裁判所制度100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
裁判所制度100周年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

裁判所制度100周年記念硬貨について
買取相場や詳細情報についてご紹介

このページでは【裁判所制度100周年記念硬貨】について買取情報等を詳しくご説明します。
各種額面の裁判所制度100周年記念硬貨の買取相場をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、裁判所制度100周年記念硬貨に関する情報をまとめてご紹介します。

裁判所制度100周年記念硬貨について

裁判所制度100周年記念硬貨について

裁判所制度100周年記念硬貨は、1990年(平成2年)に裁判所制度が100周年を迎えたことを記念して発行された記念硬貨です。

裁判所制度100周年記念硬貨は額面が5000円の1種類のみが発行されており、発行枚数は500万枚と、5000円と高額面の記念硬貨にしては発行が多い方になっています。 そのため希少性はあまり高くなく、プレミア価値もついていませんが、額面が5000円と高額なことから、買取に出す価値は十分にあるといえるでしょう。 貨幣として最低5000円の価値も必ず持っていますので、買取業者に問い合わせてみて額面以下の買取価格になった場合は、銀行で両替を検討するのも手かと思います。

それでは、5000円記念硬貨の1種類のみではありますが、裁判所制度100周年記念硬貨の買取相場や詳細を一覧形式でご紹介します。

裁判所制度100周年記念5000円銀貨幣について(買取情報等)

裁判所制度100周年記念硬貨表面
裁判所制度100周年記念硬貨裏面
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:500万枚
量目:15g
サイズ:30mm
素材品位:銅925.銅75
裁判所制度100周年記念5000円銀貨幣は、表面には最高裁判所の大法廷が、裏面には職員のマークと”大はんごん草”が描かれています。大はんごん草の花言葉は「正義」で、裁判所をテーマにした記念硬貨の図柄としては非常に相応しい花であったといえるでしょう。
裁判所制度100周年記念5000円銀貨幣の買取相場は、おおよそ4000円~6000円の内で買取られることが多く、額面を上回るか下回るかは買取業者の判断によって変わります。額面以下の買取価格となれば銀行での両替も可能ですので、査定額によって選ぶのが良いかと思います。

裁判所制度の発足当初について

裁判所制度の発足当初について

日本で裁判所制度が発足したのは、100年以上も前の1890年のことになります。 当時はまだ明治時代だったということもあり、大日本帝国憲法下での発足でした。

最高裁判所の位置に大審院、その下に控訴院、さらには行政事件専用の行政裁判所や皇族間の問題を対象にした皇族裁判所など、大日本帝国憲法下におかれた裁判所制度の構成は、現在とは大きく異なるものになります。また国内だけでなく、当時日本が統治していた朝鮮や台湾専用の裁判所があったことも、現在との大きな違いでしょうか。

皇族裁判所があることからも分かる通り、大日本帝国憲法においての天皇の位置に追随する裁判所制度だったのだと理解することが出来ます。 当時は、天皇を国の象徴ではなくトップと位置づけていましたよね。

また、軍人向けの裁判所である軍法会議が発足したのも、明治時代の歴史や背景を色濃く表しています。 これら全ての裁判所は、対処する内容は違えど、前述したように天皇の名の下に行われるのが基本でした。
さらに、処分だったり法令や規則に何か違和感を感じた場合、それは違うのではないかと指摘出来る、現在でいう違憲立法審査権が設立されなかったため、平等や公平性といった点では偏りがあったようです。

いずれの点においても、発足当初は現在とは大きく異なる裁判所がいくつも設立され、司法の在り方も完全には独立していませんでした。 内閣制度自体が出来たのも、裁判所制度が発足する数年前だったので、まだ探り探りの状態であったのでしょう。

ページ上部へスクロール