二朱銀買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
二朱銀買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

二朱銀の買取なら
二朱銀に関する買取価値や概要の一覧

当ページで紹介する二朱銀は「古南鐐二朱銀」「新南鐐二朱銀」「安政二朱銀」の全3種類の買取相場や概要を一覧で紹介しています。これから二朱銀の買取を考えられてる人や二朱銀について価値などを知りたい方も是非参考にしてください。

二朱銀とはどういう古銭かをご紹介

二朱銀とは?

二朱銀とは江戸時代後期に流通した銀貨の一種で計数貨幣として発行された銀貨です。それまで、江戸時代で流通していた銀貨とは「丁銀」「豆板銀」といった重量で価値を決める秤量貨幣でしたが、現在のお金のように額面で価値が決まる計数貨幣として発行された銀貨は二朱銀が初めてでした。

二朱銀の額面は文字通り「二朱」に該当し、通貨としての価値は「小判の1/8(1/8両)」、「一分金の1/2(1/2分)」に該当します。つまり、8枚の二朱銀で一枚の小判と同等の価値があるという事なので、初期に鋳造された「古南鐐二朱銀」「新南鐐二朱銀」の表面には「以南鐐八片換小判一兩」というに文字刻印があり、これは「二朱銀8枚一枚の小判と交換可能」という事を意味します。

そして、「金貨と同等に通用する銀貨の誕生」は当時大きな話題となった事からか、初期に発行された「古南鐐二朱銀」「新南鐐二朱銀」、そして「文政南鐐一朱銀」は名前にあるように「南鐐」と呼ばれる上質な銀を素材として鋳造されています。

また、二朱銀は江戸時代に鋳造されていた古金銀類の一種でもあります。

二朱銀の特徴や見分け方

二朱銀の特徴解説画像

二朱銀の基本デザインは裏面に関しては共通していますが、表面は「安政二朱銀」のみ「二朱銀」と見分けやすい文字刻印となっています。2種の「南鐐二朱銀」に関しては「文政南鐐一朱銀」と少し似ており、特徴的ですのでここでは「南鐐二朱銀」のデザイン的特徴についてご紹介します。

まず、表面には前述にもあるように縦書きで「以南鐐八片換小判一兩」という文字の刻印が確認できます。そして、裏面は一朱銀と同じデザインで、下半分に「銀座」「常是」という文字が確認でき、上部には銀座役所と常是役所のトレードマークである「分銅印」と「定」の刻印が確認できます。

二朱銀の見分け方は表面の文字で「安政二朱銀」かどうかがすぐに分かります。「古南鐐二朱銀」「新南鐐二朱銀」の見分け方は後述の一覧リストを参考に量目(重量)を確認すれば判別可能です。ただし、「古南鐐二朱銀」が顕著ですが、文字の書体によって「明和型」や「寛政型」のように種類が細分化されていき、買取相場や価値が大きく異なることもありますが、素人ではそこまで見分ける事はかなり厳しいかもしれませんので、確実に見分けるためには次の方法を試してください。

二朱銀の買取価格を正確に知る方法

二朱銀の買取価格の調べ方

当ページでは、二朱銀の買取相場を一覧で紹介していますが、二朱銀は同じ種類でも文字の刻印の違いや状態次第で買取相場が数万円単位で変わることもありその点についてまで細かく紹介することはかなり厳しいです。

また、二朱銀のおおよその買取相場や価値に関しては紹介していますが、二朱銀の買取相場に関してはあくまでも参考買取価格となりますので、手軽かつ正確に二朱銀の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、二朱銀の買取価格や価値を調べるにはこの方法が非常におすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をする事もおすすめです。販売経路の違いや査定方針の違いから古銭買取業者ごとに二朱銀の買取相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な二朱銀の買取価格が判明します。

二朱銀を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する二朱銀の種類一覧

このページで紹介する二朱銀の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

※商品名タップでスクロールします

二朱銀の買取相場や価値・概要

「古南鐐二朱銀」の買取・価値・概要情報

古南鐐二朱銀
鋳造期間:1772年-1824年(明和9年-文政7年)
品位:銀978/他22
量目:10.19g
古南鐐二朱銀は最初に発行された二朱銀で、江戸時代で初めて計数貨幣として発行された銀貨でもあります。古南鐐二朱銀は書体の違いにより「明和型」「中間型」「寛政型」に分けられますが型による価値の違いはそこまでなく、大型(縁が丸型できちんと囲まれている)か小型かで大きく価値が変わりますさて、古南鐐二朱銀の買取相場ですが、小型で2000円~5000円前後の買取価格が基準ですが、大型であれば10000円~10万を超える買取価格も期待でき、もしも「逆打」の古南鐐二朱銀であれば50万円以上の買取価格も十分に期待できます!

「新南鐐二朱銀」の買取・価値・概要情報

新南鐐二朱銀
鋳造期間:1824年-1830年(文政7年-天保元年)
品位:銀978/他22
量目:7.53g
「新南鐐二朱銀」は「古南鐐二朱銀」から量目(重量)を減らして改鋳された二朱銀です。その為「新南鐐二朱銀」のデザイン的は「古南鐐二朱銀」と同じですが、重量の違いで見分ける事が可能となっています(一応書体も異なりますがこちらは見分けるのが難しい)。さて、新南鐐二朱銀の買取相場は1000円~3000円前後の買取価格に落ち着く事が多いでしょう。ですが、希少な種類の新南鐐二朱銀は現存数が少ないことから、例えば「逆打」の新南鐐二朱銀であれば買取価格は30万円以上も十分に期待できます!

「安政二朱銀(貿易二朱)」の買取・価値・概要情報

安政二朱銀(貿易二朱)
鋳造期間:1868年-1869年(安政6年)
品位:銀845/他155
量目:13.62g
期間が空いて鋳造された安政二朱銀は横浜港の開港に伴って「貿易取引専用」として鋳造されました。貿易専用に鋳造された事から「貿易二朱」とも呼ばれ、一分銀と比べて倍の量目ながら通貨として1/2の価値しかなかった事から「バカ二朱」とも揶揄されていました。特殊な事情で鋳造されたことから、鋳造期間が極端に短く、鋳造枚数は706,400枚だけ非常に少ないです。ですので、安政二朱銀の買取相場は概ね10000円~100000円前後の買取価格が期待でき、「逆打」や「特殊書体」といった希少性の高い安政二朱銀の買取価格はかなりの買取価格が期待できるでしょう。
ページ上部へスクロール