日本万国博覧会記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
日本万国博覧会記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

日本万国博覧会記念硬貨買取
価値や詳細情報についてご紹介

このページでは【日本万国博覧会記念硬貨(1970年)】について詳しくご説明します。各種額面の日本万国博覧会記念硬貨の買取価格をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、日本万国博覧会記念硬貨に関する情報を詳しくまとめてご紹介します。

日本万国博覧会記念硬貨について

日本万国博覧会記念硬貨について

まずは日本万国博覧会記念硬貨についてご紹介します。日本万国博覧会記念硬貨とは、1970年に大阪で開催された万国博覧会を記念して発行された記念硬貨です。 そのため、大阪万博記念硬貨、もしくはexpo70記念硬貨とも呼ばれていますが、造幣局公式の名称は”日本万国博覧会記念100円白銅貨幣”です。
日本万国博覧会記念硬貨は、1964年東京オリンピック記念硬貨に次いで発行された日本で2番目の記念硬貨で、額面は100円の1種類が発行されました。
それでは、日本万国博覧会記念硬貨の買取価格や詳細をご紹介します。

日本万国博覧会記念白銅貨幣について(買取情報等)

日本万国博覧会100円銀貨表面
日本万国博覧会100円銀貨裏面
発行年度:1970年(昭和45年)
発行枚数:4000万枚
量目:9g
サイズ:28mm
素材品位:銅75%.ニッケル25%
日本万国博覧会100円記念硬貨は1970年3月10日に発行され、同年7月9日には追加発行も行われています。 表面には、葛飾北斎が描いた富嶽三十六景「赤富士」が採用され、裏面には大阪万博の桜のシンボルマークがデザインされています。 発行枚数が4000万枚と多いために希少性はそれほど高くなく、美品であれば200円前後の買取価格が期待できますが、大体は額面通りの100円程度の買取価格に収まります。

ですが、海外へ向けて発行されたミントセットであれば買取価値は高く、美品であれば大体2000円前後の買取価格が期待できます。 また、万国博覧会100円記念硬貨は"日本で初めて記念貨貨幣セットになった記念硬貨"で、こちらの記念貨貨幣セットであれば1万円前後の買取価格も期待できるでしょう。

1970年開催の日本万国博覧会について

記念硬貨とは?

1970年に大阪府で開催された万国博覧会は、日本で最初、そしてアジア内でも初めて開催された記念すべき国際博覧会となり、総入場者数は約6,421万人と大好評のうちに幕を閉じました。 本当は1940年に東京で万博が開催される予定だったのですが、日中戦争の激化によって開催を断念しています。そのときに発行されていた前売り券は大阪万博でも使うことが出来たため、実際に約3000枚が使用されました。

”人類の進歩と調和”をテーマに開催された万国博覧会は77の国々、その他数々の都市や企業も参加し、展示館は計116にも及ぶ大規模なものとなりました。 参加開会式の感動はテレビでも中継され、日本や世界各地から沢山の入場者が訪れ、時に入場制限が実施された日もあったそうです。
万国博覧会を機に普及した品々も多く、例えば動く歩道やモノレール、缶コーヒーなどは非常に有名で、私たちは万国博覧会で夢膨らませた未来を生きているのです。

万国博覧会記念メダル(expo70記念メダル)の買取価値について

万国博覧会記念メダル(expo70記念メダル)の買取価値とは?

万博の開催を記念して、記念硬貨だけでなく"記念メダル"や各種記念グッズなども多数発売されました。 記念メダルは素材によっては買取価値が高く、1枚で数万円の買取価格がつくような記念メダルも存在します。 ここでは、万博記念メダルの価値や買取価格を紹介していきますので、お手持ちのコインが上記の万博記念硬貨に当てはまらなかった方も、ぜひ参考にしてください。

万博記念メダル(金メダル)の買取価値について

万博記念メダル(金メダル)

「EXPO'70 日本万博博覧会記念メダル」は造幣局が発行した記念メダルで、素材はK18、直径は27mm、量目は13.4gです。図柄は万国博覧会の桜のシンボルマークが採用されています。買取価格は金の相場に大きく依存し、現時点であれば1枚辺り4万円前後の買取価格が期待できます。

万博記念メダル(銀メダル)の買取価値について

万博記念メダル(銀メダル)

「EXPO'70 日本万博博覧会記念メダル」の銀メダルは、素材はシルバー925で直径は34mm、量目は18.4gです。図柄は他の記念メダルと同一です。買取価格は、現時点では1枚辺り500円前後の買取価格が期待できます。こちらも銀の相場によって買取価格は変わってきます。

万博記念メダル(銅メダル)の買取価値について

万博記念メダル(銅メダル)

上記の金・銀メダルと共に3点セットで発売されたのが、「EXPO'70 日本万博博覧会記念メダル」の銅メダルです。直径が34mm、量目は16gです。金・銀・銅メダルの3点セットであれば、大抵の買取業者は丸ごとでの買取価格を算出してくれますが、銅メダル単体だと買取は難しくなっています。図柄は金メダル・銀メダルと同じく万博のシンボルマークが採用されており、当時の思い出を鮮やかに思い起こすことが出来る一品です。

万博記念メダル(プラチナメダル)の買取価値について

万博記念メダル(プラチナメダル)

万博の記念メダルは上記の金・銀・銅3点セットの品が多いですが、稀にプラチナ製の記念メダルも目にすることがあります。こちらも造幣局発行で、品位はpt1000、直径29、量目は27.1gです。買取価格はその時々のプラチナの相場によって大きく変わりますが、現時点であれば一枚辺り9万円前後の買取価格が期待できます。

ページ上部へスクロール