天皇陛下御在位50年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
天皇陛下御在位50年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

天皇陛下御在位50年記念硬貨買取
価値や詳細情報についてご紹介

このページでは【天皇陛下御在位50年記念硬貨(1976年)】について詳しくご説明します。各種額面の天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取価格をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、天皇陛下御在位50年記念硬貨に関する情報を詳しくまとめてご紹介します。

天皇陛下御在位50年記念硬貨について

天皇陛下御在位50年記念硬貨について

まずは天皇陛下御在位50年記念硬貨についてご紹介します。天皇陛下御在位50年記念硬貨はその名の通り、昭和天皇の御在位50年を記念して発行された記念硬貨です。

天皇陛下御在位50年記念硬貨は、額面が100円の1種類だけ発行されており、発行枚数は7000万枚と、非常に多くの枚数が発行されました。 記念硬貨の発行から数十年が経つ現在においても、残っている数が多く、希少性もそれほど高くありません。そのため単体では高価買取は期待しにくい記念硬貨ではありますが、複数まとめての売却や、他の記念硬貨と合わせて買取してもらうことで十分な買取価格も期待できるようになります。

それでは、100円硬貨の1種類のみではありますが、天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取相場や詳細を一覧形式でご紹介していきます。

天皇陛下御在位50年記念100円硬貨について(買取情報等)

天皇陛下御在位50年記念100円硬貨表面
天皇陛下御在位50年記念100円硬貨裏面
発行年度:1976年(昭和51年)
発行枚数:7000万枚
量目:12g
サイズ:30mm
素材品位:銅750.ニッケル250
天皇陛下御在位50年記念100円硬貨は、表面には皇居と二重橋が描かれており、裏面には中心に菊の御紋と、両端に小さく鳳凰が描かれています。記念硬貨表面には「御在位五十年」「昭和51年」と記されており、額面である「100円」とも書かれています。 天皇陛下御在位50年記念100円硬貨の買取相場は、大体額面通りの100円前後に留まるケースが多く、かなり綺麗な美品であれば300円前後までの買取価格を見ておくと良いでしょう。
天皇陛下に関連する記念硬貨は、こちらの天皇陛下御在位50年記念100円硬貨の他にも複数発行されていますので、もし上記の写真とお手持ちの記念硬貨が合致しない場合、下記リンクの記念硬貨の一覧から探してみてください。

昭和天皇が即位された時のことについて

昭和天皇が即位された時のことについて

1901年に、この世に生を受けた昭和天皇。 そんな昭和天皇は1921年11月25日に、わずか25歳という若さで即位されます。 天皇に即位されたと同時に、元号も大正から昭和へと変更されたため、以前の大正天皇と同じく、元号を用いての名称となりました。

天皇はまさに日本を象徴する人物でもあるので、古代より国のトップに立ち続けていましたよね。 何か国にとって重要なことを決定するのも天皇の役目でありますし、それほど日本においての影響力はずっと絶大なものがありました。

しかし昭和天皇が即位された当時は、まさに軍事の時代。 世界各地で頻繁に戦争が行われており、日本もその戦争の渦中に加わることになります。世界が戦争の最中であると、日本としてもいかに強くなれるのか、他国にその強さを証明出来るのかという国の強さに焦点が当てられるようになり、次第に軍人達が台頭するようになるのですね。

軍や政府の力が強力になると、天皇の権力は以前よりもずっと下へと落ちてしまいます。実際に国を動かしてしたのは政府そして軍人でしたから、この力の差は必然的なものであったと言えるのでしょう。

そんな状況下での即位だったので、即位後の天皇の活動は形式上は日本国という一つの国が取り仕切るというものであったものの、実際にその指令を出すのは軍や政府でした。そのため、天皇はその指令に従う形を取らさざるを得ない現状に置かれることになります。権力というのは常に一定のものではなく、時代によって変遷するということを、この昭和天皇の即位を見ることで実感することが出来ます。

ページ上部へスクロール