世界では日本人の受け入れ制限がますます深刻化していき、国としてもブラジルへ移民するようにとの呼びかけがより一層強まります。 政府はブラジルへ渡るための渡航費も保証したので、移民先を失った日本人の多くはブラジルへと渡りました。

たくさんの日本人がブラジルへと渡り、生活しそこで世代を確立していったため、現在でも日系ブラジル人の方が非常に多くいるのですね。 昔は日本人がブラジルへ渡る存在だったものの、今ではブラジル人が日本へ多くやって来るようになり、現在日本にいるブラジル人は約17万人にも上ります。 時を経てもなお、日本とブラジルの関係は確固としたものがあるのです。

ページ上部へスクロール