二朱金買取情報・価値・概要を一覧でご紹介
二朱金買取情報・価値・概要を一覧でご紹介

二朱金の買取なら
二朱金に関する買取価値や概要の一覧

二朱金は全部で3種類鋳造されていますが、当ページでは全ての二朱金の特徴や歴史的背景、買取相場を一覧でご紹介します。。二朱金について知りたい方、買取を考えられてる方は是非参考にしてください。

二朱金とはどういう古銭かをご紹介

二朱金とは?

二朱金とは江戸時代に流通した金貨の一種で、別名として「二朱判」とも呼ばれることがあります。

二朱金の額面は「2朱」であり、通貨の価値としては一朱金の2倍、1分金の1/2の額面(1/2分)、小判の1/8の額面(1/8両)として価値がありました。この二朱金も含有率は高いわけではありませんが金が含まれている事から「金貨」に属します。

実は、二朱金は一朱金よりもかなり早い時代に鋳造されています。初めての二朱金である「元禄二朱判金」が鋳造された当初は「一分」より低い額面を持つ計数貨幣が「一文」と価値がかけ離れており、通貨としての使い勝手は大変悪いものでしたので、「二朱」という新しい単位の誕生は歓迎されたと言われています。(※上記を現在風に例えると、「1000円の次は10円しかないという状態の中、500円と言う新しい額面が誕生した」という様な内容です。(あくまでも例です))

また、二朱金は「古金銀類」という総称の中の1種類でもあります。

二朱金の特徴

二朱金の特徴解説画像

二朱金の特徴は額面と同様1朱金と1分金の中間位のデザインとなっています。基本的なデザインのベースは他の金貨類と変わらないので、上画像を参考に二朱金の特徴について詳しく紹介します。

まず、表面には上部には「扇枠」と「五三桐紋」、下部に「朱二」という額面を示す文字が刻印されています(「朱二」という文字は元禄二朱判金のみ横書きで他の二朱金では縦書きです)。そして、裏面には「光次」の文字と「花押」と呼ばれるサインが刻まれています。二朱金自体は「二朱」という文字で簡単に見分ける事ができ、二朱金の種類も特徴があるので見分ける事は可能です。(一覧で紹介します)

「逆打二朱金」など安定しない二朱金のデザイン

二朱金逆打ちとは?

上記でデザインの特徴を紹介しましたが、当時の通貨の鋳造は現在と異なりデザインが全く安定していないことは知っておきましょう。その為、同じ種類でもデザインによっても二朱金の買取相場が上下するので正確に見極めるのは専門家に任せる方が良いです。

代表的なエラーデザインは【逆打】と呼ばれる種類の二朱金です。この逆打ちとは、右図にあるような感じで表と裏で上下がさかさまになっている二朱金の事を指し、逆打の二朱金は希少性が高く買取価格は通常の二朱金と比べて2~3倍まで上がります。

二朱金の買取価格を正確に知る方法

二朱金の買取価格の調べ方

当ページでも元禄二朱判金の買取相場をご紹介していますが、コレクターアイテムという性質からデザインや刻印の微妙な違いにより価値・買取価格が異なる為、素人では詳しい価値や買取価格を見分ける事は難しいかと思います。ですので、ですので、手軽かつ正確に二朱金の買取価格を調べる方法をご紹介します。

それは、複数の古銭買取業者にメールで査定依頼をするというものです。

現在のスマホカメラの画総数であれば画像でも精度の高い査定も可能ですので、二朱金の買取価格や価値を調べるにはこの方法が非常におすすめです。そして、より正確に知る為には複数の古銭買取業者に査定依頼をする事もおすすめです。販売経路の違いや査定方針の違いから古銭買取業者ごとに二朱金の買取相場が結構ぶれますので、複数の古銭買取業者に依頼をする事でより正確な二朱金の買取価格が判明します。

二朱金を査定依頼するおすすめの古銭買取業者に関してはこちらのページを参考にしてください。

紹介する二朱金の種類一覧

このページで紹介する二朱金の種類一覧は次の通りです。
※リストをクリック(タップ)する事でスクロールします

※商品名タップでスクロールします

二朱金の買取相場や価値・概要

「元禄二朱判金」の買取・価値・概要情報

元禄二朱判金
鋳造期間:1697年-1710年(元禄10年-宝永7年)
品位:金564/銀436
量目:2.21g
元禄二朱判金は日本で最初に鋳造された二朱金であり、一朱金よりも早く鋳造されました。当時は「一分」と「一文」の間の価値を持つ係数貨幣が無かった事から、間の価値を持つ「元禄二朱判金」の誕生は歓迎されたされています。そんな元禄二朱判金の買取相場は5万円~15万円前後まで期待でき、逆打の元禄二朱判金であれば買取相場は25万円~100万円を超える買取価格も期待できます。元禄二朱判金は二朱金の中でも唯一「朱二」の文字が横書きとなっています。

「天保二朱判金」の買取・価値・概要情報

天保二朱判金
鋳造期間:1832年-1858年(天保3年-安政5年)
品位:金298/銀702
量目:1.62g
天保二朱判金は100年以上の空白の期間を経て、再び鋳造された二朱金で、金品位の下がり方が非常に大きいことから、天保二朱判金は幕府の出目獲得目的で鋳造されたといわれています。天保二朱判金の発行量は非常に多かったことから天保二朱判金の買取相場は古金銀類の中でもかなり低く、200円~800円前後の買取価格が相場であり、逆打の天保二朱判金だとしても買取相場は5000円~10000円前後の買取価格が基準となるでしょう。天保二朱判金のデザインは後述の万延二朱判金と似ていることから、重量で見分ける事が可能です。

「万延二朱判金」の買取・価値・概要情報

万延二朱判金
鋳造期間:1860年-1869年(万延元年-明治2年)
品位:金229/銀771
量目:0.75g
万延二朱判金は万延時代から明治時代に跨って鋳造されていた二朱金です。この事から、明治時代以降に鋳造された万延二朱金は別名で「明治二朱金」と呼ばれることもありますが、万延二朱判金と明治二朱判金は同じ二朱金と考えて大丈夫です。万延二朱判金の買取相場は400円~1000円前後が買取価格の基準となり、逆打の万延二朱判金で買取相場は6000円~12000円前後の買取価格が期待できます。万延二朱判金のデザインは前述の天保二朱判金と似ていることから、重量で見分ける事が可能です。
ページ上部へスクロール