小判買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
小判買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

小判の買取なら
小判に関する買取価値や概要の一覧

当サイトで紹介する小判は「慶長小判」から始まり、「佐渡小判」を含めた11種類を紹介しています。特殊な小判を除き今までに発行された小判を一覧で紹介していますので、小判の買取を考えられてる人や小判について知りたい方は、当ページの小判一覧リストを参考にしてください。

まずは、小判とはどういう古銭かをご紹介

小判とは?

小判とは徳川家康が一般的な流通を目的として鋳造させた通貨であり、特殊な墨書き小判(駿河墨書小判と武蔵墨書小判)を除けば最初の小判は慶長6年に鋳造された「慶長小判」となります。小判の種類ですが、「墨書き小判」や「佐渡小判金」といった特殊な小判を除いた基本的に小判は全10種類となっています。

小判の特徴として形状的な部分を言うと「小判は大判を小さくしたもの」という認識で問題はありませんが、小判と大判では「違い」がかなりございます。まず、小判と大判の違いの重要ポイントとして、「小判は通貨としての一般的な流通を目的」としていることに対し、大判は通貨ではなく「恩賞・贈答が目的」とされています。

その為、大判には後藤家による「墨書き」(特定人物のサインと思ってください)が必要でしたが、小判には墨書きの代わりとして極印を採用したりするなどして、大判と比べて小判は量産しやすくなっています。

こういった事から、小判は大判と比べると全体的に鋳造量が多く、重量も軽いため買取相場は大判よりかは低くなっていますが、古銭買取の中でいえば小判の買取相場は非常に高額です。小判でも単体で買取相場が100万円を超える種類もございますし、安くても小判の買取相場は単体で数万円以上期待できますので、小判買取の際には当サイトも参考にしながら適正な価格で小判買取を行うように努めることをおすすめします。

そして、小判について詳しく話すと「デザインの特徴」「験極印」や「献上判」「偶然大吉」「小吉小判」等々、いろいろと説明する内容があり少々長くなりますので、小判について詳しく知りたい方は別ページで詳しくご説明していきますのでそちらをご覧ください。

小判の買取価格を正確に知る方法

小判の買取価格の調べ方

当ページでは、佐渡小判を含めた11種類の小判の買取相場を紹介していますが、小判は種類によって買取相場が100万円以上も変わることがございます。また、小判は古銭ですので古くて当たり前なのですが、小判の状態次第で同じ種類の小判であっても買取相場が数十万円単位で変わってくることもあります。

当サイトでも見分け方等についてはご説明するのですが、素人ではそれでも見分ける事が難しい場合も多々あり、当サイトで紹介している小判の買取相場に関してもあくまでも参考買取価格となります。ですので、手軽かつ正確に小判の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、小判の買取価格や価値を調べるにはこの方法が非常におすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をする事もおすすめです。販売経路の違いや査定方針の違いから古銭買取業者ごとに小判の買取相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な小判の買取価格が判明します。

小判を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する小判の種類一覧

このページで紹介する小判の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

※商品名タップでスクロールします

小判の買取相場や価値・概要

天正小判金とは日本で最も初めに発行された小判であり、天正小判金の主な特徴は形状が楕円形かつ表面が槌目(つちめ)であるという点です。そして、天正小判金の中でも形状や極印の違いにより更に3種類に分けらる事ができ、それぞれの種類で価値も買取価格も大きく異なります

「慶長小判金」の買取・価値・概要情報

慶長小判金
鋳造期間:1601年(慶長6年)~1695(文禄8年)年
品位(素材):金857/銀143
慶長小判金は日本で特殊な小判を除いて日本で最初に発行・流通した小判金です。慶長小判金の買取相場は小判の中でも高く、30万円前後からが買取相場の基準と言えます。しかし、慶長小判は細かくいくつかの種類が存在し献上判の慶長小判金だと買取相場が300万円以上期待できかなりの美品である慶長小判であれば買取相場は100万円以上も期待できます。ですので、慶長小判金の買取時には正確な買取相場で買取してもらうことが大切です。

「元禄小判金」の買取・価値・概要情報

元禄小判金
鋳造期間:1695年(元禄8年)~1710年(宝永7年)
品位(素材):金564/銀436
元禄小判金は、直前まで流通していた慶長小判金と比べて金の含有率が大幅に少なくなっていますが、希少度の高さから元禄小判金の買取相場は慶長小判金に引けをとりません。元禄小判金の買取相場は40~50万円からが基準に、極美品の元禄小判の買取相場であれば100万円以上も期待でき、尚且つ希少な種類の元禄小判であれば200万円以上の買取相場も期待できる小判です。

「宝永小判金」の買取・価値・概要情報

宝永小判金
鋳造期間:1710年(宝永7年)~1714年(正徳4年)
品位(素材):金834/銀166
元禄小判金を改鋳し次に鋳造されたのがこの宝永小判金ですが、画像ではわかりづらいですが金の含有率は慶長小判金にかなり近い品位まで戻りましたが、その代わりに量目(重量は)今までの2つの小判の半分近いサイズになっています。ですが、買取相場が半分というわけでもなく、宝永小判金の買取相場は20~30万円位を基準に、かなりの美品の宝永小判金であれば買取相場は60~80万円まで期待でき珍しい種類の宝永小判金の買取相場なら100万円以上期待できる種類もございます。

「正徳小判金」の買取・価値・概要情報

正徳小判金
鋳造期間:1714年(正徳4年)5月~同年8月
品位(素材):金857/銀143
正徳小判金は宝永小判金を改鋳した次に鋳造された小判で、金品位・量目(重量)は慶長小判金と同じまで改められました。ですが、とある事情により鋳造期間が4ヶ月と非常に短いので、希少性は非常に高くなっています。正徳小判金の買取相場は60万円前後が基準で、極美品の正徳小判金であれば買取相場は120万円以上も十分に期待でき、小判の中でも正徳小判金の買取相場は安定して高い方です。

「享保小判金」の買取・価値・概要情報

享保小判金
鋳造期間:1714年(正徳4年)8月~1736年(元文元年)
品位(素材):金861/銀139
享保小判金は僅か4ヶ月で改鋳されてしまった正徳小判金の次に鋳造された小判で、金品位・量目(重量)共に、通常より品位・量目(重量)が良かった慶長小判金に並ぶ小判として鋳造されました。ですが、慶長小判金と比べると享保小判金の買取相場は基本的に低く、享保小判金の買取相場は10~15万が基準とでき、極美品の享保小判金なら買取相場は20~30万円珍しい種類の享保小判金なら買取相場は50万円以上も期待できます。

佐渡小判金」の買取・価値・概要情報

佐渡小判金
鋳造期間:不明
品位(素材):金861/銀139
佐渡小判金は他の小判と比べても鋳造事情が珍しく、明確な鋳造期間も判明はしていませんが鋳造量は多くはないことからかなり希少性の高い小判となっています。その為、佐渡小判金の買取相場は80万円以上は十分に期待でき佐渡小判金の美品の買取相場となると200万円以上の買取価格も十分に期待できます。ですが、希少性が非常に高く、鋳造事情が少々特殊な小判でもありますので、佐渡小判金の買取価格は上記よりもはるかに高くなる可能性もございます。

「元文小判金」の買取・価値・概要情報

元文小判金
鋳造期間:1736年(元文元年)~1818年(文政元年)
品位(素材):金653/銀347
元文小判金とは享保小判金を改鋳した次に鋳造された小判金で、流れから「佐渡小判金は?」と思われるかもしれませんが、佐渡小判金は特殊な小判金ですので別と考えてください。この時代以降の小判金の買取相場は大分落ち着きます。
元文小判金の買取相場は5万円位からが基準となり、かなりの美品でも15万前後が買取相場と言えます。ただ、希少な種類の元文小判金であれば50万円以上期待できる種類の元文小判金もありますので、元文小判金買取の際には元文小判金の種類を見分ける事が必須だといえます。

「文政小判金」の買取・価値・概要情報

文政小判金
鋳造期間:1819年(文政2年)~1828年(文政11年)
品位(素材):金559/銀441
文政小判金とは元文小判金を改鋳した次に鋳造された小判金で、今回の改鋳により金の含有量は更に下降しています。ですが、現在の小判の買取相場はアンティークとしての希少性が重要とされていますので、文政小判金の買取相場は元文小判金の買取相場と比べて少しだけ劣る程度です。さて、文政小判金の買取相場は5万円前後を基準とし、かなり美品である文政小判金であれば15万円前後が買取相場です。かなり希少性の高い文政小判金であれば買取相場は50万円を超える買取価格も期待できる事から、元文小判金の買取相場と似ていることがわかるかと思います。

「天保小判金」の買取・価値・概要情報

天保小判金
鋳造期間:1837年(天保8年)~1858年(安政5年)
品位(素材):金568/銀432
前回流通していた文政小判金の鋳造が終了してから9年の期間を空けて天保小判金は鋳造が開始されていますが、これほど長い期間空いたのは小判は天保小判金だけとなっています。そして、天保小判金の買取相場は5万円前後を基準とし、かなり美品である天保小判金であれば15万円前後が買取相場です。かなり希少性の高い天保小判金であれば買取相場は50万円を超える買取価格も期待でき、ここまでの説明から文政小判金と買取相場がかなり似ていますが、天保小判金の方が文政小判金よりも多少価値が下に見られています。

「安政小判金」の買取・価値・概要情報

安政小判金
鋳造期間:1859年(安政6年)
品位(素材):金570/銀430
安政小判金はとある事情にて3か月という僅かな期間しか鋳造されなかった小判です(詳しくは詳細ページ参照)。ですが、僅かな期間しか発行されなかった特殊な事情をもつ小判でしたので、安政小判金のアンティークとしての価値(希少性)は非常に高く、後期に鋳造された小判の中でも頭一つ抜き出た買取相場です。安政小判金の買取相場は15万円前後を基準に、美品になっていけば50万円を超える買取相場も期待できます。また献上判という特殊な種類の安政小判金の買取相場は100万円を超える買取価格は十分に期待できます。

「万延小判金」の買取・価値・概要情報

万延小判金
鋳造期間:1860年(万延元年)~1867年(慶応3年)
品位(素材):金574/銀426
万延小判金は最後に鋳造された小判金で、量目が3.30gと従来の小判金と比べても非常に小さなサイズの小判となっています。比較的近年に発行された、かつ小さなサイズである万延小判金の買取相場は各種小判の中でも低くなっています。万延小判金の買取相場は2~3万円を基準とし、美品であっても5~6万円が買取相場となります。ですが、万延小判金の献上判となると買取相場は30万円を超える買取価格も期待できます。小判の中では比較的落ち着いた買取相場ですが、古銭買取の中で考えると万延小判金も十分にお宝古銭と呼べる逸品です。
ページ上部へスクロール