金札買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
金札買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

金札買取なら
金札に関する買取価値や概要の一覧

明治時代以前に発行されていた紙幣である金札の買取相場や概要を一覧でご紹介。金札には「幕府札」「政府札」「府券札」と種類がありますが、有名な金札はこのページでまとめてご紹介します。

まず、【金札について】ご紹介

金札とは?

金札とは旧紙幣(古紙幣)の一種です。ですが、明治新政府によって発行が始まった明治通宝以降のお札は「旧紙幣(古紙幣)」と呼び、それ以前に発行されていたお札を「金札」と分けて紹介しているのを以前確認できたので、当サイトでも旧紙幣と金札を分けてご紹介します。

さて、金札についてですが上記の通り「旧紙幣」と区別するために呼んでいるだけなので特に説明することがありません。敢えて言いますと、「兵庫開港要求をする為」など、金札の種類によって発行する目的が異なりますので、その点については各種金札の紹介をするときに買取相場と併せてご紹介します。
金札は全体的に買取価格が期待できる種類が多いので、金札買取の際には買取相場を調べておく事をおすすめします。

金札の買取価格を正確に知る方法

金札の買取価格の調べ方

金札の買取価格に関してですが、金札は形状が紙幣ですので基本的に状態劣化がしやすい古銭です。

その為、状態による買取価格の差が大きく正確な買取価格の算出は買取業者の判断によってぶれるので難しいです。ある程度の目安は、当サイトでも全ての金札の買取相場をご紹介していますが、手軽かつ正確に軍票の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、軍票の買取価格や価値を調べるのはこの方法がおすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をするとよいです。販売経路の違いから古銭買取業者ごとに金札の買取価格相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な金札の買取価格が判明します。

金札を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する金札の種類一覧

このページで紹介する金札の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

地金型金札一覧(発行年度順)

※商品名タップでスクロールします

金札の買取価格や価値・概要

「江戸横浜通用札」の買取・価値・概要情報

江戸横浜通用札
発行年度:慶応3年(1867年)
額面の種類:25両、10両、5両、1両
江戸横浜通用札とは、横浜での貿易用に作られた金札で、25両、10両、5両、1両の4種の額面があります。徳川幕府が統治をはじめてから最初に発行された金札だったのですが、流通期間が短く発行数も少なかったため、希少価値が高くなっています。江戸横浜通用札の買取相場は、安いものでも10万円前後の買取価格が期待でき、最も希少価値が高い25両の江戸横浜通用札になると、50万円前後の買取価格も期待できるようになります。

「江戸関八州通用札」の買取・価値・概要情報

江戸関八州通用札
発行年度:慶応3年(1867年)
額面の種類:200両、100両、50両、25両、1両
江戸関八州通用札は、幕府の財政を補填するために作られた金札で、三井財閥によって発行されました。江戸関八州通用札は、上記の江戸横浜通用札とほぼ同時期に発行されたため、図柄もよく似ています。
江戸関八州通用札の買取相場は、こちらも発行数が少なかったために希少価値が高く、安い種類でも10万円前後の買取価格が期待できます。価値が高い種類で、かつ綺麗な状態のものだと50万円以上の買取価格になることもあります。

「兵庫開港札」の買取・価値・概要情報

兵庫開港札
発行年度:慶応3年(1867年)
額面の種類:金1両、金2分、金1分
兵庫開港札は、兵庫県で港が開かれる際に作られた金札で、大阪にいる富豪たちに出資を募り、商社会社を設けて発行されたという経緯があります。兵庫開港札は、あまり希少性が高くないため、買取相場も大体数千円~1万円前後に留まります。上記の江戸横浜通用札・江戸関八州通用札は関東で流通した金札ですが、こちらの兵庫開港札は関西で使われていました。

「太政官札」の買取・価値・概要情報

太政官札
発行年度:慶応4年(1868年)
額面の種類:金10両、金5両、金1両、金1分、金1朱
太政官札は、幕府の費用を賄うため、慶応4年に発行された金札です。発行の提案は由利公正によるもので、当時では最新の技術を用いて印刷されましたが、偽札などが作られ始めた結果、太政官札は流通難となり、由利公正も明治2年に辞職しています。 太政官札は額面が5種あり、それぞれで買取相場も異なります。希少価値が低いものだと数千円の買取価格になることもありますが、価値が高いと1枚5万円前後の買取価格になることもあります。

「民部省札」の買取・価値・概要情報

民部省札
発行年度:明治2年(1869年)
額面の種類:金2分、金1分、金2朱、金1朱
民部省札とは、当時の政府の費用を賄うために発行された金札で、明治2年に誕生しました。発行は明治政府が行い、最初は太政官札と引替えに交付されていました。というのも、太政官札の額面が高すぎて日常の取引に支障をきたし始めたために発行されたという経緯があったためです。 民部省札の買取相場は、安いものだと数千円、高い種類でも1万円前後の買取価格が上限で、希少価値はそこまで高くありません。額面別の民部省札の買取相場は詳細ページでご紹介します。
ページ上部へスクロール