軍用手票買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
軍用手票買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

軍用手票買取なら
軍票に関する買取価値や概要の一覧

戦争中、軍隊が使用するために発行された特殊な紙幣である軍用手票(軍票)ですが、現在ではその希少性から高価買取が期待できる軍用手票(軍票)も多く存在します。このページではそんな軍用手票(軍票)の買取相場や概要を一覧で画像付きでご紹介します。軍用手票(軍票)の多くは一見通常の古紙幣の様に見える種類も多いので、軍用手票買取の際にも参考にしてください

まず、【軍用手票(軍票)について】ご紹介

軍用手票とは?

軍用手票(軍票)とは戦争中に占領地現地における物資の購入の為に一時的に使用する目的で発行された古銭の一種であり、通称「軍票」と呼ばれています。※(以下文中は「軍票」で統一)

日清戦争を例に挙げますと、軍票は「日清戦争が行われている期間」「清の占領地において物資を購入する目的で発行されたお金」という事です。要は「占領地で使用する」「一時的」な通貨という事です。

その為、軍票は当時の日本で発行されていた古紙幣に、現地の言語等が加刷して発行されているパターンがほとんどです。その為、軍票は一見すると古紙幣と同じようにしか見えるわけなのですが、画像を見ていただければ、普通の古紙幣か軍票かの違いは一目瞭然です。
そして、戦争中に占領地にいる敵国の民衆と取引するために軍票をわざわざ発行する理由ですが、軍票で物資を購入しない時代は軍隊は占領地において一方的な略奪や徴発を行う事になります。こういった行為は占領地の原住民からの反感を買い、世間的な評判も大変悪く、一方的に奪われる側はその後の生活が大変困難になります。

そういった問題を解消するために軍票は世界的に使用されるようになりました。軍票は終戦後に発行した国に換金してもらう事が可能です。(ちなみに、この軍票での取引は「ハーグ陸戦条約」によって世界的に定められている法律です)

軍票は世界中で発行されていますが、当ページでは日本に関する軍票の買取相場や概要についてまとめて一覧で紹介しています。

軍用手票(軍票)の買取価格を正確に知る方法

軍用手票の買取価格の調べ方

軍票の買取価格に関してですが、軍票は形状が紙幣な事から基本的に状態劣化がしやすい古銭です。

その為、状態による買取価格の差が大きく、特に古い軍票の買取価格は正確な買取価格の算出は買取業者の判断次第ですので難しいです。ある程度の目安は、当サイトでも全ての軍用手票の買取相場をご紹介していますが、手軽かつ正確に軍票の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、軍票の買取価格や価値を調べるのはこの方法がおすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をするとよいです。販売経路の違いから古銭買取業者ごとに軍用手票の買取価格相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な軍用手票の買取価格が判明します。

軍用手票を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する軍用手票の種類一覧

このページで紹介する軍用手票の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

地金型軍用手票一覧(発行年度順)

※商品名タップでスクロールします

軍用手票の買取価格や価値・概要

全部で8種類存在する地金型軍用手票の買取相場はほとんどが「金相場×重量」によって軍用手票の買取価格が決まると考えて問題ございません。ですが、地金型軍用手票の中にも金相場に左右されない高価買取が期待できる軍用手票もあるので注意が必要です。また、金の買取相場に関しては買取業者によって異なりますので、気になる買取業者に「金の買取相場を教えてください」と確認するとよいでしょう。

「承恵社札」の買取・価値・概要情報

承恵社札
発行年度:明治10年(1877年)
額面の種類:5円、1円、半円
承恵社札は西郷札よりも少し早くに発行された軍票で、西郷札とは別物です。承恵社札の額面は3種類ありますが、5円の承恵社札に関しては現存していないとされています。承恵社札の買取相場はどちらの額面でも2万円~10万円位の買取価格が期待できます。ですが、もし5円の承恵社札が発見されれば、買取価格は予想できないので古銭買取業者等、専門家相談するのがおすすめです。

「西郷札」の買取・価値・概要情報

西郷札
発行年度:明治10年(1877年)
額面の種類:10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭
西郷札は名前の通り西郷隆盛が西南戦争中に資金繰りをするために急遽発行した軍票です。強引に発行した軍票で、西郷隆盛の軍が負けたことにより当時の西郷札の価値は著しく下がりましたが、現在では希少性の高さから買取価格も十分に期待できます。西郷札の買取相場は額面・状態によって大きく変わりますが、5000円~18万円の間の買取価格が期待できます。詳しい西郷札の買取相場等は詳細ページで説明します。

「日清戦争軍票」の買取・価値・概要情報

日清戦争軍票
発行年度:明治27年(1894年)
額面の種類:10両、5両、1両、5銭、2銭5分
日清戦争軍票は日清戦争の際に発行された軍票ですが、日清戦争の短期終結等の理由から発行枚数が非常に少ない軍票です。その為、日清戦争軍票は希少性が非常に高く現在においても1両札数枚しか発見されていない事から、日清戦争軍票の買取相場は軍票の中でも群が抜けて高いとされています。日清戦争軍票の買取相場は取引の前例がない事から金額は分かりませんが、どの額面でも100万円以上の買取価格も期待できます。日清戦争軍票はまさにお宝古銭と呼べる軍票です。

「日露戦争軍票」の買取・価値・概要情報

日露戦争軍票
発行年度:明治37年(1904年)
額面の種類:銀1円、銀50銭、銀20銭、銀10銭
日露戦争軍票は日露戦争の際に発行された軍票ですが、日清戦争軍票とは異なり「十分な枚数」が発行されています。とはいえ、額面によってはかなりの高価買取が期待できる軍票です。一方で額面・状態によってはかなり買取相場が低くなってしまう軍票でもあります。さて、日露戦争軍票の買取相場ですが、500円~40万円位とかなり買取価格にかなり差があります。額面別の日露戦争軍票の買取相場は詳細ページでご紹介します。

「青島出兵軍票」の買取・価値・概要情報

青島出兵軍票
発行年度:大正3年(1914年)
額面の種類:銀10円、銀5円、銀1円、銀50銭、銀20銭、銀10銭
青島出兵軍票は額面が「銀〇円」となっているように、銀との交換が可能な「兌換銀券」と呼ばれる軍票です。青島出兵軍票の10円と5円の額面は希少性が非常に高く、取引事例が確認できない事から買取相場の算出ができないほどの高価買取が期待できます。残りの額面の青島出兵軍票の買取相場は、およそ15000円~30万円の買取価格が期待できるでしょう。額面別の日露戦争軍票の買取相場は詳細ページでご紹介します。

「シベリア出兵軍票」の買取・価値・概要情報

シベリア出兵軍票
発行年度:大正7年(1918年)
額面の種類:金10円、金5円、金1円、金50銭、金20銭、金10銭
シベリア出兵軍票は「金〇円」という額面から金との交換が可能な「兌換券」と呼ばれる軍票です。シベリア出兵軍票の取引実例は全ての額面で確認でき、買取価格の高さは額面の高さと比例しています。シベリア出兵軍票の買取相場は3000円~80万円まで額面と状態によっては買取価格が期待できます。額面別のシベリア出兵軍票の買取相場等は詳細ページでご紹介します。

「日華事変軍票」の買取・価値・概要情報

日華事変軍票
発行年度:昭和12年(1937年)
額面の種類:100円、10円、5円、1円、50銭、10銭、5銭、1戦、2厘5毛
日華事変軍票は今までに発行されていた軍票と異なり種類が膨大です。各種額面に加えて、5回の刷り直しが行われた事で「甲・乙・丙・丁・戊・ろ」の号券が存在し、全部で35種類もの日華事変軍票が存在します。種類が膨大な事もあり、日華事変軍票の買取相場は号券と額面・状態次第でかなりピンからキリまで分かれています。日華事変軍票の買取相場は買取不可なものから30万円を超える買取価格が期待できる種類まであります。基本的には参考画像のような「明治通宝」タイプの日華事変軍票は高価買取が期待できます。

「大東亜戦争軍票」の買取・価値・概要情報

大東亜戦争軍票
発行年度:昭和17年(1942年)
額面の種類:膨大な種類
大東亜戦争軍票は東南アジアを中心とした様々な地域で使用する軍票だったことから、円ではなく各地域ごとの通貨単位を使用し、異なるデザインで発行されました。その為、大東亜戦争軍票は50種類を超える種類が存在し、日華事変軍票とは異なり額面とデザインも各種紙幣でかなり異なります。大東亜戦争軍票の買取相場は大半の種類が100円で買取してもらえるかどうか、高くて5万円の買取価格が期待できるくらいです。とにかく種類が多く、説明も難しいので、大東亜戦争軍票の詳しい買取相場等の説明ページの作成はかなり先になるかと思います。
ページ上部へスクロール