天皇陛下御在位30年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介
天皇陛下御在位30年記念硬貨買取の買取情報や価値、概要をご紹介

天皇陛下御在位30年記念硬貨買取
価値や詳細情報についてご紹介

このページでは【天皇陛下御在位30年記念硬貨(2019年発行予定)】について詳しくご説明します。各種額面の天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取価格をはじめとし、価値や歴史、素材や描かれた絵柄の特徴など、天皇陛下御在位30年記念硬貨に関する情報を詳しくまとめてご紹介します。

天皇陛下御在位30年記念硬貨について

天皇陛下御在位30年記念硬貨について

天皇陛下御在位30年記念硬貨とは、今上天皇の在位30年を記念して2019年(平成31年)に発行される予定の記念硬貨のことを指します。

天皇陛下御在位30年記念硬貨は、500円記念硬貨と1万円記念金貨幣の2種類がデザインされ、500円記念硬貨は金融機関での引換方式、1万円金貨は通信販売が行われる予定です。
それでは、額面の小さい順に、天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取価格や詳細を一覧でご紹介します。

天皇陛下御在位30年500円記念硬貨について(買取情報等)

天皇陛下御在位30年500円記念硬貨表面
天皇陛下御在位30年500円記念硬貨裏面
発行年度:2019年(平成31年)予定
発行枚数:500万枚
量目:7.1g
サイズ:26.5mm
素材品位:銅75%.亜鉛12.5%.ニッケル12.5%
天皇陛下御在位30年記念貨幣の500円記念硬貨には、裏面には菊花紋章が描かれ、表面には儀装馬車のデザインが採用され、桐と白樺で飾られています。
天皇陛下御在位30年500円記念硬貨は、金融機関での引換が行われる予定で、発行数も500万枚と少なくはないため、将来的なプレミア価値はあまり期待できません。 ですが、これまでの引換式記念硬貨の人気を鑑みるに、金融機関によっては引換日早々に品切れになってしまう可能性もありますので、入手を希望される方は当日お早目に引換しておいた方が良いかも知れません。

天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣について(買取情報等)

天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣表面
天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣裏面
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:5万枚
量目:20g
サイズ:28mm
素材品位:純金
天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣は、製造に額面以上の費用が掛かってしまうため、あらかじめ額面以上の定価で販売される”プレミアム型記念貨幣”として発行されます。定価は単体で138,000円と予定されており、純金製でケースに封入された状態で販売されます。1986年発行の天皇陛下御在位60年記念10万円金貨幣での大量偽造事件を受け、日本の記念硬貨は”地金価値より高い価格で販売されるが、貨幣としての額面をそれより低くする”タイプの記念硬貨が多くなりました。 天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣の図柄は、表面には鳳凰、裏面には菊花紋章が採用されています。

天皇陛下御在位30年記念1万円金貨幣は、まだ発行されていない記念硬貨ですので将来的な買取価値は未知数ですが、販売後しばらくは定価をベースとした買取価値も期待できそうです。
ページ上部へスクロール