沖縄復帰20周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
沖縄復帰20周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

沖縄復帰20周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【沖縄復帰20周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。各種額面の沖縄復帰20周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、沖縄復帰20周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

沖縄復帰20周年記念硬貨について

沖縄復帰20周年記念硬貨について

沖縄復帰20周年記念硬貨はその名の通り1972年の沖縄復帰から20年を記念して、1992年に発行された記念硬貨です。

沖縄復帰20周年記念硬貨は額面が500円の1種類だけ発行されており、発行枚数は2000万枚と非常に多くの枚数が発行されています。現存数・流通数ともに多く、希少性もそこまで高くない事から沖縄復帰20周年記念硬貨の買取相場は基本的には額面である500円に近い金額となる事が多く、ミントセットや完美品であったとしても高価買取は期待しづらい記念硬貨です。
また、記念硬貨収集ブームの下降に伴い、かつてコレクターだった方が整理・処分されるケースも増えており、中古市場でもよく見かける記念硬貨でもあります。

それでは、額面別に沖縄復帰20周年記念硬貨の買取相場や詳細をご紹介します。

沖縄復帰20周年記念500円白銅貨について(買取情報等)

沖縄復帰20周年記念硬貨表面
沖縄復帰20周年記念硬貨裏面
発行年度:1992年(平成4年)
発行枚数:2000万枚
量目:13g
サイズ:30mm
素材品位:銅750.ニッケル250
沖縄復帰20周年記念硬貨は、記念硬貨表面には首里城の正殿、裏面には昇竜と「沖縄復帰二十年500円」と描かれています。 発行枚数は2000万枚と多い事から、沖縄復帰20周年記念硬貨の買取相場はほとんどの場合が額面通りの500円が買取価格と考え、極美品であっても良くて600円位が沖縄復帰20周年記念硬貨の買取相場です。

また、通常の記念硬貨の他にプルーフ貨幣も発行されましたが、こちらは47000枚の発行と少ないため希少性があり、古銭買取業者や記念硬貨買取業者利用の場合、800~1000円前後の買取価格まで期待できます。

沖縄返還について

沖縄返還とは?

沖縄返還が行われたのは、1972年の5月15日です。 それまでの長い歴史、まだ琉球王国であった時代から沖縄は様々な藩や国の影響を受けていましたが、第二次世界大戦の終結により、1951年に正式にアメリカの政権下に置かれることになります。

その当時、世界では大きな大戦が終わったにもかかわらず、朝鮮戦争やベトナム戦争などまた新たな戦争問題が勃発していました。 その流れに生じてアメリカとソ連、つまり東西の敵対関係もより一層強固なものとなり、アメリカはソ連に対抗するかのように、沖縄を軍事基地として戦争の重要拠点地と定めてしまいます。
しかしそのような状態に置かれた沖縄は、アメリカの行動に断固として反対。 軍事基地ができアメリカ兵がやってくることで、また新たな問題が起こったことから、「日本に復帰させよ」と沖縄で民間運動が行われるようになるのですね。

民間運動が激化したこと、さらにはアメリカ軍による数々問題が表面化したことから、1969年にニクソン大統領が日本に沖縄を返還するとついに約束します。 この決定により日本全土が湧くのですが、決定の裏には軍基地は残したままという国民が期待したような条件は付けられておらず、形上の返還の約束でした。

このような条件が付けられていましたが、二年後には日本とアメリカは条約を締結し、沖縄が返還されることになります。 しかし、返還という名目ではあったものの、そのために日本はアメリカに対して多額のお金を支払うなど、日本にとっては決して好条件ではなかったことは否めないようです。

ページ上部へスクロール